雇用保険料引き上げになる可能性がある

雇用保険料




雇用保険料引き上げになる可能性がある

厚生労働省が雇用保険料引き上げの検討に入ることが7月28日、分かりました。

理由は、コロナ禍で雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源が不足しているためです。

具体的な保険料率は今後、厚労相の諮問機関である労働政策審議会で議論し、早ければ来年の通常国会に雇用保険法改正案を提出する流れになっています。

雇用調整助成金は、休業手当の一部を補填する制度です。

雇用保険は仕事を失っても生活に困らないようにするための事業と、雇用安定や能力開発の事業に大きく分けられています。

保険料は、労使協定が支払っており、一部事業には国費も投入されています。

審議会では、労使の保険料率引き上げのほか、国費投入の在り方についても議論するとのことです。



雇用保険料引き上げになり手取りが減る可能性がある

雇用保険料引き上げがどのぐらいに引き上げるかによりますが、場合によっては、給料が上がったとしても、手取り額が減ってしまうことがあったりします。

今の生活水準を維持するためには、転職・副業で収入を増やすか、支出を減らしていく必要があります。

給料の高い会社に転職して収入を増やす

オススメ転職エージェントである、

で相談をしてみて、企業が求められていること、資格、最近の求人状況、業界で需要の多いスキルなどを知ることで、今後どのように勉強していく、生活をしていけばよいか、明確になります。

できることは、

  • 資格を取得する
  • 本を読む
  • インターネットで情報収集する
  • セミナーを受ける
  • 市場価値の高い経験をする

などが挙げられます。

自分が目指している給料に向けて、取り組んでいきましょう。

副業で収入を増やす

給料の高い会社に行くのは全然無理である、今の会社で良いと思っているけど、給料もう少し上げてみたいと考えている人は、副業に取り組んでみることをオススメします。

自分が気になっていることから取り組むことが良いでしょう。

具体的に副業はどういうのがあるかといいますと

  • YouTube投稿
  • 動画配信
  • 動画編集
  • UberEats
  • ブログ
  • プログラミング
  • ライター
  • ハンドメイド
  • イラスト

などです。

他にも沢山ありますので、興味があるものからチャレンジしていきましょう。

問題としては、会社と副業の両立はとても難しいこと、副業の種類によっては努力したとしても必ず収入が増えるとは限らないということです。

会社で仕事しながら副業することは、とてもハードで大変なので、スキマ時間を有効に活用できるかがポイントになります。

副業の種類によっては成果が得られないことがあったりします。

収入を増やしていくまでに時間がかかりますので、収入を得られるまでの忍耐力が必要になります。

気になる副業から始めてみて継続できるのか自分で確認して取り組んでいきましょう。



支出を減らす

収入を増やすことが難しい場合は、支出を減らしてしていきましょう。

具体的には、家賃を下げる、保険を見直す、通信費、サブスクリプションを見直すのが一番大きい支出を下げることができるところです。

家賃は、通勤時間と相談になってしまいますが、このぐらいの通勤時間までなら許容範囲と思うことができて、範囲内でフリーレント有、水道光熱費定額または無料、インターネット無料など安い賃貸物件を探して安くしていきましょう。

上手くいくと数千円から数十万支出を下げることができます。

保険は、今まで様々な保険に入っていたとしたら、見直しをして解約する、プランを変更にして今までより支出を抑えることができれば、年間数万円削減できることがあります。

通信費は、キャリアから格安simに切り替える、通信プランを変更する、パソコンのwi-fi、インターネットの通信費の見直しをすることで大幅な支出を削減することができます。

キャリアから格安simに切り替えるだけで、年間数万円から十万円ぐらい削減できます。

サブスクリプションは、色んなサブスクリプションが合って充実していますが、沢山契約している人は、一度見直しをして、不要になってきたサブスクリプションは解約するようにしましょう。

サブスクリプションは月額制などの一定期間利用するサービスなので、見直しをするだけで年間数千万円から一万円ぐらい削減できます。

他に食費、交際費、水道光熱費など様々ありますが、家賃を下げる、保険を見直す、通信費、サブスクリプションを見直すことが支出を下げやすいところを挙げていきました。

その中で家賃を下げやすいな、保険見直ししやすいな、通信費抑えられるな、サブスクリプション見直し、その他の方が支出抑えやすいなど支出を抑えやすいと思うところから支出を見直していきましょう。

手取り 減っている