仕事が辛い辞めたいと思ったら転職を検討しよう

転職 辛い 辞めたい

仕事をしていると仕事辛いな、辞めたいなと思うことがあります。

仕事が辛い辞めたいと思ったら転職を検討しましょう。

転職以外にも方法があるので、合わせてお伝えします。



仕事の何が辛いのか

仕事する時に何がつらいのか考えてみましょう。

考えられるのは、

  • 人間関係
  • 仕事内容が合わない
  • 残業が多い

です。

人間関係

会社に所属すると人間関係は大事になってきます。

仕事は、人と人の繋がりで行われています。

人間関係が上手くいかないと仕事も上手くいきません。

分かりやすい例でいうと、パワハラ、セクハラです。

仕事をしているとミスや失敗はあります。

指摘をして的確に指導している上司であれば成長に繋がります。

しかし、指摘を間違えて「罵倒」や「叱責」を繰り返しているケースがあったりします。

上司が感情的に怒鳴る、人格否定することは、パワハラにあたります。

パワハラに怯えながら仕事するのは、辛く感じます。

セクハラも同じです。

上司が的確の指導だと思っていたとしても、本人が不快にセクハラと思ったらセクハラです。

本人が嫌がっているのに性的な言動したり、性的なからかい・冗談、頻繁に食事やデートを誘ってくるなどされたら、仕事が辛いとなってしまいます。

会社に行くとあの上司にまたセクハラの被害を受けてしまうのではないか、仕事するのが嫌になってきます。

パワハラ、セクハラは、上司に相談することで変わるパターンがあります。

上司に相談しても動かないパターンもあります。

上司に相談しても動かないパターンは、相手を変えようにも変えることができません。

相手を変えるのは、相手の気持ち次第になります。

仕事内容が合わない

仕事内容が自分の能力に見合っていないから仕事が辛く感じることがあります。

仕事が簡単で達成感を感じることがなく、もっとチャレンジできる所に行きたいと考えるようになります。

反対に、仕事が難しくて成果を上げられず、ついていけなくなり、別のところで仕事内容があうところにチャレンジしていきたいと考えます。

仕事内容が自分の能力に見合っていないとやりがいを見つけることができません。

合わない仕事をしていると「なんでこんな仕事をしているのだろうか」と疑問に思って働くようになります。

苦痛が続いてしまい、体を壊す可能性があります。

何もしたくなくなったりします。

残業が多い

一人あたりの仕事量が多すぎてどう考えても長時間労働しなければならない。

自分にだけ仕事を振られて仕事量が増えて長時間労働しなければならない。

残業して当たり前という空気の会社である。

長い時間働いてもサービス残業として残業代が支給されない。

など職場の労働環境の悪さから、仕事の意欲が削れてしまい、疲れが取れず、心身ともに悪い影響することが出てきます。

平日は帰って寝るだけ、土日は出かける元気がなく何もする気が起きない、休みの日でも何も楽しく感じないなど、気持ちをリフレッシュすることができず、という状況ではメンタルが回復できません。

残業が続いて疲れてしまい、プライベートの時間がなく、何をすることもできず、仕事辛いから辞めようかなと思ってしまいます。

仕事が辛い辞めたいと思ったらどうするのか

仕事が辛い辞めたいと思ったらどうするのか考えていきましょう。

対処法は、

  • 転職を検討する
  • 周りを気にしない
  • 誰かに相談する
  • 部署異動を考える
  • 仕事を休む
  • 病院に行く

です。

転職を検討する

仕事をして辛いと思ったら、何かが辛いことがあって、辛いと感じていることです。

辛いことが続いて、仕事辞めたいなと考えるようになります。

仕事を続けることが難しいと思ったら転職を検討しましょう。

転職活動には、転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメ転職エージェントは、

です。

相談して、転職市場がどうなのか、応募できる求人はあるのか、他の会社はどんな感じなのか、自分の希望できる条件はどのぐらいあるのか、市場価値どれぐらいなのかなど教えてくれます。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

周りを気にしない

周囲からの評価や他人の目を気にしすぎないことが大切です。

上司から悪く思われるのではないかと思われますが、無理なことは無理とハッキリ言った方がいいです。

周りは、この人に頼めば何とかしてくれると思われてしまうことがあります。

自分がどのぐらいキャパシティあるのか周りは分かりません。

周囲の視線を気にしていると、仕事のパフォーマンスが低下して、ミスに繋がってしまいます。

価値観や捉え方は人によって異なります。

自分と比べないこと。

比べたとしても上には上がいるので比べてばかりいてもきりがありません。

自分には才能が無い、自分はダメな人間だとネガティブにならないことです。

自己肯定感を高めて自分を責めないで日々生活していくことが大切です。

誰かに相談する

気心の知れた友人に相談する、同じ職場の同僚や先輩に相談する、両親に相談するのもいいでしょう。

上司に相談すると解決できる場合があります。

誰かに相談することで気持ちがスッキリして心が軽くなります。

仕事が辛いと感じたら、1人で抱え込まず、素直に相談しましょう。

部署異動を考える

今働いている会社の部署に原因があるなら、部署異動を考えてみましょう。

同じ会社でも部署が変わると人間関係、働いている環境が変わります。

会社によっては、部署異動できないこともあります。

部署異動できるかどうか、人事担当者などに相談してみてください。

転職と同様に自分で変わろうと思うことができれば、変わることができます。

仕事を休む

心身共に疲れてしまい限界を感じたら、仕事を休むことです。

明日仕事に行かないと周りに迷惑をかけてしまうかもしれない、仕事休んだらいろいろ問題になりそうなど考えてしまうことがあるかもしれません。

しかし、無理して、仕事に行っても、良くなることはありません。

あなたがいなければ会社が回らないのは、会社の経営に問題があります。

誰かが何かあったとしても穴を埋めるように上手くまわるようにしなければなりません。

気にする必要はありません。

心身共に疲れているということは、メンタル疾患になっている可能性があります。

仕事に行こうと考えていても体がいうこと聞かなくなる状態は、心身によるSOSです。

ストレスの原因となっているところから離れて、ゆっくり安静することです。

有給、欠勤、半休、時間休、病休、休職といった休みがあるので、活用してしっかり休むことに集中することが大切です。

自分を大切にしていきましょう。

病院に行く

仕事を休んでも心身に影響が出ている場合は、病院に行くようにしましょう。

まとまった休みを取っても何も変わらければ、慢性的なメンタル疾患になっているので、心療内科や精神科などメンタル関係の病院にいくことをオススメします。

仕事するのが辛い、どうすればいいのか分からなくなってきたりします。

心療内科や精神科の医師に相談してストレスへの対処を教えてくれたり、症状によって薬が異なるので、適切な薬を処方してくれます。

メンタル関係は、すぐに治るものではないので、時間がかかります。

精神科や心療内科に通うお金が無いということもあるかもしれません。

自立支援医療制度という診察の代金や薬の代金にかかる自己負担を減らしてくれる制度です。

自立支援医療制度を必ず申請して、経済的に負担を少なくしてから通院しましょう。

休職をしている場合は、傷病手当金を申請しましょう。

休職していると会社から給料が振り込まれません。

傷病手当金の申請書を健康保険協会に送ると代わりに健康保険協会から傷病手当金を受け取ることができます。

健康保険証に入っている保険なので上手く活用していきましょう。

まとめ

仕事が辛い辞めたいと思ったら転職を検討しましょう。

転職活動には、転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメ転職エージェントは、

です。

転職以外でも、

  • 周りを気にしない
  • 誰かに相談する
  • 部署異動を考える
  • 仕事を休む
  • 病院に行く

上記が対処法になります。

何が仕事が辛いと思って辞めるのか考えてみましょう。

考えられるのは、

  • 人間関係
  • 仕事内容が合わない
  • 残業が多い

です。

何か行動することで人生変わっていきます。

何もしなければ変わりません。

後悔はなく今後の自分の人生に向けて必要なことです。

納得のできる選択をして良い道を進んでいきましょう。

応援しています。

パワハラ 転職 成功
セクハラ 転職
長時間労働 つらい