面接結果通知までの期間と対処法!知っておくと便利!

面接結果 いつ

採用面接を受けた後、採用結果が出るまでの期間は不安なものです。

特に、応募者が多い企業では結果が出るまでの時間が長くなることがあります。

ここでは、面接結果が出るまでの期間や、早く出る理由、遅れる理由などを説明します。

面接結果が出るまでの期間

面接から採用結果の通知が来るまでの期間は、企業によって異なります。

一般的には、1週間程度が多いようですが、応募者が多い場合や選考プロセスが複雑な場合は、2週間~3週間以上かかることもあります。

また、年末年始や夏季休暇などの休暇期間がある場合は、通知が遅れることもあります。

反対に、早い場合は、翌日~3日で届くことがあります。

業種や企業規模による違い

業種や企業規模によっても、面接結果の通知までの期間に違いがあります。

大手企業や公務員の採用試験などは、選考プロセスが複雑であるため、通知が遅れることが多いです。

一方、中小企業などでは、採用プロセスがシンプルであるため、通知が早く出ることがあります。

面接結果が遅れる原因と対処法

面接を受けた後、採用の結果が遅れることがあります。その原因と対処法について紹介します。

応募者数の多さ

企業によっては、応募者数が非常に多い場合があります。

そのため、選考に時間がかかり、採用結果が遅れることがあります。

応募者数が多い場合は、面接の日程を予約する際に時間に余裕を持っておくことが大切です。

面接官のスケジュール調整

面接官のスケジュールが忙しい場合は、面接の日程が調整しづらくなるため、結果の返答が遅れることがあります。

この場合は、面接官のスケジュールに合わせて日程を決めることが大切です。

また、面接前に日程調整の連絡をしっかりと行い、確認することも忘れないようにしましょう。

電話やメールのトラブル

採用担当者が連絡しようとしている場合に、応募者の電話番号やメールアドレスが間違っていた場合、採用結果の連絡が遅れることがあります。

このような場合は、応募書類の提出前に連絡先を確認することが大切です。

また、面接後に必ず連絡先を確認しておくことも忘れずに行いましょう。

フォローアップの方法

採用担当者が応募者に対して、連絡の取り方や回答期限を伝えていなかった場合には、採用結果の返答が遅れることがあります。

この場合は、面接後に必ず採用担当者に確認を行い、連絡先や回答期限を確認しておくことが大切です。

また、返答期限が過ぎても連絡がない場合には、自分から採用担当者に連絡をするようにしましょう。

サイレントの可能性がある

サイレントとは、選考結果が不採用であった場合に求職者に対して連絡をしないことを言います。

一次選考などでは一部こうした対応をする企業はあります。

最終選考でこういったサイレントでの不採用する企業は少ないです。

1週間前後で選考結果が出なかった場合、サイレントの可能性があると思って、

気持ちを切り替えて、他の企業に応募することを検討しましょう。

面接の結果連絡が遅い場合は、企業側になんらかの事情があることも考えられますので、必要以上に焦らないように待つことが大切です。

面接結果が早い理由と対処法

面接の結果が早く出ると応募者にとっては嬉しいことですが、なぜ早い場合があるのでしょうか?

また、逆に遅い場合にはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、面接結果が早い理由と対処法について紹介します。

面接結果が早い理由は、以下のようなものが挙げられます。

  • 応募者が少なかった場合
  • 求人の募集期間が短かった場合
  • 早めの判断が求められるポジションであった場合
  • 面接官や採用担当者が即決を下した場合

対処法

面接結果が早い場合、まずは結果を確認し、その内容に基づいて次のステップを考えましょう。

合格の場合は、応募先に返信し、雇用条件や入社日などについて確認しておくことが重要です。

一方、不合格だった場合は、原因を分析し、改善点を洗い出すことが大切です。

再応募する場合は、何を改善し、どうアピールするかを考え、次回の面接に向けて準備しましょう。

面接結果が早い場合は、応募者としては有利ですが、それでも自分自身のアピールポイントや改善点を考え、次回に活かすことが重要です。

また、面接後にはフォローアップを行い、良い印象を与えるようにしましょう。

面接結果が出る前に自分でできること

面接結果が出る前に自分でできることには、以下のようなものがあります。

応募前に確認すること

応募前に、自分が応募する企業の基本情報や業界情報を調べ、応募の際に有利になるような知識を身につけることが重要です。

また、求人情報に書かれている応募資格をしっかり確認し、必要なスキルや資格を取得するために自己研鑽をすることも大切です。

面接前の準備

面接前には、自己PRや志望動機、自己分析など、自分自身について考え、アピールするための具体的な内容を用意することが必要です。

また、企業研究を行い、その企業が求める人物像やビジョンに合わせたアピールポイントを考えることも重要です。

さらに、面接当日には、事前に交通手段や場所を確認しておくこと、自分自身を整える(服装、身だしなみなど)こと、面接時間に余裕をもって到着することなども忘れずに行いましょう。

面接後のフォローアップの方法とは

面接後のフォローアップは、単なる礼儀やマナーだけでなく、採用の可能性を高めるためにも重要です。

ここでは、面接後のフォローアップ方法について紹介します。

メールや手紙の書き方

面接後には、感謝の気持ちを込めて、採用担当者に対してメールや手紙を送ることが一般的です。

この際には、以下のポイントに注意しましょう。

1.簡潔にまとめる

面接での印象を簡潔にまとめることが大切です。

また、送信するメールや手紙の形式については、会社の規定に従うようにしましょう。

2.感謝の気持ちを表す

面接での貴重な時間を割いていただいたことに対して、感謝の気持ちを忘れずに表しましょう。

また、採用担当者に対して関心を示すことも、印象を良くするために有効です。

3.再度自己アピールをする

面接後のフォローアップは、再度自己アピールをするチャンスでもあります。

自分が採用にふさわしい人材であることをアピールするため、面接で話し忘れたことや詳細を追加して伝えましょう。

面接後のアフターケア

面接後は、応募先の企業に対してアフターケアをすることで印象を良くすることができます。

例えば、面接で話したことについて自分なりにまとめて、次の面接の参考にすることも有効です。

また、面接後には、自己分析をして、今後の自分のキャリアアップのための戦略を考えることもおすすめです。

面接結果が合格だった場合の対応方法

面接結果が合格だった場合、以下のような対応方法が考えられます。

連絡の返信方法

面接官から連絡が来た場合、速やかに返信しましょう。

返信の際には、丁寧な言葉遣いや敬意を示す言葉を使い、感謝の気持ちを表現することが大切です。

雇用条件の確認

雇用条件については、面接時に詳細に話があったはずですが、もう一度確認しておくことをおすすめします。

雇用契約書の内容も必ず確認しましょう。

内容に不明な点がある場合は、遠慮なく質問し、納得がいくまで話し合うことが大切です。

電話、メール、内定者面談で質問や話し合うことができます。

入社までの手続き

合格した場合は、入社までの手続きがあります。

手続きに必要な書類を提出することや、入社日や入社前の研修などに参加することが求められます。

手続きの期限に注意し、スムーズに手続きを進めましょう。

感謝の気持ちを伝える

面接官や採用担当者には、合格したことに対して感謝の気持ちを伝えることも大切です。

面接官や採用担当者は、あなたを採用することで会社の一員に迎えることを決めたわけですから、感謝の気持ちを示すことで良好な人間関係を築くことができます。

面接結果が不合格だった場合の対応方法

面接結果が不合格だった場合、落ち込んだ気持ちになるかもしれませんが、原因を分析し再チャレンジすることで次につなげることができます。

以下に対処方法を紹介します。

原因を分析する

まずは面接官からのフィードバックをもらい、なぜ不合格になったのかを理解しましょう。

自分の弱点を把握することで、次回に向けて改善点を見つけることができます。

また、過去の面接での質問や自己紹介の内容を振り返って、改善点を探すことも有効です。

面接官からのフィードバックは、稀なケースです。

再応募する場合の注意点

気になっていた企業だから今回不合格でも、再度チャレンジしたいという気持ちが出てきたりします。

不合格になったからといって、すぐに再応募するのは避けましょう。

再応募する際には、前回の面接での不備を克服し、改善点をアピールすることが大切です。

また、企業によっては、再応募に一定期間が必要な場合もあるので、注意しましょう。

諦めずに次につなげる

面接での不合格は、求職者にとってつらいものですが、落ち込まずに次につなげることが大切です。

過去の面接経験を振り返り、改善点を見つけ、次回の面接に臨むことが大切です。

また、他の企業にも応募して、自分に合った企業を見つけることも大切です。

面接結果が出る前に気をつけるべきポイント

面接を受ける前に、以下のポイントに注意しましょう。

面接時のマナー

面接の場では、相手に敬意を払い、礼儀正しく振る舞うことが求められます。

具体的には、挨拶やお礼の言葉をきちんと言う、適度な目線で話す、態度やポーズに気をつけるなどが挙げられます。

質問の仕方

面接官からの質問に答えるだけでなく、自分から質問をすることも大切です。

質問は、企業や仕事内容についての理解を深めるためのチャンスです。

質問は、前もって用意しておくと良いでしょう。

面接官

面接官について事前に調べ、対策を考えておくことも大切です。

例えば、担当者の職歴や役割、採用に関するポリシーなどを調べておくことで、面接でのアプローチが変わってくることがあります。

以上のポイントに気をつけることで、面接での印象を良くすることができます。

面接結果の連絡方法と対処法

面接結果の連絡方法と対処法については以下の通りです。

電話、メール、手紙などの連絡方法

面接結果の連絡方法には、電話、メール、手紙などがあります。

企業によって異なる場合がありますが、多くの場合は電話またはメールで連絡が来ることが一般的です。

手紙での連絡はあまりないようです。

返信期限や方法

企業からの面接結果の連絡には、返信期限が設定されることがあります。

期限内に返信することが大切です。

返信方法については、企業からの指示に従って行うことが望ましいです。

例えば、メールでの返信が求められている場合は、返信メールで返信することが良いでしょう。

連絡が遅れた場合の対処法

企業からの面接結果の連絡が遅れた場合は、まずは焦らずに待ちましょう。

原因は、応募者数が多くなってしまった、面接官のスケジュールの都合など、様々な理由が考えられます。

一定期間が経っても連絡がない場合には、面接を行った企業に対して、謝罪を含めて丁寧に問い合わせを行うことが必要になります。

まとめ

面接を受けた後の結果待ち期間について、その期間の長さや違い、遅れる原因や対処法、

早い理由や対処法、自分でできること、フォローアップの方法、合格・不合格時の対応方法、

面接前後に気をつけるべきポイント、そして結果の連絡方法や遅れた場合の対処法についてお伝えしました。

面接結果がわからないから不安になることは求職者にとって当たり前の心理です。

しかし、心配したところで結果が変わることはありません。

就職活動は、複数の企業を並行して受けていることが多いので、合格または採用になったら、

採用した会社にご縁があると思って次のステップを踏んでいきましょう。

不合格の場合は、ご縁、原因があるか考えて気持ちを切り替えて次の企業に応募しましょう。

面接結果の期間に関して、遅れる原因は企業によって様々です。

期日まできちんと待って、遅い場合は、メールまたは電話で問い合わせてみる。

サイレントの可能性もあるので不合格だと思って気持ちを切り替えて他の企業に応募する。

各自合った方法で対処しましょう。

転職活動や企業とのやり取りに不安がある方は、転職エージェントの活用をご検討ください。

経験豊富なキャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接日程の調整、求職者に合った求人の紹介など、転職活動全般の相談ができます。

オススメ転職エージェント

数多くある転職エージェントの中で、満足度が高いと言われている
転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます。

非公開・独占の優良求人が多いです。

首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強みです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

リクルートエージェント

非公開求人が多いです。

20代~50代までと幅広い年代に対応し、女性向け・エンジニア向け・第二新卒・ハイクラス求人も充実しています。

転職支援実績No.1の充実したサービスを提供しています。

JACリクルートメント

30代~50代がメイン。

20代でも可能です。

ただし、第二新卒での相談は難しいです。

管理職クラス、外資系企業、海外進出企業などハイクラスの転職支援に強みを持っています。

年収600万円~のハイクラス案件が多く、独占求人が多いです。

スキルを身につけてさらに年収を上げていきたい人にオススメです。

転職 無職期間
転職 応募数
転職 いつから働けますか