パワハラによって退職しても転職は成功できます!

パワハラ 転職 成功

上司からのパワハラに悩み退職して、いざ転職しようとしても
就職先が見つからないケースが多かったりします。

しかし、転職して成功されている人がいます。

今回、パワハラによって退職しても転職は成功できますということを
解説していきます。



パワハラは無理して在職し続ける必要が無い

実際にパワハラを受けている場合、「我慢をすればメンタルが鍛えられる・人生良い事がある」と思っているケースがあったりします。

こちらは、大きな間違いです。

メンタル面は人それぞれ異なります。

パワハラを受けて我慢したところで上司は変わるかというと可能性は低いと考えていいでしょう。

なぜなら、人は、急に変わることはないからです。

今までパワハラをしてきた人が急にしなくなるきっかけが出てくるかというとないに等しいです。

リスクとしてパワハラを受けて我慢よりうつ病になり長期働けなくなる可能性の方が高いと
考えられますので、転職活動ができなくなります。

人生は、自分自身で選択をしていかなければなりませんので、強い意志を持って転職することを
オススメします。

パワハラで退職することは逃げなのでしょうか?

パワハラで退職することは逃げではないかと考える方多いと思います。

答えとしては、決して逃げではありません。

人生は、自分自身で選択をしていかなければならないということ、自分にとって合わないと思ったら職場を変えるということは悪いことではありません。

無理して続けていても、スキル・経験に身につきにくいことの方が多いです。

早めに職場を変えて無駄なストレスを無くし、良い環境で働いた方がスキル・経験が
身につきます。

パワハラによって退職しても転職に成功する方法

実際、転職活動を始めるにしても、「人間関係で悩んだからどうしよう」と考えることも少なくはないです。

自分にとって良い求人を見つけるためにどうすれば良いかといいますと、転職エージェントに登録して相談することをオススメします。

転職エージェントに登録した方が良い理由

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで人間関係が悪くない求人を紹介してくれることがあるので、転職先でパワハラ・いじめなどによって人間関係に悩む可能性は低くできるからです。

登録にお金が発生せず無料です。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

なぜなら、求人の応募は任意なので、強制ではありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものです。

合わないから転職エージェントを辞めたとしても解約料金発生することはないので安心して転職する上で活用できる選択肢の一つにはなるでしょう。

転職活動支援なので、会社選びの効率が上がるということです。

転職サイトで会社を選ぶとなると色々と時間がかかり、特に在職中である場合、なかなか転職活動が進まなくなったりすることがあります。

転職エージェントを利用することで、担当者が、求職者の希望に応じて、求人紹介をしていただいたり、転職活動の悩み相談に応じてもらうことができたり、転職サイトのみで探すのと比べると効率良く転職活動を進めることができます。

オススメ転職エージェント

数多くある転職エージェントの中で、満足度が高いと言われている
転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

年収600万円~のハイクラス案件が多く、独占求人が多いです。

スキルを身につけてさらに年収を上げていきたい人にオススメです。

キャリア相談可能となっています。

JAC Recruitment

doda転職エージェント

掲載されている求人数が多いことです。

保有する求人の数は、公開・非公開を合わせて9万件以上。

これは、業界トップのリクルートエージェントに次いで2番目に多い数です。

20代・30代が中心ではありますが、求人の幅が広く40代・50代も利用可能です。

応募書類の準備から面接対策しっかりフォローしてくれます。

doda転職エージェント

JAIC

親切・丁寧なサポートで就職支援実績20,000名超えています。

フリーター・未経験・既卒・大学中退から正社員に就職ができる可能性があり、
経歴に合わせた求人を紹介してもらうことが可能です。

高い内定率(81.1%以上)、入社後定着率91.3%

第二新卒向けとなります。

JAIC

マイナビジョブ20’s

第二新卒、20代社員専門転職エージェント

関東・東海・関西に強いです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

マイナビエージェント

非公開・独占の優良求人が多いです。

首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強みです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

マイナビエージェント




早めに転職活動をすることが成功率が高くなる

パワハラを受けて悩んでいる人の多くは、我慢すれば何とかなる、パワハラで退職して甘えだと思われて転職できなければどうしようという理由から転職するタイミングを失ってしまいがちになってしまいます。

今の職場から離れたい場合は、思い切ってすぐ行動に移すことが成功率が高くなります。

まず転職エージェントに登録し相談だけする

パワハラを受けて耐えられないから転職しようと思っている方、まず転職エージェントに登録し相談だけすることです。

パワハラを受けて我慢してうつ病になり転職活動ができなくなるリスクを考えると早めに転職活動準備した方が転職に成功する確率が上がります。

転職エージェントに登録し、応募しないといけないのではと思われますが、転職エージェントに担当者がいて、その時に、人間関係についてお話をして転職活動に取り組むのがいいと思います。

相談するだけでも気持ちが少し変わるかもしれません。

一歩踏み出すことは怖いことですが、一度踏み出すと気持ちの変化が出ることがあるのでまずは相談してみることをオススメします。

転職エージェント担当者から求人を紹介されますが、求人の応募は任意なので、強制ではありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものです。

応募しないから罰金になることは絶対にありません。

もし、罰金があるようでしたら、別の転職エージェントを利用した方がよいです。

転職エージェントは相性によって左右する

ひとつだけ注意しておきたいのが、この転職エージェントであれば100%満足する結果になるということではないということです。

どのサービスにも言えることですが、転職エージェントも合う人・合わない人がいます。

転職エージェントは、必ず担当者がつくと思いますが、担当者との相性によって合う人・合わない人がいたりします。

全体的に考えると転職エージェントを利用した方が良いよという評価が多いので、一度利用して損することはないと思います。

パワハラによる退職して転職活動する場合

パワハラによる退職して転職活動する場合、必ず面接を行うことになります。

その時に、パワハラによる退職したことを正直に伝えるか伝えないほうがいいか迷うことがあります。

結論としては、パワハラによる退職したことを面接で伝えないほうがいいと思います。

理由としては、面接でパワハラによる退職したことを伝えることでネガティブ理由として考えマイナス評価にされてしまう可能性があるのと人間関係で辞めたからうちの会社でも同じように人間関係で辞めてしまうのではないかと考えてしまいマイナス評価としてスコアを付けられてしまう可能性があるからです。

転職活動の面接のときにネガティブ理由を伝えるのではなく「スキルアップのため」「新しい仕事に挑戦したい」「御社の事業の将来性」などのポジティブ理由にやる気、熱意、自分は御社に入社してこういう人になるというキャリアビジョンが明確にすることが大切です。

今までの経歴を振り返って、今後の仕事にどう貢献していくかの具体的に考えることも必要でしょう。

まとめ

パワハラによって退職しても転職は成功できますということを解説しました。

もし、パワハラを受けて精神的に耐えられないと考えた場合、すぐ転職に視野を入れた方がいいです。

我慢しても、根本的に解決ができず、自分自身がうつ病になり転職活動ができなくなる可能性があるということです。

パワハラによって退職しても転職に成功する方法は、転職エージェントを利用して相談することです。

自分の退職理由・希望職種などを伝えて、担当者が希望に合う求人を紹介していただいたり、転職活動する上でのアドバイスをいただいたりします。

人によって転職エージェント合う・合わないあると思いますが、一度足を運んで経験して損はないと考えています。

面接の時は、パワハラによって退職は伝えず、「スキルアップのため」「新しい仕事に挑戦したい」「御社の事業の将来性」などのポジティブな理由で対応しましょう。

自分の中で納得のいく転職活動を行い、良い就職先が見つかり良好な生活ができることを祈っています。

関連記事

在職中のまま転職活動した方が良い理由