サラリーマンの働き方の現状維持は衰退します

サラリーマン 現状維持

サラリーマン生活をして働き方など何か変えて行きたいという気持ちをガマンして現状維持していくことは、あまりよろしくありません。

リスクはありますが、自分自身で変えていこうという気持ちが大切です。



サラリーマンの現状維持とは

サラリーマンの現状維持は、働き方を変えないことです。

  • 通勤を無くしたい
  • 満員電車に乗りたくない
  • 残業が少ない会社に転職したい
  • 上司が理不尽で転職したい
  • 休みが無くて大変
  • 週休を増やしたい

など、サラリーマン生活をしていると一度は考えたことあるのではないでしょうか。

考えを持っていても、行動しないままでいると何も変わりません。

働き方を変えるという目標に対してどうするべきか考えていく必要があります。

最近、働き方が変わってきています。

例を挙げると、リモートワーク、週休3~4日制度、終身雇用制度などです。

裏側では、人件費カットせざるを得ないので、週5勤務分の給料を支払うことが難しい、通勤手当を削らないといけない、終身雇用難しいから会社に依存しないで自分で何とかしてくださいというネガティブな考えが増えてきています。

一方で、働き方が変わったことで、ポジティブに考え、良い方向に捉えている人もいます。

今までとは異なる働き方に驚かれることがあったりしますが、時代の変化とともに、状況が変わってくることはあります。

そういったことに対応していき、自分に合った働き方を考えてきましょう。

サラリーマンの働き方を変えるには

サラリーマンの働き方を変えるには、

  • 独立・起業する
  • リモートワークしている会社に転職する
  • 週休3日~4日勤務の会社に転職
  • シフト制または始業時間遅めの会社に転職
  • 副業をしてみる

です。

独立・起業する

独立して一人でできる所までチャレンジしていくフリーランス、自分は、社長として従業員を雇用して働いてもらいチーム全体を大きくして収入を増やしていく方法です。

働く場所、働く時間、仕事内容、一緒に働く人など決めるのは自分です。

上手くいくとサラリーマンの働き方に関しての悩みを全て解決できる、年収数千万円、数億円いくことがあります。

しかし、上手くいって収入が増加することがあれば、上手くいかない時では収入がゼロになることがあります。

常に取引先を獲得するために営業活動に力入れたり、作業時間を多くして売上を伸ばしていたり、試行錯誤して、継続していくためには、相当な努力が必要です。

収益の仕組みを作ることができれば、サラリーマンより大幅に収入を上げることは可能です。

リモートワークしている会社に転職する

コロナ感染対策防止の影響で、リモートワークによる在宅勤務が増えてきました。

リモートワークによって、会社に通勤する必要が無く、または少なくなる、自分の好きな場所で働けるようになったりしています。

リモートワークになって、ニュースで取り上げられたことがきっかけでリモートワークしている会社に転職したいなという人が増えてきています。

週休3日~4日勤務の会社に転職

週休3日~4日勤務の会社がニュースをきっかけに少しずつではありますが、増えてきています。

週休3日~4日になるので、週休2日制の会社と比べると給料が減額されることがありますが、生活コストを下げて時間を優先にして好きなように時間を過ごす、空いた時間を副業にして減少した給料を補う両立していきたいと考えている人は、週休3日~4日勤務の会社に転職にすることで、好きな時間を増やしていく方法です。

シフト制または始業時間遅めの会社に転職

満員電車に乗らないようにするためには、リモートワークで仕事ができる会社、シフト制、始業時間遅めの会社に転職することです。

シフト制は、会社によりますが、その日、週、月によって、始業時間がバラバラで、夜から、朝11時からと会社によって異なります。

始業時間遅めの会社は、基本的に始業時間が決まっていますが、10時から、11時から、13時からと遅めの会社が存在します。

そういった会社に所属することで、9時始業と比べると、満員電車に乗るリスクが軽減することができます。

満員電車を避けることでストレスが大幅に軽減することができます。

副業をしてみる

サラリーマンの収入と副業の収入で複数の収入源があると今の収入を超えることができます。

サラリーマンの昇給より副業の収入を上げていた方が早く収入が上がりやすいです。

具体的に副業はどういうのがあるかといいますと

  • YouTube投稿
  • 動画配信
  • 動画編集
  • UberEats
  • ブログ
  • プログラミング
  • ライター
  • ハンドメイド
  • イラスト

などです。

他にも沢山ありますので、興味があるものから取り組んでみましょう。

副業は、残業代金と異なり、取り組んだだけでは収入は増えません。

売上が無いと収入が増えないので、一定期間の下積みを行う必要があります。

一定期間を乗り越えるとある程度の収入を得ることができます。

難しいところは、時間が取れないことです。

自分の中でできることを工夫して時間を作るようにする必要があります。

例えば、

  • 朝の時間
  • 通勤時間
  • 昼休み時間
  • 帰宅後の時間
  • リモートワークにする
  • 残業を辞める
  • 週休3~4日にする

などです。

独立・起業する以外の方法を実現するためには、転職を検討することです。

自分の市場価値はどれぐらいなのか確かめるため、転職エージェントに相談してみるのもよいです。

また、企業が求められていること、資格、最近の求人状況、業界で需要の多いスキルなどを知ることで、今後どのように勉強していく、生活をしていけばよいか、明確になります。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

転職エージェント担当者に相談することで希望に合った求人を紹介してくれたりします。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

登録・相談にお金が発生せず無料なので、気になっている場合は、登録してみましょう。

まとめ

サラリーマンの働き方の現状維持は衰退しますについて解説してきました。

サラリーマンの働き方の現状維持は、時代の変化に乗れず、自分でガマンした状態で、成長に繋がりにくいと考えられます。

  • 通勤を無くしたい
  • 満員電車に乗りたくない
  • 残業が少ない会社に転職したい
  • 上司が理不尽で転職したい
  • 休みが無くて大変
  • 週休を増やしたい

など、思っている場合は、少しでも無くすように行動していくことが大切です。

サラリーマンの働き方を変えるには、

  • 独立・起業する
  • リモートワークしている会社に転職する
  • 週休3日~4日勤務の会社に転職
  • シフト制または始業時間遅めの会社に転職
  • 副業をしてみる

です。

独立・起業する以外の方法を実現するためには、転職を検討することです。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

サラリーマン生活は長いので、自分の合った働き方を目指して納得のできる充実した生活を送れるように会社を選んでいきましょう。

在職中 転職活動
出世したくない若者
転職したくない人