コロナワクチン1回目接種後の副反応は?

コロナワクチン 1回目 副反応




コロナワクチン接種の流れ

コロナワクチン接種は、会場で集団接種をするのか、個別でかかりつけ病院に行って接種するのか2パターンありますが、病院の方は、予約がいっぱいでいつコロナワクチン接種できるか分からない状況だったので、会場で集団接種をすることにしました。

コロナワクチンは、10時半頃に接種しました。

種類は、ファイザーでした。

会場に到着したらコロナワクチン接種の予診票を記入して、医師の人に確認をして、問題無ければ、接種をする流れでした。

予約だからすぐ接種できると思っていましたが、思っていたより人が多く、ある程度待ち時間がありました。

コロナワクチン接種後、アナフィラキシーショック、血管迷走神経反射という症状が出る可能性があるため、15分ぐらいは、接種会場で待機して問題無ければ、コロナワクチン接種完了となります。



コロナワクチン1回目接種後の副反応は?

コロナワクチン1回目接種後の副反応は、接種当日は、接種した所に痛みがありました。

接種した所に痛みがあるので着替えるのが大変でしたが、他は問題なく過ごすことができました。

接種後の翌日は、接種した所に痛みがあり、倦怠感が強く、頭痛がありました。

しばらく動けなくて17時まで横になっていました。

17時頃に起きて熱を測ると38℃超えていました。

熱、頭痛、接種した所に痛みがあったので、解熱鎮痛剤を飲んで、コロナワクチン接種2日後に普通の状態に戻りました。

コロナワクチンの副反応は人それぞれです。

一般的に、接種後、数日以内に現れる症状は、接種部位の痛み、疲労、頭痛50%以上、筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ10~50%、吐き気、嘔吐1~10%となっています。

私の場合は、熱が1回目の接種で38℃超える割合が少ないため、2回目あまりの高熱にならないように祈るばかりです。

コロナワクチンの副反応は、1回目より2回目の方が副反応症状が起こりやすいので、副反応に対応していく必要があります。

ワクチン接種後に体に異常があるときは、ワクチンを受けた医療機関やかかりつけ医、市町村や都道府県窓口に相談してみてください。

これからワクチン接種が決まっている人、ワクチン接種を検討している人の参考になれば幸いです。

コロナワクチン 2回目 副反応