長時間労働がつらいと思ったら転職を検討しよう

長時間労働 つらい

長時間労働がつらいと思って辞めたいと思っていませんか。

そんな時は、会社を辞めて他の会社に転職した方がよいです。

この記事は、長時間労働がつらいと思ったら転職した方がいい理由を解説します。



長時間労働がつらいと思ったら転職した方がいい理由

1日24時間と限られた時間の中で、働く時間は平均8時間として1/3の時間を充てることになります。

長時間労働の場合12時間、13時間、14時間など1日の中で半分またはそれ以上に時間を充てていくことになります。

仕事が充実して楽しいと思っていても、睡眠、食事、休息などの時間を考えると長時間労働は、人生においてトータルで考えて転職した方が良いと考えたからです。

12時間から8時間労働に変わると、4時間労働時間が短くなり、1日に使う時間が4時間増えるということです。

ゆっくり食事ができる、休息ができる、睡眠確保ができるようになり、今までよりストレスを軽減できます。

長時間労働の主なリスクとして、時間外労働・休日労働時間が月45時間を超えると健康障害リスクが徐々に高まると言われています。

また、時間外・休日労働が月100時間超え、もしくは2〜6ヶ月間の時間外・休日労働が月平均80時間を超えると脳・心疾患のリスクが高まるという指摘もあります。

今後、働く年数が長くなっていく中で、長時間労働したところで、体が消耗して精神的な病になったり、体を壊したら、働くことが難しくなってしまい、働き続けること、転職することもできなくなってしまいます。

体の状態が分かるのは自分だけなので、自分の身は自分で守っていきましょう。

長時間労働がつらいから会社を辞めるのは甘え?

長時間労働がつらいから会社を辞めるのは甘えなのではないかという意見があったりしますが、甘えではありません。

「我慢をすればメンタルが鍛えられる・人生良い事がある」と思っているケースがあったりします。

こちらは、大きな間違いです。

メンタル面は人それぞれ異なります。

「我慢をすればメンタルが鍛えられる・人生良い事がある」の前に体が消耗してしまうことがあるので、そうなる前に転職することが良い選択です。

転職に不安がある

転職できるか不安ですと思う方いらっしゃいますが、問題ないと思います。

長時間労働に耐えてきている時点でとても強いので、自信もって転職できるでしょう。

転職する時は、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで労働時間が長くない求人を紹介してくれることがあるので、転職先で長時間労働に悩む可能性は低くできるからです。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

まとめ

長時間労働がつらいと思ったら転職した方がいい理由を解説しました。

時間に余裕を持てた方が、睡眠、食事、休息などの時間が増えて、1日の充実感が上がり、ストレスの軽減することができます。

特に、今まで長時間労働してきた人は、残業が少ない会社に転職して働いてみて、より実感が湧くかもしれません。

人生は限られた時間で過ごすことになるので、1日1日の充実に過ごしていく一歩としてより良い生活ができるように応援しています。

関連記事

うつ病になったら無理せず休職手続きしよう

日曜日の夜に憂鬱で仕事ばかり考える人への対策

在職中のまま転職活動した方が良い理由