日曜日の夜に憂鬱で仕事ばかり考える人への対策

日曜日 憂鬱 仕事

日曜日の昼までは何となく過ごしているけど、日曜日の夜になると突然、明日の仕事を考えるようになり憂鬱になる経験はありませんか。

休日という非日常が送ることができて幸せを感じていたのが、あっという間に終わってしまい、すぐ月曜日になって現実に戻るようなサイクルで動いています。

そういったことを「サザエさん症候群」「ブルーマンデー症候群」などと呼ばれています。

この記事では、日曜日の夜に憂鬱を軽減するための対策を紹介していきます。



日曜日の夜に憂鬱で仕事ばかり考える人への対策

日曜日の夜に憂鬱で仕事ばかり考える人への対策は以下のとおりになります。

  • 月曜日の楽しみを作る
  • 休日にストレス発散する
  • 日曜日の夜の空白時間を作らない
  • 次の休みの予定を立てる

詳しく解説していきます。

月曜日の楽しみを作る

月曜日は、仕事の始まり、スタートダッシュとなるので、モチベーションを上げるために、出社前、出社後と楽しみを作っていきましょう。

  • 朝に美味しいパンを食べる
  • 朝に美味しい飲み物を飲む
  • 一番好きな音楽を聴いてテンションを上げる
  • 好きな香水をつける
  • 好きな動画を見る
  • 好きなテレビを見る
  • 会社終わったら自分にご褒美

などで気を紛らわしていきましょう。

休日にストレス発散する

休日にしっかりストレスを発散して、月曜日を気持ちよく迎えることができます。

ストレス発散する方法は、

  • 面白い動画を見る
  • 音楽を聴く
  • 自宅、公園、ジムなどで運動する
  • しっかり寝る
  • ストレスを感じていることを紙に書く
  • カラオケで歌を歌う
  • 贅沢な食事をする
  • 温泉に行く
  • マッサージをする
  • 海を眺める
  • 景色を眺める
  • ゲームをする
  • ドライブをする
  • 友達と電話する

など、他にも沢山あります。

自分に合った方法でストレスを発散していきましょう。

日曜日の夜の空白時間を作らない

日曜日の夜の空白時間を作らないことが、憂鬱になって仕事のことばかり考えないようにするコツではないかなと思います。

夕方から夜は、朝昼と比べると気持ちが沈みやすい傾向にあるので、何もせずぼーっと考えると仕事のことばかり考えてしまうので、暇な時間を、何かに取り組むことが重要です。

取り組むことは、難しいことをする必要はありません。

ストレスを発散するのと同じように、

  • 面白い動画を見る
  • 音楽を聴く
  • 自宅、公園、ジムなどで運動する
  • しっかり寝る
  • ストレスを感じていることを紙に書く
  • カラオケで歌を歌う
  • 贅沢な食事をする
  • 温泉に行く
  • マッサージをする
  • 海を眺める
  • 景色を眺める
  • ゲームをする
  • ドライブをする
  • 友達と電話する

などで自分の好きなことを空白の時間を埋めることで、少し憂鬱な気分が軽くなると思います。

次の休みの予定を立てる

土日というひとつの区切りとして、また月曜日から始まる1週間仕事というのは長く感じてしまいます。

次の土日は好きな事をしようと思いながら、気持ちを高めていきましょう。

土日まで長すぎるという人は、真ん中の水曜日を区切りにして、会社終わりに楽しみな予定を入れたり、休養のため早めに帰社するなど自分でルールを設けるのも良いです。



日曜日の夜に憂鬱で死を考えるようになっている人

日曜日の夜に憂鬱で死を考えるようになっている人は、心の病にかかっている可能性があります。

以下に示すことが一つでもあれば、心の病の症状になっています。

  • 1日中気分が落ち込んでいる
  • 胸が締め付けられる感覚がある
  • 自宅、公園、ジムなどで運動する
  • 休日でも楽しめない、喜びを感じない
  • 何も興味がない
  • 1日中ネガティブ思考
  • 誰とも会いたくない
  • 生きていく意味が無いと考えてしまう
  • 食欲がない
  • 考えすぎて眠れない
  • 動悸がする
  • 頭が重い

など、長期的に続いている場合は、うつ病になり、今後の生活に大きく影響してしまいます。

そういう状況の場合は、対策するより相談窓口で相談して少しでも心のケアをしていきましょう。

相談先窓口

こころの耳:心のケアを中心とした相談窓口を紹介してもらえます。

働く人の悩みホットライン:仕事・暮らしなどのさまざまな悩みを相談ができます。

いのちの電話:死を考えてしまう気持ち、悩みなどを電話相談ができます。

お近くの心療内科に受診することも相談先窓口として相談してみましょう。

どうしても会社のことが嫌でしょうがない

  • 月曜日の楽しみを作る
  • 休日にストレス発散する
  • 日曜日の夜の空白時間を作らない
  • 次の休みの予定を立てる

を取り組んでも会社のことが嫌でしょうがないと思ったら悩まず、会社を辞めることを検討していきましょう。

心身ともに疲れて健康に影響を及ぼしている可能性がありますので、無理して会社に行っても改善されることはありません。

自分の健康は自分で守っていくしかありません。

会社のことが嫌でしょうがない

会社のことが嫌でしょうがないということは、今やっている仕事、会社の環境が好きではないかもしれません。

環境を変えない限り、続けていても、嫌な状況を変えることはできません。

そういった場合は、転職することを検討していきましょう。

転職する時は、「転職エージェント」を利用することをオススメします。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

転職エージェント担当者に相談することで希望に合った求人を紹介してくれたりします。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

自分の考えで行動していきましょう。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

オススメ転職エージェントは、

です。

まとめ

日曜日の夜に憂鬱を軽減するための対策を紹介していきました。

日曜日の夜に憂鬱を軽減するための対策として

  • 月曜日の楽しみを作る
  • 休日にストレス発散する
  • 日曜日の夜の空白時間を作らない
  • 次の休みの予定を立てる

4つ挙げました。

日曜日の夜に憂鬱で死を考えるようになっている人は、対策するより

で相談してみましょう。

会社のことが嫌でしょうがないから日曜日の夜に憂鬱対策しても意味がないという場合は、今やっている仕事、会社の環境が好きではないかもしれませんので、転職することを検討していきましょう。

転職する時は、「転職エージェント」を利用することをオススメします。

オススメ転職エージェントは、

です。

この記事により少し気持ちが軽くなることを願っています。

今後の人生を応援しています。

関連記事

うつ病になったら無理せず休職手続きしよう

パワハラによって退職しても転職は成功できます!

パワハラ受けて退職に悩んでいたら退職代行がオススメ!