70代UberEats配達員一生働くについて思ったこと

70代 UberEats

Uber Eatsは、出前をしていない店の料理を配達してもらえるサービスとして人気を広げていき、新型コロナウイルスによる自粛生活でいっきに利用者が増加と同時に、すき間時間の仕事として広がり始めていたウーバー配達員が、増えてきて、街で見かけることがよくあります。

ある日の炎天下の中、70代UberEats配達員が働いているとニュースで話題になっています。



70代UberEats配達員一生働くについて

実際、70代UberEats配達員に取材をすると、「シルバーに登録してたんだけど全然仕事ないからウーバーにしたの。コロナでウーバー稼げるって聞いたから」と言っていて、シルバー人材の仕事が激減していて、仕事ができる人は限られています。

70代UberEats配達員は、資産があまりなく、年金を受け取れる年齢なのですが、今現在受け取っている金額が、夫婦で10万円ぐらいで、家は持ち家だけど生活するためには、厳しい金額です。

若い人はみんなウーバーになってしまうのではないかと70代UberEats配達員は話をしていました。

別の取材では子連れのママさんがUberEats配達員を見かけたそうです。

様々な事情があって、UberEats配達員で収入を得ているのでしょう。

70代UberEats配達員一生働くについて感じたこと

しっかり資産形成をしていかなければ、ずっと働き続けなければならなくなってしまいます。

生活するために生涯働き続けないといけないと考えると気が遠くなりそうです。

UberEatsの取材のため若い人はUberEatsとなっていますが、UberEatsを含めて、クラウドワークス、ランサーズなどの単発の仕事を行うギグワーカーが増えてくるだろうと予想されていました。

実際、現実になりつつあります。

厚生労働省がハローワークなどを通じて行った調査によれば、8月31日の時点で見込みも含めて5万人超が解雇や雇い止めになっていて今後も増え続けるだろうと予想されます。

70代UberEats配達員の発言されていますが、発言について正しいと思います。

UberEatsは、8月に入ってから一部配達員のマナー違反があったり、事故に巻き込まれたりしているケースが増えているので、気をつけながら配達をしていく必要です。

70代UberEats配達員にとって、事故と隣り合わせなのでとてもリスクがある仕事と感じました。



老後のための対策

資産が少ないと生活が苦しくなるので、資産形成をしていく必要があります。

節約をして、できる限りのコストを削減して、副業を始めてみるまたは今までのスキルを生かし、今現在の年収より多い会社に就職する選択肢があります。

支出を抑えて、収入を上げたら、貯金を増やしていき、リスク許容できる金額を投資に回して資産を形成していきましょう。

投資が無理と感じている場合は、金利の高い銀行に預けて資産を増やしていきましょう。

気付いたらすぐ行動することが大切です。

後でしようとほったらかしにすると、1年、2年と過ぎてしまいます。

時間は待ってくれませんので、貯金しなければと宣言したらすぐに実行するようにしましょう。

最近、流行しているのは、セミリタイア「FIRE」です。

セミリタイア「FIRE」は、ある程度の貯金をし、貯金から資産運用に回し、資産運用の配当金で生活するセミリタイア方法です。

定年より早めにリタイアして、労働より時間を充実していこうという考え方です。

労働の方が好きであれば、UberEatsを含めて、クラウドワークス、ランサーズなどのギグワーカー、自分の好きな仕事に打ち込むというのも一つの選択肢です。

記事の内容では、生活費のための「ライスワーク」という働き方で、生活費を稼ぐために仕事しなければならないという使命のような感じで働いています。

自分の好きな仕事をするというのは、「ライフワーク」という働き方で、お金のことは気にせず、今日はこの仕事しようかなと生活費を稼ぐためではなく、趣味に近いような感覚で働くことです。

それぞれの性格ににあった生き方をするとより豊かな生活に近づくことができるかもしれません。

働く、生きていくことに必要な健康な体であることがとても大切です。

不健康であれば、働くこともできない、楽しく暮らしていくことも難しくなってしまいます。

健康維持ということも老後に向けての対策が必要になります。

70代UberEats配達員の状況の場合、どうすればよいかは、「生活保護」申請を受けた方が良いです。

資産があまりなく、収入が生活保護の対象だと思われるので、一度「生活保護」申請受けることをオススメします。

お金がない時どうすれば良いか、役所の人は教えてくれません。

自分で調べて、制度を知って、自分で申請する流れになるので、情報を知らないと何もできないで、損する生き方になってしまいます。

必ず、情報を調べたりして、申請の対象であれば、しっかり申請していくのが良いです。

オススメ転職エージェント

今までのスキルを生かし、今現在の年収より多い会社に就職したい方へ

数多くある転職エージェントの中で、満足度が高いと言われている
転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

年収600万円~のハイクラス案件が多く、独占求人が多いです。

スキルを身につけてさらに年収を上げていきたい人にオススメです。

キャリア相談可能となっています。

JAC Recruitment

doda転職エージェント

掲載されている求人数が多いことです。

保有する求人の数は、公開・非公開を合わせて9万件以上。

これは、業界トップのリクルートエージェントに次いで2番目に多い数です。

20代・30代が中心ではありますが、求人の幅が広く40代・50代も利用可能です。

応募書類の準備から面接対策しっかりフォローしてくれます。

doda転職エージェント

JAIC

親切・丁寧なサポートで就職支援実績20,000名超えています。

フリーター・未経験・既卒・大学中退から正社員に就職ができる可能性があり、
経歴に合わせた求人を紹介してもらうことが可能です。

高い内定率(81.1%以上)、入社後定着率91.3%

第二新卒向けとなります。

JAIC

マイナビジョブ20’s

第二新卒、20代社員専門転職エージェント

関東・東海・関西に強いです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

マイナビジョブ20’s

マイナビエージェント

非公開・独占の優良求人が多いです。

首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強みです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

マイナビエージェント

参考元

「一生働くとは思ってなかった」と70代のUber配達員は言った

関連記事

30代・40代「貯金ゼロ」23% 驚きの調査結果

年金制度崩壊のお知らせ!