賃貸契約の更新時に家賃交渉して値下げしてみよう

賃貸 更新 家賃交渉

賃貸で部屋を借りている人は、家賃交渉していますでしょうか?

していない場合は損している可能性があります。

一番良いタイミングは賃貸を更新する時です。

家賃交渉を失敗しても何も損失が起きません。

家賃の費用が変わらないだけなので何も問題がありません。



賃貸契約の更新時に家賃交渉して値下げしてみよう

家賃交渉は、一番良いタイミングは賃貸を更新する時ですが、他の時期でも問題はありません。

繁忙期である1月~3月は、家賃交渉が難しいと言われています。

閑散期である7月~8月は、家賃交渉が成立する可能性があります。

建物は基本的に年数が経つとともに価値が下がってしまいます。

住んでいる賃貸の相場を検索すると変動があったりするので確認すると良いです。

今現在住んでいる賃貸の家賃が賃貸相場より高い場合は、一度交渉してみましょう。

反対に今現在住んでいる賃貸の家賃が賃貸相場より安い場合は、家賃交渉しても断られることがあります。

家賃が下がらなくても設備を変える

家賃交渉して下げてもらえるかどうかは、大家さんの考え次第ということになりますので、何度家賃交渉しても下げてもらえないケースがあったりします。

そういう時は、設備交換無料にしてもらうように交渉してみましょう。

例えば、エアコンが古くなってきて新品に交換する、エアコンの故障をきっかけに新品に交換などです。

こちらも大家さんの考え次第なので、ダメ元でも聞いてみましょう。

家賃交渉はリスクなし

家賃交渉に関して何もリスクはありません。

失敗したとしても家賃に加算される、罰金になることは全くありませんので、家賃値下げになればいいなという気持ちで交渉していきましょう。

家賃交渉する前に今までの家賃の支払い、大きなトラブルがないことが前提となります。

もし、家賃の滞納、過去にトラブルがあったとかになると家賃交渉できないことがありますのでご注意ください。

また、今後も住み続けたいことを伝えると良いですね。

家賃交渉に成功して、1000円でも安くなったらとてもラッキーです。

節約することのメリットが多い

固定費 削減 家賃

家賃を見直して固定費を大幅に削減

格安sim 節約

格安simに切り替えることが節約にピッタリ