副業が会社にばれない方法を紹介!

副業 ばれない 方法

政府では、「働き方改革実行計画」により副業推進されていて、
企業の方で副業がOKな所も増えてきています。

一方、まだ副業が禁止という企業も沢山あります。

少しでも収入を上げたい、スキルを磨きたいなどで副業をしていきたい
方へ副業が会社にばれない方法を紹介します。

なぜ副業が会社にばれるのか

なぜ副業が会社にばれるのか気になる所だと思います。

会社勤めの場合、毎月会社の給与から住民税、所得税の
税金が引かれる仕組みとなっています。

毎月会社の給与から税金が引かれる仕組みを特別徴収といいます。

自分で税金を納める手続きを行わないと、会社の給与と副業の収入が
合算され収入に応じて特別徴収が行われるので副業がしていること
が会社にばれてしまう
ということです。

どのようなことで副業が会社にばれるのか

どのようなことで副業が会社にばれるのか3つあります。

1つ目は、副業で所得が年間20万円以上で確定申告を
行っていない、また確定申告の用紙に住民税の徴収方法という
ところを、「自分で納付(普通徴収)」を選んでいない場合。

2つ目、副業で所得が年間20万円以下で、確定申告不要で市役所に行って
住民税申告、「自分で納付(普通徴収)」の申請を行っていない場合。

3つ目、業がアルバイトをしている場合、会社と同じ給与所得となりますので
市区町村が合算した後にまとめて本業会社の方に通知されてしまいます。

副業が会社にばれないように必要なことは

副業が会社にばれないように必要なことはケースによって異なります。

1つ目の副業で所得が年間20万円以上で確定申告を
行っていない、また確定申告の用紙に住民税の徴収方法という
ところを、「自分で納付(普通徴収)」を選んでいない場合
は、

必ず確定申告を行うようにしましょう。
また確定申告の用紙に住民税の徴収方法というところを
「自分で納付(普通徴収)」に選ぶこと
です。

「自分で納付(普通徴収)」に選ぶことで副業の収入に
応じた所得税・住民税を自分で納める流れになります。

「自分で納付(普通徴収)」を選ばないと特別徴収となり
会社と副業の収入が合算されまとめて会社に通知されてしまうからです。

念には念をということで後日、市役所に普通徴収になっているか連絡を
入れるのも良い
です。

2つ目、副業で所得が年間20万円以下で、確定申告不要で市役所に行って
住民税申告、「自分で納付(普通徴収)」の申請を行っていない場合。

よくあるのが確定申告は、所得が年間20万円以下の場合、
確定申告は不要になり、これで副業がばれないと思っている方が
いらっしゃいます。

所得が年間20万円以下の場合、確定申告は必要がありませんが、
市役所にいって住民税申告、自分で納付(普通徴収)の申請を行う
必要
があります。

住民税申告していない、自分で納付(普通徴収)を選んでいないので
特別徴収になり、会社と副業の収入が合算されまとめて会社に通知され
てしまいます。

1つ目と同様、念には念をということで後日、市役所に普通徴収になって
いるか連絡を入れるのも良い
です。

3つ目、副業がアルバイトをしている場合に関しては、とても難しいです。

わずかな可能性としてアルバイト先・市役所に行って、アルバイトの収入の税金を普通徴収に切り替えたいと直談判することです。

市役所によって副業が給与所得でも別々に計算され、普通徴収に切り替える
可能性があるそうです。

注意点

会社の同僚に副業していることは絶対に言わないようにしましょう。
会社の同僚から話が周りに広がりばれてしまう可能性があります。

副業する上で普通徴収に切り替える手続きは、2月15日から3月14日の確定申告期間に行いましょう。

とても大変ですが、毎年、普通徴収の申告手続きをする必要があるようです。

ほとんどは、普通徴収の申告をすると会社に副業していることがばれることは
ありませんが、もし会社に副業していることがばれてしまった場合、
確定申告をしたと答えましょう。理由聞かれたら、ふるさと納税により
確定申告を行ったと答えると有効だそうです。

関連記事

副業の始め方!副業する上で必要な事!

これから副業始める方へオススメを紹介!

残業と副業どっちが手取り多いのか検証してみた

サラリーマンに副業をおすすめする理由

収入が複数あると気持ちに余裕が生まれる