転勤しなければならなくて退職を検討している

転勤 退職

全国に支社がある会社に入社して1年もしくは数カ月、数年と様々な期間中に仕事をしてきて、ある時、人事異動により他の地方への転勤が決まります。

全国に支店がある会社なので、転勤の可能性があるのは覚悟していたのですが、いざ、人事異動による転勤となった時に新しい土地での仕事がスタートすることに不安が強くなり退職を検討しています。

このような理由で退職したとして次の会社は見つかるのか。

このまま続けた方がいいのでしょうかとよくある質問です。



転勤しなければならなくて退職を検討している質問に対して

結論から申し上げますと続けた方が良いと思います。

新しい土地での生活のことを考えると不安になる気持ちは共感できます。

今回仕事に関しての新しい土地の生活の悩みですが、学生の時で、今まで住んでいるところと違う地方の大学、専門学校などに通うことになった時に、今後、学校生活、新しい土地での生活大丈夫かなと不安に感じたりすることがあったりします。

新卒の時、最初の配属先が決まって、学生の時とは違う土地で生活していく時は、今後、生活できるのだろうかと不安に感じたりします。

新しい環境での不安は、環境の変化することにどうしても感じてしまいます。

今回の転勤は、大きなチャンスになるかもしれません。

今後どうなるか、どういうふうに生活していくのかは、誰も分かりません。

キャリア形成に関する理論の一つに「プランドハップンスタンス理論」というものがあります。

これは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱された考え方で、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」とされています。

その偶然の出来事を、自身の主体性や努力によって最大限に活用する。

結果として、キャリア形成する力に変えていくことができるという理論です。

企業が安定して成長する、終身雇用制度の時代は終わり、ビジネス環境も大きく変化しています。

昔よりもビジネス環境の変化スピードが速くなってきています。

今後、仕事を続けていく中で、自分が思い描いたキャリアとは全く考えられないことがいくつも起こる可能性があります。

これは、今の会社だけに限らず、仮に転職したとしても同じです。

できることは目の前で起きている出来事を良いきっかけとして、取り組んでいき、自分の道を切り開いていく気持ちで、より良い方向にいくことができるかもしれません。

最終的には本人の考え方次第になってきます。

繰り返しになりますが、今の会社、新しい会社に転職をしたとしても、自分が思い描いたキャリアと全く異なることは出てきます。

仕事人生は、今後に大きく変わるので、ゆっくり考えていき、決断をしていきましょう。

転職を考えている場合は

ゆっくり考えてやっぱり転職したいと考えている人は、転職を前向きに転職活動を行いましょう。

忙しいサラリーマンの転職活動は大変ですが、転職エージェントを利用することで、転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで条件に合った求人を紹介してくれることがあるので、効率良く探すことができます。

転職エージェント担当者が応募先企業との間に入り、煩雑な面接時間の調整もしてくれます。

多忙な在職中の転職希望者には心強い味方となります。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

転職エージェントの登録、相談は無料なので、活用して損することは無いと思います。
オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

在職中 転職活動

在職中のまま転職活動した方が良い理由

在職中 転職活動 方法

在職中のまま転職活動する方法