しつこいNHK受信料の集金人が来たらどうするのがいい?

nhk しつこい

NHK受信料を契約していない場合、一度は、自宅にNHK受信料の集金人が来ると思われます。

一度NHK受信料を断ったとしても、再度、NHK受信料の集金人が自宅に来る可能性が高いです。

しつこく粘り強くNHK受信料を徴収するために何度も訪問をしてきます。

もし、NHK受信料の集金人が来た場合、どうすればいいのか解説します。



NHK受信料の対象

まず、NHK受信料を支払わなければならないケースがあったりしますのでご確認ください。

NHK受信料の対象は、次の通りです。

  • テレビを所持している
  • スマートフォンにワンセグ機能がついている
  • パソコンにデジタルチューナーがついている

このような物を所持していると対面でNHK受信料支払いませんと言っても納得させるような理由にはならず、NHK受信料を支払わないといけません。

NHK受信料を支払わないためには、NHK受信料の対象外にすることが大切です。

テレビを所持している場合は、テレビを処分して、NHK受信できる物がありませんとハッキリ伝えられる。

スマートフォンにワンセグ機能がついている場合は、ワンセグ機能がないスマートフォンに機種変更する。

パソコンにチューナーが付いている場合は、デジタルチューナーが付いていないパソコンに買い替える。

NHK受信環境がないように工夫をして、過ごしていきましょう。



しつこいNHK受信料の集金人が来たらどうするのがいい

しつこいNHK受信料の集金人が来たらどうするのがいいかということですが、次の通りが効果的です。

  • 居留守する
  • NHK受信する物がないと伝える
  • お帰りくださいと伝える

居留守する

インターホンが鳴ったとしてもモニター画面を見てNHK受信料の集金人のような集金している雰囲気であれば、対応しないで居留守にしたほうがいいでしょう。

対応すると話が長くなったり、色々な話をしてNHK受信料徴収しようと詰めてくる可能性があります。

インターホン多くても2回です。

早い場合は、1回です。

何度も住んでいる人が出るまで何度もインターホンを押すのは少ないです。

NHK受信料の訪問員が来たら、居留守にして、自宅から離れるのを待ちましょう。

自宅内にモニターがある場合は、映像で確認できますが、自宅内にモニターが無い場合もあります。

その時は、ドアの覗き穴で確認、対応する、NHK受信料の集金人が来る時間を把握して、その時間帯には居留守をするなどの対策が必要になります。

NHK受信料の集金人が来る時間は、絶対にこの曜日、この時間というのは決まっていませんが、多いと言われているのは、平日の夜の時間帯です。

NHK受信する物がないと伝える

ずっと居留守使えれば問題ないですが、宅配便、来訪者で対応しなければならない状況があったりします。

宅配便、来訪者だと思って出たら、NHK受信料の集金人だったケース。

その場合は、対応して、NHK受信料を払わないと伝えましょう。

こちらの住所で調べたところ、こちらが未契約でしたのでお支払いいただけますかと聞かれるので、テレビが無いのでNHK受信料を払いませんと返しましょう。

その後に、パソコンやスマートフォンで見ている場合も必要と聞かれるので、ワンセグ機能が付いていないタイプですと返しましょう。

するとNHK受信料の訪問員の場合は、わかりました、それでは失礼いたしますと帰ることが多いです。

お帰りくださいと伝える

NHK受信料の集金人に対応している時、NHK受信する物がないと伝えたとしてもドアを閉めさせず、強引に受信契約を迫ってきたら、お帰りくださいの一点張りが効果的です。

お帰りください一点張りしてもNHK受信料の集金人が居座っている場合は、不退去罪(刑法130条)が適用される可能性が出てくるので、警察を呼びますよと言って、警察に対処するようにしましょう。

普通は、お帰りください一点張りして警察を呼びますよと言ったら退散するでしょう。

まとめ

しつこいNHK受信料の集金人が来たらどうするのがいいのか解説しました。

次の通りが効果的です。

  • 居留守する
  • NHK受信する物がないと伝える
  • お帰りくださいと伝える

NHK受信料の集金人と対応してしまうことも少なくありません。

対応する前に次の物にすることでNHK受信契約の対象外にすれば問題ありません。

  • テレビを処分したまたは無い
  • ワンセグ機能がついていないスマートフォン
  • デジタルチューナーがついていないパソコン

NHK受信料の集金人はNHK受信料未契約、NHK受信料を解約した後でも数カ月に1度しつこくNHK受信料の徴収に自宅に来ます。

その時は、しつこいNHK受信料の集金人が来たらどうするのがいいのかの対応策でNHK受信契約をしないようにしましょう。

NHKの受信料は、1年、3年、5年、10年と払い続けると大きな金額になります。

NHKの受信料を払わないだけで大きな節約に繋がります。

節約をして他の支出に回せるようにしていきましょう。

nhk 解約方法

NHK受信契約を解約する方法を解説