郵便局の保管期限と延長する方法

郵便局 保管期限

宅配便は、いくつかありますが、日本郵政のゆうパックで配送される
ことがあります。

その時に、問題になるのが、仕事・学校・アルバイトなど
で忙しく受けとれないことがあります。

今回は、郵便局の保管期限と延長方法を紹介していきます。

郵便局の保管期限は7日

郵便局の保管期限は7日となります。

一回目、配送された翌日から数えて7日となります。

保管期限は7日を過ぎると、差出人の方に
戻ってしまいます。

特に個人間でやりとりしている場合は、
追加で送料が発生しますので、

注意が必要です。

保管期限の延長方法

保管期限は7日の間に受けとるのが難しい場合は、延長申請をします。

荷物を受け取る郵便局に連絡を入れると3日延長になり、
保管期限が10日になります。

長期保管の場合

保管期限10日の間も受け取るのが難しい場合は、
不在届を提出する必要があります。

荷物を受け取る郵便局の窓口で不在届の旨を伝えると、
担当の方が指示をしてくれますので、指示に従って手続きを行います。

不在届を提出すると最大30日間まで延長することができます。

まとめ

郵便局の保管期限は、7日となっています。

荷物を受け取る郵便局に保管期限延長の連絡を
入れると3日延長になり、10日間になります。

長期保管したい場合は、不在届を郵便局に提出することで
最大30日間まで延長することができます。

用事があって荷物を受け取ることができない場合は、
早めに上記の手続きを取るようにしましょう。

関連記事

ゆうパックの発送方法を紹介

ゆうパックスマホ割の使い方を紹介

ゆうパックのコンビニ受け取り方法を紹介

ゆうパックの当日配送する方法

ゆうパックを自分宛に送ることができるか?