アフターコロナの働き方テレワークでのコツ5つ

テレワーク アフターコロナ

新型コロナウイルスの流行に伴う外出自粛要請などにより、我々の働き方やライフスタイルは変化を強いられました。

多くの企業がテレワークを導入しましたが、今後、コロナウイルスが終息してアフターコロナになっても、テレワークから完全なオフィスワークに戻ることは、恐らくないと考えられます。

例をあげますと、1週間のうち3日在宅、2日会社で働くといった新型コロナウイルスの流行をきっかけに新しい勤務体系として組み込まれる可能性が高いです。

今回は、テレワークの働き方として効率良く進めていくコツを5つ紹介していきます。



アフターコロナの働き方テレワークでのコツ

アフターコロナの働き方テレワークでのコツは、

  • 集中できる環境づくり
  • 健康維持
  • 時間のメリハリをつける
  • 有効時間の活用
  • 適度な休憩を入れる

上記5つです。

集中できる環境づくり

テレワークは、家で仕事を行うので、周りにベッド・冷蔵庫・テレビ・本など誘惑な物が沢山存在します。

その中で仕事のパフォーマンスを上げていくために集中できる環境にできるかがポイントになります。

家での作業になるので、仕事とプライベートの区別することが難しくなりますので、なるべく、ベッド・冷蔵庫・テレビ・本など見えないようにする工夫をして集中して取り組んでいきましょう。

健康維持

テレワークで作業する時に悩むところは、体調が悪くなることです。

テレワークは主にパソコン作業が多いので、肩・腰・お尻の負担がかかるので、骨盤サポートクッションやチェア、キーボード、デスク、パソコンスタンドの導入など健康維持するためのアイテムに投資していきましょう。

オフィス勤務では、会議室への移動やコーヒーを買いに行ったりと、ちょっとした体の動きも合間合間にありましたが、在宅勤務になるとずっと座りっぱなしということが多くなります。

定期的にストレッチしたり、少し立って歩いてみたりして、少しリフレッシュを行ってみてください。

時間のメリハリをつける

テレワークは、自分で律して仕事を進めていきますので、ON/OFFの切り替えができないと仕事とプライベートの区別することができず、思ったより仕事を進めることができなかったというケースが出てきてしまいます。

そうならないように、何時までにこの作業を終わらせるなど、ゴールを明確にしてスケジュールを行い、時間管理をして作業していきましょう。

ToDoリストを活用するのもスケジュール管理に効果的です。



有効時間の活用

テレワークになると、今まで会社まで通勤しなければならない時間が無くなりますので、前と比べると時間に余裕が生まれています。

余裕ができた時間を読書や仕事に関する勉強、情報収集など様々な過ごし方がありますので、
いかに有効時間を活用できるかスケジュールを組むのもテレワーク生活の充実さが生まれるかもしれません。

適度な休憩を入れる

オフィスワークと同様、作業時間の合間に適度に休憩を入れることが大切です。

ストレッチしたり、少し立って歩いてみたり、コーヒーを飲むなど少しリフレッシュを行っていくのも良いでしょう。

どのぐらいの時間を作業して休憩を入れるかは個人差がありますので、自分に適しているタイミングで行っていきましょう。

お昼寝をすることもテレワークする上で有効な休憩方法です。

仕事中に突然、眠くなってくることがよくあります。

そんな時は、無理をせずお昼寝をして業務効率を上げていきましょう。

特になる時間帯は、14時~15時までです。

このタイミングにお昼寝すると良いとされています。

テレワークオススメアイテム紹介

快適な座り心地で仕事も捗る!人気のエアーシリーズクッション


雲の上に乗っているような心地よい寝心地が人気のエアーシリーズです。

点で支える高機能ウレタンによって体圧を分散できます。

おうちのデスクワークをサポートしているのでずっと座り続けているテレワークに適しています。

「konemuriおひるねピローうさぎ」

お昼寝の効果と重要性に着目して生まれた「konemuriおひるねピロー」シリーズ。

肌触りやデザイン性にこだわり、かわいい動物たちをモチーフにお昼寝まくらを作られています。

肌触りはふんわりでいて、お顔にもフィットします。

お昼寝するアイテムとして快適な睡眠をサポートしてくれます。

「konemuriおひるねピローいぬ」

「konemuriおひるねピローうさぎ」と同様、お昼寝の効果と重要性に着目して生まれた「konemuriおひるねピロー」シリーズ。

肌触りやデザイン性にこだわり、かわいい動物たちをモチーフにお昼寝まくらを作られています。

ふたつに折り畳んで頭をのせてお昼寝ができるアイテムです。

お昼寝だけではなく、椅子の背もたれに引っかけられるポケットがついていて、クッションとして背もたれにも活用できます。

まとめ

テレワークの働き方として効率良く進めていくコツを5つ紹介しました。

アフターコロナの働き方テレワークでのコツは、

  • 集中できる環境づくり
  • 健康維持
  • 時間のメリハリをつける
  • 有効時間の活用
  • 適度な休憩を入れる

上記5つです。

効率良く働ける環境や時間管理を行い、テレワークで最大のパフォーマンスを上げていきましょう。

関連記事

タイムマネジメント方法

ポモドーロテクニックとは?その効果は?

テレワークによる昼夜逆転を直すためのコツ