新型コロナウイルス感染の影響による詐欺急増!

世界で新型コロナウイルスの感染者が増え続けている中、
新型コロナウイルスによる詐欺が相次いでいます。

気をつけないと騙されてお金を失ってしまう可能性が出てきて
しまいます。

新型コロナウイルスによる詐欺はどういうのがあるのか紹介して
いきます。



給付金支給

他には、市役所の職員が給付金のための書類を持って伺いますと電話があったり、
給付金の手続きをかたった不審なメールが届き、メールの指示に従ってURLを誤ってクリックした
場合はマルウェア(悪意のあるソフトウエア)に感染して、銀行の口座番号やキャッシュカード
の暗証番号など、スマホの中の情報が全部抜かれてしまう被害があります。

文京区新型コロナウイルス対策室を名乗り、電話で「文京区では、皆様に助成金をお配りしております。
区民1人当たり10万円です。つきましては、キャッシュカードの番号、または銀行口座に振込みますので
口座番号を教えてください」と問い合わせがある。

給付金代行

政府で一律10万円給付されることで申請することで支給される流れになっています。

一律給付金10万円について申請の代行をすると厚生労働省や東京都コロナ対策本部の担当者を名乗る
電話がかかってきたという情報。

現金給付の代行サービスをしている者を名乗る女から「現金10万円が振り込まれる」と
自動音声ガイダンスが流れてきた。

代行業者を名乗り、「区役所の10万円給付申請手続きを代行しているので、
銀行の口座番号やキャッシュカードの暗証番号を教えてほしい」というメールが届いたなど
全国に給付金代行と名乗り電話・メールが増えてきています。

現金が必要

70代の女性の自宅に兄をかたる電話があり、「新型コロナウイルス関係で会社の書類を
なくした。お金が必要なので別の人に取りに行かせる」という内容です。

女性は話を信じてしまい、自宅を訪れた男に対し、複数回にわたり、およそ1000万円を
手渡ししてしまったという被害が出ています。

他のケースでは、80代女性に息子を名乗る男から「会社の上司に借りたお金を返して」と
電話があった後、上司を名乗る男からも「新型コロナウイルスの騒ぎでお金に困っている。
すぐに返してほしい」と電話。女性は指定場所で若い男に現金100万円を渡したという
被害が出ています。



補助金

80代男性のケースで「80歳以上の方には60万円の補助金が出るのでキャッシュカードと
印鑑証明を用意してください」という電話があったということです。

新型コロナウイルス感染の影響により昨年より大幅に収入が減少した個人事業主・中小企業に
補助金支援がありますが、年齢による補助金は存在しません。

融資

40代の男性には「コロナで困っていたら、500万円から3000万円を融資する」という電話があった
そうです。

共通して言えるのは電話・メールであるということ

詐欺と判断できるのは、電話・メールであることです。

場合によっては訪問詐欺というのもあります。

給付金・補助金・融資に関しては、厚生労働省・東京都コロナ対策本部
市区町村から給付金・補助金・融資の電話・メール来るのは無いです。

基本的に給付金・補助金・融資などのお金を貰う・借りるに関しては、
自分で必要な給付金・補助金・融資などにオンライン申請・郵送を行わなければ
お金を貰う・借りることができない仕組みになっています。

日本、は自己申告制なのです。

そのまま、待つだけでは給付金・補助金・融資は貰う・借りることができません。

新型コロナウイルスの影響により現金が必要に関しては、
電話している人が話が上手な事が多いので人によっては
だまされてしまいがちですが、お金が必要なので別の人に取りに行かせるの
は怪しいと思った方がいいです。

お金が必要で直接受け取りたいのであれば、別の人ではなく本人が直接行くが、
普通なのではないかと考えられます。

電話が来た時点で、名前を確認すると効果的です。

しつこい電話の場合、気を遣わず自分から電話を切りましょう。

新型コロナウイルス感染の影響による給付金・補助金・融資の件のメールに
関しては、URLをクリックせず無視していきましょう。

新型コロナウイルス感染がいつ収束するのか分からず怖いこの時期により恐ろしい詐欺被害。

少しでも不審、怪しいなと思ったら、家族や警察等に相談してみましょう。

今できることは、政府が具体的な方法が決まるまでじっと待つのが一番
良いです。