サラリーマンの上司との付き合い方

サラリーマン 上司 付き合い方

サラリーマンで苦労するところは、上司との付き合い方です。

会社の退職理由の上位に挙げられている「人間関係」の中に上司との付き合い方は、多く占めているだろうと考えられます。

会社にいる以上は上司と全く関わらないということはできません。

では、なるべく上手く上司と付き合うためにはどうすれば良いかお伝えします。



サラリーマンの上司との付き合い方

はじめにサラリーマンの上司は色んなタイプの人がいるので、当然、自分と同じ考えでなければ、価値観も同じでは無いことは頭に入れてください。

これは、サラリーマンの上司だけではなく、同期の人、後輩でも同じことです。

さかのぼると、小学校、中学校、高校、大学と進学してすべての人と仲良くなれるかというと大半の人は難しいと感じています。

そういった学生時代の中でもいろんなタイプがいるので、合う、合わないは存在します。

サラリーマンの上司も同じような感じと思っていただけたら良いです。

どうすれば良いかといいますと、結論から申し上げますと、最低限のコミュニケーションをすることです。

苦手な上司に対して仲良くしなければいけないと気合入れすぎると空回りを起こして悪い空気になり、気まずくなり、ストレス負担が大きくなってしまいます。

気合を入れすぎず、挨拶をすることは大切です。

苦手な上司から話しかけられて愛想悪くするのは良くないので、聞かれたら返事をする、答えることも上司との上手な付き合い方です。

嫌なら無視すればいいのではないかという考えもありますが、間違えても無視はやめましょう。

社会人としてマナーが悪いです。

報告・連絡・相談は絶対に行う

報告をする・連絡をする・相談をすることは、仕事を進めていく上でコミュニケーションは必要ですので、ここを最低限クリアしていきましょう。

報告しない・連絡しない・相談しないとなると仕事に支障が出てしまい、仕事としてのパフォーマンスが悪くなり、人間関係が悪化してしまう恐れがありますのでご注意ください。

具体的に、報告しない・連絡しない・相談しないから上司から自分に対しての信頼が無くなり、上司からの対応が悪化する、上司が苦手になるという流れになります。

仕事のパフォーマンスを上げる

仕事のパフォーマンスを上げることで上司からあまりきつく言われることは少ない傾向にあります。

会社は利益を出さなければならないということ、仕事をする場所なので、友達を作る場所ではありません。

上司との関わり方を会社とプライベートを切り分けて考えていき、しっかり結果を出すことに集中していけば、キャリアを積むこともできますし、スキルアップしていくこともできますので、自分にとって大きな財産となります。

上司のことを考えず、自分で人生を切り開いていくんだという気持ちで毎日過ごしていくのも良いです。

他の部署の上司や上司の上司に相談する

苦手な上司から理不尽な対応されて困っている、言動がキツい、人によって態度を変えて接しているなど、自分ではどうしようもできない場合は、他の部署の上司や上司の上司に相談してみることを検討しましょう。

直接、苦手な上司に伝える方法もありますが、とてもリスクがあり、逆にエスカレートしてしまう可能性が高くなりますので、第三者から間接に話をしてもらう方がよいでしょう。

他の部署の上司や上司の上司から言われることで、苦手な上司は受け入れることがあるかもしれません。

注意としては、挨拶をする、報告・連絡相談をする、仕事のパフォーマンス上げる努力しているということを前提に行ってください。

何もしていなければ、上司も変わることはありません。

小さいことでも、上手に上司と関わり方を考えていきましょう。



まとめ

サラリーマンの上司との付き合い方についてお伝えしました。

どこの職場でも色んな上司がいるので、全てに好かれることは難しいのが現実です。

しかし、挨拶をする、報告・連絡相談をする、仕事のパフォーマンスを上げることを行い、上司と上手に付き合っていきましょう。

そういった行動をとっても変わらない場合は、他の部署の上司や上司の上司に相談してみることを検討しましょう。

無理して上司に近づくことばかりする必要はありません。

会社での話なので、オンオフを切り替えて、過ごしていくことが大切です。

よくあるのが、「上司が嫌いで仕事辞めます」と辞めてしまうことです。

退職、転職以外に方法が無いのか立ち止まって考えて行動していきましょう。

退職、転職するかしないかは、自分の考えなので、自分を信じて人生を切り開いてほしいと思います。

どうしても職場にいるのが難しいという場合は、転職してみるのもよいでしょう。

転職活動には、「転職エージェント」を利用することをオススメします。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

転職エージェント担当者に相談することで希望に合った求人を紹介してくれたりします。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

転職活動支援なので、会社選びの効率が上がるということです。

転職サイトで会社を選ぶとなると色々と時間がかかり、特に在職中である場合、なかなか転職活動が進まなくなったりすることがあります。

転職エージェントを利用することで、担当者が、求職者の希望に応じて、求人紹介をして
いただいたり、転職活動の悩み相談に応じてもらうことができたり、転職サイトのみで
探すのと比べると効率良く転職活動を進めることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

オススメ転職エージェント

数多くある転職エージェントの中で、満足度が高いと言われている
転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

年収600万円~のハイクラス案件が多く、独占求人が多いです。

スキルを身につけてさらに年収を上げていきたい人にオススメです。

キャリア相談可能となっています。

JAC Recruitment

doda転職エージェント

掲載されている求人数が多いことです。

保有する求人の数は、公開・非公開を合わせて9万件以上。

これは、業界トップのリクルートエージェントに次いで2番目に多い数です。

20代・30代が中心ではありますが、求人の幅が広く40代・50代も利用可能です。

応募書類の準備から面接対策しっかりフォローしてくれます。

doda転職エージェント

JAIC

親切・丁寧なサポートで就職支援実績20,000名超えています。

フリーター・未経験・既卒・大学中退から正社員に就職ができる可能性があり、
経歴に合わせた求人を紹介してもらうことが可能です。

高い内定率(81.1%以上)、入社後定着率91.3%

第二新卒向けとなります。

JAIC

マイナビジョブ20’s

第二新卒、20代社員専門転職エージェント

関東・東海・関西に強いです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

マイナビジョブ20’s

マイナビエージェント

非公開・独占の優良求人が多いです。

首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強みです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

マイナビエージェント

関連記事

パワハラによって退職しても転職は成功できます!

パワハラ受けて退職に悩んでいたら退職代行がオススメ!

お金がないサラリーマンでも自己投資できる方法を解説

スキル無し資格無しでも転職できるの?