給料少ないと悩んでいる時の解決策

給料少ない

給料少ないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

一生懸命働いていても思うような給料がもらえていない。

自分の中で頑張ったとしても思ったより給料が少ないと感じていることがあったりします。

今回、給料少ないと悩んでいる時に解決方法を紹介していきます。



給料少ないことのリスク

生活水準が低くなり不満が大きくなること、家庭持った時に不安を感じることの2つです。

生活水準が低くなり不満が大きくなることは、給料が少ないと、その中で生活をしていかなければならないので、生活水準が下がっていきます。

満足のいく食事ができない、趣味にお金かけられない、アパートの環境が悪いなど衣食住に大きく影響してしまいます。

万が一、病気などなってしまった場合、多額なお金が発生し、今までギリギリ生活していきたのが多くの出費がかかってしまい、家賃、水道光熱費、通信費が払えないというリスクがあったりします。

家庭持った時に不安を感じることは、少ない給料の中で生活するので、貯金が難しいです。

毎月の生活費でやりくりすることが精一杯で、一人だけで何とか生活できたとしても、結婚して子供が生まれたりすると養育費、生活費が一人の時と比べて多くの費用が掛かりますので貯金がないと家庭生活に不安を感じてしまいます。

貯金無しで家庭生活をすると気持ちに余裕が無いので円満な生活を送ることが難しいでしょう。

給料少ないと悩んでいる場合に考えていること

給料少ないと悩んでいる場合に考えることは、

  • 世間の平均の給料がどれぐらいか
  • 周りの人と給料を比較してしまう
  • 労働時間と給料を比べる
  • 成果を上げても給料に反映されていない

の4つです。

どれか当てはまっている場合は、転職を考えた方がいいかもしれません。

世間の平均の給料がどれぐらいか

厚生労働省の行う「平成30年賃金構造基本統計調査」によれば、平均給与(月額)は30.6万円です。

世間の平均の給料を確認して、自分は頑張っているのに平均の給料を下回っている、生活困窮になってしまうからもう少し給料を上げていかなければならないと感じることがあるでしょう。

周りの人と給料を比較してしまう

人は、自然と周りの人と比較をしてしまうものです。

友達、同期、上司、兄弟、親戚、知人などどれかに比較して自分の給料はどうなのか考えてしまいます。

周りの人と給料を比較してしまうと自分の給料が少なかった場合、一生懸命働いているけど何でこんなに少ないのだろうと悲しくなってしまい落ち込んでしまうことがあったりします。

労働時間と給料を比べる

周りの人と比較もそうですが、労働時間と給料を比べることが多くあります。

正社員だとしても固定残業となっていて、あらかじめ残業時間と給料が上乗せになっていますが、働いてみると残業時間が多すぎて時給がアルバイトより少ないケースが存在しています。

長時間労働であらかじめ給料が上乗せになったとしても時給にするとアルバイトより少ないとなるとアルバイトした方が良いのではと考えてしまいます。

成果を上げても給料に反映されていない

営業成績、業務の効率、業務の改善、会社への貢献などを成果を上げていても、思ったより給料に反映されていないことがあったりします。

会社の内部に留めて従業員にはあまり給料を出さず、働いていてもモチベーションが上がらず、メンタル面に影響が出てしまうことがあります。

給料少ないと悩んでいる時に解決方法

給料少ないと悩んでいる時に解決方法は、

  • 給料の高い会社に転職
  • スキルを磨いてから給料の高い会社に転職
  • 副業に取り組んでみる
  • 節約をする

の4つです。

給料の高い会社に転職

会社によって給料水準が異なります。

給料水準の低い会社に就職した場合、一生懸命働いて、結果を出したとしても、給料の上限が限られていて、給料が少ないままになることが多いのと給料ベースが低いことが多いです。

一方、給料水準の高い会社に就職した場合、給料ベースが高いので給料水準の低い会社と比べると給料が高くなることが多いです。

大切なのは、どこの会社で働いているかです。

20代の人の評価が40代の人よりも評価が高かったとしても40代の人の方が給料が高い傾向があります。

社内の給料は、基本的に年齢によって決まってきます。

20代で頑張って結果を出して、高評価だとしても、すぐには給料が上がらない仕組みになっています。

給料を上げるとなりますと、利益を上げ続けていて、利益を従業員に還元する意志のある会社に就職することです。

忙しいサラリーマンの転職活動は大変ですが、転職エージェントを利用することで、転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで条件に合った求人を紹介してくれることがあるので、効率良く探すことができます。

転職エージェント担当者が応募先企業との間に入り、煩雑な面接時間の調整もしてくれます。

多忙な在職中の転職希望者には心強い味方となります。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

転職エージェントの登録、相談は無料なので、活用して損することは無いと思います。
オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

スキルを磨いてから給料の高い会社に転職

オススメ転職エージェントである、

で相談をしてみて、企業が求められていること、資格、最近の求人状況、業界で需要の多いスキルなどを知ることで、今後どのように勉強していく、生活をしていけばよいか、明確になります。

できることは、

  • 資格を取得する
  • 本を読む
  • インターネットで情報収集する
  • セミナーを受ける
  • 市場価値の高い経験をする

などが挙げられます。

自分が目指している給料に向けて、取り組んでいきましょう。

副業に取り組んでみる

給料の高い会社に行くのは全然無理である、今の会社で良いと思っているけど、給料もう少し上げてみたいと考えている人は、副業に取り組んでみることをオススメします。

自分が気になっていることから取り組むことが良いでしょう。

具体的に副業はどういうのがあるかといいますと

  • YouTube投稿
  • 動画配信
  • 動画編集
  • UberEats
  • ブログ
  • プログラミング
  • ライター
  • ハンドメイド
  • イラスト

などです。

他にも沢山ありますので、興味があるものからチャレンジしていきましょう。

問題としては、会社と副業の両立はとても難しいこと、副業の種類によっては努力したとしても必ず収入が増えるとは限らないということです。

会社で仕事しながら副業することは、とてもハードで大変なので、スキマ時間を有効に活用できるかがポイントになります。

副業の種類によっては成果が得られないことがあったりします。

収入を増やしていくまでに時間がかかりますので、収入を得られるまでの忍耐力が必要になります。

気になる副業から始めてみて継続できるのか自分で確認して取り組んでいきましょう。

節約をする

収入を増やすことが難しい場合は、節約をしていきましょう。

具体的には、家賃を下げる、保険を見直す、通信費、サブスクリプションを見直すのが一番大きい支出を下げることができるところです。

家賃は、通勤時間と相談になってしまいますが、このぐらいの通勤時間までなら許容範囲と思うことができて、範囲内でフリーレント有、水道光熱費定額または無料、インターネット無料など安い賃貸物件を探して安くしていきましょう。

上手くいくと数千円から数十万支出を下げることができます。

保険は、今まで様々な保険に入っていたとしたら、見直しをして解約する、プランを変更にして今までより支出を抑えることができれば、年間数万円削減できることがあります。

通信費は、キャリアから格安simに切り替える、通信プランを変更する、パソコンのwi-fi、インターネットの通信費の見直しをすることで大幅な支出を削減することができます。

キャリアから格安simに切り替えるだけで、年間数万円から十万円ぐらい削減できます。

サブスクリプションは、色んなサブスクリプションが合って充実していますが、沢山契約している人は、一度見直しをして、不要になってきたサブスクリプションは解約するようにしましょう。

サブスクリプションは月額制などの一定期間利用するサービスなので、見直しをするだけで年間数千万円から一万円ぐらい削減できます。

他に食費、交際費、水道光熱費など様々ありますが、家賃を下げる、保険を見直す、通信費、サブスクリプションを見直すことが支出を下げやすいところを挙げていきました。

その中で家賃を下げやすいな、保険見直ししやすいな、通信費抑えられるな、サブスクリプション見直し、その他の方が支出抑えやすいなど支出を抑えやすいと思うところから支出を見直していきましょう。

まとめ

給料少ないと悩んでいる時に解決方法を紹介してきました。

給料少ないことのリスクとして、生活水準が低くなり不満が大きくなること、家庭持った時に不安を感じることの2つです。

給料少ないと悩んでいる場合に考えていることは、

  • 世間の平均の給料がどれぐらいか
  • 周りの人と給料を比較してしまう
  • 労働時間と給料を比べる
  • 成果を上げても給料に反映されていない

の4つです。

どれか当てはまっている場合は、転職を考えた方がいいかもしれません。

給料少ないと悩んでいる時に解決方法は、

  • 給料の高い会社に就職
  • スキルを磨いてから給料の高い会社に就職
  • 副業に取り組んでみる
  • 節約をする

の4つです。

転職の場合、転職エージェントを利用して、相談などを行い、自分が納得できる活動をしていきましょう。

転職エージェントの登録、相談は無料です。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

副業の場合は、自分が気になっていることから取り組むことが良いでしょう。

具体的に副業はどういうのがあるかといいますと

  • YouTube投稿
  • 動画配信
  • 動画編集
  • UberEats
  • ブログ
  • プログラミング
  • ライター
  • ハンドメイド
  • イラスト

などです。

他にも沢山ありますので、興味があるものからチャレンジしていきましょう。

給料が少ないから仕方ないと諦めたりせず、ちょっとした行動することで人生が大きく変わるかもしれません。

変化をすることは怖く感じることがありますが、このままとどまっていたとして、給料が少ないに対しての改善はすることはありません。

今からできるところから少しずつ取り組んでみましょう。

節約の場合は、家賃を下げる、保険を見直す、通信費、サブスクリプションなど支出を抑えやすいと思うところから支出を見直していき、給料の中で上手にやりくりすることも良いでしょう。

心から応援しています。

節約することのメリットが多い

固定費 削減 家賃

家賃を見直して固定費を大幅に削減

格安sim 節約

格安simに切り替えることが節約にピッタリ

スキル 資格 転職

スキル無し資格無しでも転職できるの?

在職中 転職活動

在職中のまま転職活動した方が良い理由

副業 始め方

副業の始め方!副業する上で必要な事!

副業 オススメ

これから副業始める方へオススメを紹介!

残業 副業 どっち

残業と副業どっちが手取り多いのか検証してみた

コロナ 副業

コロナの影響で人気になっている副業7選

副業 スキマ時間

副業をスキマ時間を活用していきましょう

副業 税金

副業したら税金の勉強した方が良い