ストーカー被害にあったら相談しましょう

ストーカー 被害 相談

元交際相手がつきまとってくる、インフルエンサーのファンがつきまとってくる、家に来るなどストーカー被害があった場合は、知人、友達、両親、警察、弁護士に相談しましょう。

ストーカー被害①

インフルエンサーの方でいつもはタクシーで帰宅していたのがたまたま電車に乗って帰宅しようとして、住んでいる最寄駅に降りて帰ろうとしたら、後ろからずっとついてきて怖かったという話です。

恐らくたまたま電車で見かけてついていこうと思ったのではないでしょうか。

気になるインフルエンサーがいたとなると気持ちが高まることもあるかもしれません。

しかし、ずっとついていくのはストーカーになってしまいます。

結局、タクシーを呼んでぐるぐる回って帰宅したそうです。

インフルエンサーの人のストーカー被害が多くなっています。

ストーカーというと女性が被害を受けているイメージを持たれているかもしれませんが、男性も被害にあっています。

あまりに何度もついていく、家に来るようであれば、知人、友達、両親、警察に相談しましょう。

ストーカー被害②

ネットストーカーをして住所特定して女子にわいせつな行為の被害を受けました。

女性は、ネットストーカーをした人に住所を教えてはいません。

なぜわかったかというと女性の顔写真の瞳に映った風景から自宅の住所を割り出したということです。

SNSにあがっている写真の瞳に反射した景色に似ている駅をGoogleストリートビューから特定し犯行に及んだとのこと。

住所特定されて家に押しかけるような行為があったり、うろついている場合は、警察署に相談しましょう。

SNS投稿にも注意が必要です。

近所の写真を投稿を控えた方が良いです。

近所の写真を投稿することで、そこから住所特定されてしまう恐れがあります。

「近所の○○が火事になった」「うちの学校に○○(有名人)が来た」という投稿を小さい事と思っていても、調べると特定される可能性が高いです。

後、住所特定されている以上何回も来る可能性があるので引っ越しを視野に入れましょう。

ストーカー被害③

男女の別れ話によって、男性が豹変してストーカー行為を繰り返し行い最終的に女性を攻撃した事件です。

こちらの事件は、警察に相談して、男性に警告しました。

しかし、男性は無視して電話で女性に接触しようとします。

ストーカー規制法に基づく禁止命令を出しました。

警察からの経過を確認したところ異常はなかった。

少し経過してから女性を攻撃したということです。

このケースは難しい問題です。

警察に相談して、警告、ストーカー規制法に基づく禁止命令を出したのに関わらず無視をして相手に攻撃してきました。

男女の別れ話になったら、弁護士などに相談して、直接話し合うのではなく、第三者を通して、話を進めていくことが大切です。

弁護士だけでなく両親で対応することも可能です。

しかし、両親が冷静な対応ができるというのが前提となります。

お互いの言い分を聞いて、少し気持ちを落ち着かせて冷静に進めていくことです。

第三者を通すからといってブロックをする・着信拒否をすることは相手を刺激してしまう可能性があります。

ブロック・着信拒否をしないで言いたいことは第三者に伝えるようにします。

相手が必ずしも冷静になるとは限らないので、直接言ってくるようであれば、警察に相談して警告を受けるようにします。

そうすることで、相手も動きが変わっていきます。

今より被害を少なくすることができます。

ストーカー規制法の拡大・強化

ストーカー規制法は、昔はありませんでした。

ここ20年ぐらいでストーカーによる事件によって、ストーカー規制法の拡大・強化されました。

  • ストーカー規制法制定(2000年)
  • メールへの規制(2013年)
  • SNSブログへの書き込みなども規制(2016年)

ストーカー規制法改正2021年6月15日より

住居、勤務先、学校など通常にいる場所に加えて、あなたが実際にいる場所の付近において見張る、押しかける、みだりにうろつく行為が新たに規制の対象となります。

電話、FAX、電子メール、SNSメッセージに加え、拒まれたにもかかわらず、連続して、文書を送る行為が当たらに規制対象となります。

ストーカー規制法改正2021年8月26日より

あなたの承諾なく、あなたの所持する位置情報記録・通信送信装置(GPS機器など)の位置情報を取得する行為

あなたの承諾なく、あなたの所持する位置情報記録・通信送信装置(GPS機器など)の位置情報を取り付ける行為

が新たに規制対象となります。

これらに該当する行為は、警告・禁止命令などの対象になります。

ストーカー行為は、次第にエスカレートして、凶悪な犯罪に発展する恐れがあります。

1人で悩まず早めに相談しましょう。

緊急時110番通報、その他最寄りの警察署です。

別れ話のストーカーは、第三者を通して相談

警察に相談したとしてもストーカー被害③のように、無視をして攻撃をすることも少なくありません。

ストーカー被害③の事例のように、男女の別れ話になったら、弁護士などに相談して、直接話し合うのではなく、第三者を通して、話を進めていくことです。

直接では、感情のぶつかり合いになって冷静になりにくいので、第三者を通して、言いたいことを伝えます。

言いたいことを伝えることで直接より落ち着いた状態で話しを進めることができるので被害が少なくなりそうです。

大事なのは、ブロックをしない・着信拒否をしないことです。

ストーカー加害者の個別対応が必要

警察、弁護士などに相談しても無視をして攻撃してくることもあります。

相手の性格、今の感情によって異なるからです。

その場合は、どうすればストーカー加害者は冷静で落ち着いた状況に持っていけるのかが大切です。

カウンセリングを利用して個別の対応で精神面をコントロールして良い方向に持っていけるようにしていくことです。

予算、人員の問題があるので課題が残りそうです。

最終手段GPS埋め込むしかない

色んな手段の中でも対応できない。

何でも無視して攻撃的になる一方である場合は、GPS埋め込むしかないです。

加害者・被害者をGPSを埋め込み一定の距離より近づいたら自動で警察に通報される仕組みにして注意を受けるようにします。

そうすることで今よりも被害を少なくすることができます。

ただし、男女間トラブルに対しての対策です。

不特定多数では効果ありません。

最後に

元交際相手がつきまとってくる、家に来るなどストーカー被害があった場合は、知人、友達、両親、警察、弁護士に相談しましょう。

男女間の場合は、弁護士など第三者を通して相談しましょう。

政府側は、ストーカー加害者の個別対応、GPSの埋め込みなど実現できるのか気になるところです。

最近、ストーカーによる被害が出てきていますので、日々気を付けて過ごしていきましょう。