仕事が嫌だと思ったら考えるべきこと

仕事が嫌

仕事をしているとある時に仕事が嫌だなと思うことが出てくることがあります。

その時に、考えるべきことをお伝えします。



仕事が嫌だと思ったら考えるべきこと

仕事が嫌だと思うのは、仕事の何が嫌なのかです。

具体的には

  • 人間関係が上手くいかない
  • 給料が安い
  • ブラック企業
  • 仕事内容に不満がある
  • コロナの影響による変化
  • 満員電車が嫌
  • 会社に出社するのが嫌

です。

人間関係が上手くいかない

会社に所属していると、人間関係を築くことが必要不可欠です。

最低限のコミュニケーションが必要です。

上司、部下、同期、異性の同僚との相性が良ければ仕事の楽しさが生まれることがあります。

しかし、人間関係の相性が悪かったら、仕事が楽しくなるはずがありません。

1日の大半を仕事の時間になるので、会社の人との相性が大事になります。

人間関係がスムーズにいかないと職場生活が大変になり苦しくなる、生産性が上がらないので転職する理由に十分です。

上司のパワハラ、異性の同僚からのセクハラ、ぎくしゃくした同僚との関係は、転職することで解決できます。

しかし、一人で仕事をしていきたい、合わない上司、同僚、部下と絶対に仕事したくないとなると、会社員は基本人間関係構築が必要になるので、転職しても解決できません。

優良な転職エージェントを使えば、未来の上司との面談のチャンスを、複数回設けてもらうことも可能です。

異動、転勤のある会社であれば、自分・上司が異動、転勤になる可能性があるので、解決できる場合があります。

一人で仕事をしていきたい場合は、サラリーマンではなく独立することで自分のペースで好きな人と仕事ができます。

独立は、収入が不安定というデメリットがあります。

そこを考慮して検討してみてください。

給料が安い

仕事を一生懸命して取り組んでいるのに給料が少ないとガッカリすることが出てきたりします。

働かないおじさんがいて、何もしていないのに、自分より給料が1.5倍だった、2倍だったということが少なくありません。

一生懸命仕事しているのに給料が見合っていない、ボーナスカットによって年収が下がった、仕事と給料に合った仕事にしたくて今の状況が嫌だなと思ったりします。

給料に関しては、基本的に転職で解決できます。

転職に関しては、給与交渉も可能ですし、見合った給料でなければ「転職しない」という選択ができます。

在職中の転職活動は、「イヤなら断れる」という点がかなり有利です。

オススメ転職エージェントは、

です。

こういうエージェントに登録しておけば、年収アップの案件を色々と紹介してもらえます。

給料の良い・悪いと、仕事のきつい・ラクも無関係です。

給料に納得がいかない人は、転職することが解決できます。

しかし、希望する年収の求人選考に受からない、絶対額ではなく、相対的な比較が気になる場合は、転職しても解決できない可能性があります。

希望する年収の求人選考に受からないは、そもそも「現在の給料が、市場価値と釣り合っている」パターンです。

この場合、年収を上げるには、人財価値を上げていき、転職市場で評価されるように能力を身に着けていくしかありません。

現在のスキルで応募可能な求人の年収レベル、年収を上げるために、必要なスキル・資格・経験などを転職エージェントとの面談でヒアリングしてみて下さい。

ブラック企業

長時間労働、残業が多い、サービス残業、休日出勤があることです。

長時間労働、残業が多い、サービス残業、休日出勤があるなどのブラック労働は、心と体が不調を起こし、仕事に力が入らくなってしまっている可能性があります。

疲労が溜まっているが休める気配がない、疲労が溜まっていて休んでも休まらない、頭が回らなくなったり、何で仕事しているのだろうか、自分はこのままでいいのだろうか、仕事が嫌になるなと思ってきたりします。

この時点で、心と体に異変が起きていると考えてください。

長時間労働、残業が多い、サービス残業、休日出勤が避けられない場合は、転職した方が良いでしょう。

現在は、働き方改革に積極的に取り組んでいる会社が沢山あります。

最低でも、サービス残業などの法令違反がおこらないよう、コンプライアンスを整備している会社は珍しくありません。

パワハラ、セクハラ、職場いじめなども同じです。

転職エージェントを使う・ネットの口コミをチェックするといった工夫をして、今よりも良い職場を見つけていきましょう。

会社に入社すると必ず不満が出てきます。

わかることは、不満ゼロの会社はほとんど存在しないということがわかります。

自分の思い通りに仕事していきたいと考えている場合は、転職より独立・起業して自分のビジネスを作るしかありません。

独立・起業した場合でさえ、取引先との関係・収入の不安定さなど、様々な不満・不安は出てくることと思われるので、会社に所属する、独立・起業をすることは、どちらを選ぶにしても、難しいところは存在します。



仕事内容に不満がある

仕事をしていると退屈、成長を感じない、好きになれない、どうしても嫌い、ワクワクしない、マンネリ化しているなど仕事の内容と相性の問題から今より適性のある仕事をしたいと思ったりします。

どんな人にも、どんな仕事にも、向き・不向きがあります。

向いている仕事は、楽で、楽しくて、成果が上がりやすいです。

向いていない仕事は、大変で、つまらなくて、成果が上がりにくいです。

自分で、向いていない仕事が何か分析をして向いていない仕事を捨てること、向いている仕事を選ぶことがとても重要です。

日本の新卒採用の多くは、総合職です。

研修をして、研修が終わったら、それぞれの配属先で働くという流れになります。

あなたは○○部ですと言われ、与えられた仕事からスタートするしかないので不利になります。

転職の場合、○○部と記載されているので、向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事を選ぶことができます。

ただし、会社によっては、異動があることがあります。

会社に向いている仕事がある部署に行きたいとお願いをして部署異動するのも良いです。

総合職の場合、数年に一度、他の部署に異動して与えられた仕事をこなしていくことになります。

転職後に向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事に所属できたけど、異動の時期が来たら、他の部署に行くことになってしまったというケースが少なくありません。

そうなった場合、向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事に転職できるようにスキルを磨くことと合ったタイミングで取り組んでいきましょう。

コロナの影響による変化

新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、会社によってさまざまな対応に迫られました。

営業自粛、時短営業、パーテーションの設置、アルコール消毒、検温、換気、リモートワークの導入、時差出勤などです。

コロナ禍によって、リストラが加速し、ホンダ、パナソニックなどの有名大手企業のリストラが相次いでいます。

売上も上がっている所もありますが、なかなか昔みたいな売上に戻すことが難しいとなっている企業が多いです。

そういった状況でこのまま仕事してもいいのだろうかと考えて仕事に手がつかないということがあります。

仕事に手がつかないということは仕事に対してのモチベーションが下がっています。

厳しい状況の中、顧客を守るのか、従業員を守るのかという戦いでこれ以上ここで働くのは限界かなと感じて、転職希望しているひとは増えています。

満員電車が嫌

仕事が嫌というより、会社にいくまでの過程が嫌だというパターンです。

満員電車は、ぎゅうぎゅう詰めで電車が動くので、動くたびに圧迫感を感じてストレスになり、会社に行くまでに疲弊することもあるでしょう。

ホームまで混雑していると人をよけて歩くにもできずぶつかってくることもあります。

ぶつかっている状況に対してのストレスがかかります。

メンタルの状況が悪い場合は、気分が落ち込んでしまい、気持ち悪くなってホームに降りたくなるぐらいひどいこともあったりします。

会社で終業時間が決まっていて、どうしても時間帯が変えられないとなると、転職か起業・独立するのを検討しましょう。

転職は、ラッシュ時間をさけることのできる時間帯の会社、フレックスタイム制を採用している会社、リモートワークをしている会社です。

フレックスタイム制とは、労働者が出勤・退勤時間を自由に決められる制度です。

起業・独立は、電車に乗らない場所で仕事をするまたはリモートワークでできるような仕事にすると良いでしょう。



会社に出社するのが嫌

会社の中で仕事するのが嫌だという人が増えてきています。

コロナ禍によって、ウイルス感染拡大してきて、電車に乗って、会社まで通勤するのがリスクで、そこまでして仕事したくないなと思ったりします。

嫌な上司、同期、部下、異性の同僚と会社内で仕事をしていくのが苦痛で仕方がないから、
落ち着いた場所で仕事をしたいと思ったりします。

通勤時間がもったいないと感じて、毎日往復2時間、3時間あったら他にやりたいことがあるのに、会社まで通うとなるとストレスでしかないという気持ちになったりします。

最初の緊急事態宣言の時は、リモートワークで良かったのが、withコロナになって、会社で働く方向になり、働き方が変わってしまったということがあります。

他にも、上司がリモートワークという働き方が嫌で会社で仕事するべきと決められたため、上司の命令に答えなければならず、仕方なく会社で仕事することがあったりします。

落ち着いた空間である自宅から仕事ができたらいいなと思い転職希望者が増えてきています。

会社の方針でどうしてもリモートワークができないとなると、自分で環境を変えるしか方法ありませんので、転職か起業・独立するのを検討しましょう。

転職、起業・独立にしても、自宅でできる環境でできる仕事をしていきましょう。

まとめ

仕事が嫌だと思ったら考えるべきことについてお伝えしました。

仕事が嫌だと思うのは、仕事の何が嫌なのかです。

具体的には

  • 人間関係が上手くいかない
  • 給料が安い
  • ブラック企業
  • 仕事内容に不満がある
  • コロナの影響による変化
  • 満員電車が嫌
  • 会社に出社するのが嫌

です。

一度立ち止まって考えてみるのも一つの手ですが、行動していくことが大切です。

行動しなれば今の状況と変わらないので悩みの解決ができません。

転職を検討している場合は、とりあえず、就職活動をしてみて自分の市場価値がどうなのか、上手くいかなければ、合うタイミングまで待つのと、スキルを磨く、経験をしていくなど行うなどの行動が必要になります。

就職活動する前に、

に相談して良い転職先に就職できるようにサポートしてくれます。

転職は、人生において大きな決断、行動になってきます。

正解かどうかは行動しなければ何も生まれません。

転職を視野に入れていると考えて仕事をすると選択肢がもてるようになるので、ここの職場しかないという限定的な状況と比べて、ストレスが軽減されるのではないでしょうか。

起業・独立を検討している場合は、自分のペースで好きな人と仕事をして充実した生活を手に入れましょう。

ただし、取引先との関係・収入の不安定さなど、様々な不満・不安は出てくることと思われるので、会社に所属する、独立・起業をすることは、どちらを選ぶにしても、難しいところは存在することも考えましょう。

在職中 転職活動 方法
スキル 資格 転職
独立 失敗