mineo料金プラン「マイそく」について解説

mineo マイそく

mineo料金プラン「マイそく」が2022年3月7日から開始されました。

「マイそく」は、使用状況によっては節約できる可能性があります。

今までのプランと何が違うの、料金はどうなるのかなど、今回、「マイそく」について解説していきます。
mineo(マイネオ)

マイそくとは?

出典:mineo

マイそくとは、月曜~金曜の12-13時の通信速度が制限される代わりに、おトクにデータが使い放題になるサービスです。

マイそくは、3種類あって、ライト、スタンダート、プレミアムです。

通信速度が異なり、

  • ライト最大300kbps
  • スタンダート最大1.5Mbps
  • プレミアム最大3Mbps

となります。

12時~13時は最大32kbpsの通信速度になります。

容量は、使い放題なので無制限となります。

ただし、3日間で10GB以上利用する場合は、速度制限になりますのでご注意ください。

最大32kbpsは、メールやメッセージなどテキスト情報のみとなり、Webサイト閲覧、動画閲覧、QR決済コード決済ができません。

ライト最大300kbpsは、メールやメッセージなどテキスト情報、ネットラジオ、テキストWeb・SNSサイトが利用可能です。

スタンダート最大1.5Mbpsは、メールやメッセージなどテキスト情報、ネットラジオ、動画閲覧、Webサイト、音楽ストリーミングが利用可能です。

マイネオの調べによると、Webサイトの閲覧97%、音楽ストリーミング97%、YouTubeなどの動画視聴92%でほとんどが利用可能ということがわかりました。

プレミアム最大3Mbpsは、メールやメッセージなどテキスト情報、ネットラジオ、動画閲覧、Webサイト、音楽ストリーミングがスタンダートより快適に利用可能です。

混雑時間帯はマイピタ契約者の通信が優先される場合があるということです。

混雑時間帯は具体的に、7~9時、12時~14時、17時~19時、21時~23時となっています。

音声電話は全ての種類に付いています。

料金は、

  • ライト税込660円
  • スタンダート税込990円
  • プレミアム税込2,200円

となります。

まとめると、以下の表になります。

コース名 ライト スタンダート プレミアム
通信速度 最大300kbps 最大1.5Mbps 最大3Mbps
通信制限 月曜日~金曜日12~13時
最大32kbps3日間で10GB以上利用
月曜日~金曜日12~13時
最大32kbps3日間で10GB以上利用
月曜日~金曜日12~13時
最大32kbps3日間で10GB以上利用
音声電話
月額料金 税込660円 税込990円 税込2,200円

マイピタとの違い

プランでいうと「マイそく」以外に「マイピタ」というのがあります。

マイピタとは、2021年2月1日以降mineoの新料金プランとして提供されたものです。

旧料金より安くなっているのが特徴です。

「マイそく」と異なる点として「マイピタ」は12~13時までの通信制限がない、そのかわりデータの容量制限があることです。

マイピタの月額料金は以下の表になります。

データ量 デュアルタイプ シングルタイプ
1GB 税込1,298円 税込880円
5GB 税込1,518円 税込1,265円
10GB 税込1,958円 税込1,705円
20GB 税込2,178円 税込1,925円

デュアルタイプは、音声電話+データ通信です。

シングルタイプは、データ通信のみです。

マイそくに向いている人・向いていない人

マイそくに向いている人は、

  • 12時~13時にスマートフォンを利用しない人
  • メール、電話しかスマートフォンを利用しない人
  • お昼の時間帯に家でwi-fiを使っている人
  • 最低限しかスマートフォンを利用しないかつ通信費を抑えたい人

がオススメです。

反対に普段お昼の時間帯に動画、Webサイト利用している人には向かないプランです。

最後に

マイそくに関して解説していきました。

普段、スマートフォンの利用状況に合わせて検討してみてください。

特にマイそくに向いている人は、加入するまたは契約変更することによって通信費を見直すことができて、節約に繋がることができます。

mineo マイピタ