転職回数は何回で厳しい?転職回数が多い人でも成功できる方法

転職 回数

よく気になる疑問で転職回数は何回すると厳しいのか。

転職回数多い人は転職全くできないのか。

などがあります。

現代では、転職することは当たり前になってきています。

転職=悪というのは無いですが、回数というのは気になるところです。

今回、転職回数は何回で厳しいのか、転職回数が多い人でも成功できる方法を紹介します。

転職の実態

2017年1~6月までに新規登録したリクナビNEXTの会員データを年代別に集計したところ、20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。

30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。

4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

40代、50代になるとさらに転職経験者は増加します。

50代になると66%が転職経験者となり、1社のみの業務経験を持つ人は少数派となっています。

これからもっと転職する回数が増えてくるのではないかと予想されます。

転職回数は何回で厳しい?

転職回数は何回で厳しいのかという疑問に対しての答えは、年齢によって異なります。

20代の場合、平均的な転職回数は1~2回程度です。

一般的に1つの会社に3年以上勤めていると企業側は、すぐ辞める人のような悪い印象はありません。

しかし20代でも3回以上転職すると短期間で転職を繰り返しているという印象を受けます。

30代の場合、平均的な転職回数は2~3回程度です。

転職回数が4回以上になると、企業側は転職が多いという印象を受けます。

20代と同様1つの会社に3年以上勤めていると企業側は、問題になりません。

40代・50代は、5~6回以上になると多いとなりそうです。

アルバイトは転職回数にカウントする?

転職回数は、在籍した会社-1で計算できます。

つまり、最初に在籍した会社はカウントしません。

よくある疑問でアルバイトは転職回数にカウントするのかということです。

答えとしては、カウントしません。

正社員、契約社員、派遣社員は転職回数にカウントします。

派遣社員の場合は、派遣先で働いて、数カ月、数年で別の派遣先で働くスタイルです。

派遣先の数ではなく、派遣元を1としてカウントします。

例えば、派遣元が1社登録して派遣先を3つ働いてきました。

この場合は、1としてカウントするということです。

転職回数が多ければ転職できない?

年代別転職回数がどれぐらいで厳しいのかわかりました。

厳しいということは、転職できないのではないかと心配になることもあります。

答えとしては、転職が多くても成功している人がいるので回数関係なく転職できます。

年収240万円からスタートして7社転職して年収1500万円突破したケースがあったりします。

40歳で10回転職に成功した事例もあって転職回数が多いから転職できないのは嘘です。

転職多いのと少ないのではどちらが有利かと言うと一般的には転職回数が少ない人が有利です。

転職回数が多くても今までの経験、スキル、行動力、自己PRなど求職者の魅力を企業側に伝わることができれば内定を勝ち取ることができます。

転職回数が多い人でも成功できる方法

転職回数が多いと転職することが難しくなってきます。

しかし、転職回数が多くても成功している人がいます。

転職回数が多い人で成功できる方法をお伝えします。

退職理由・転職の目的を明確にする

転職したい理由として目的を明確にしてポジティブな意味で伝えるようにしましょう。

間違えて転職回数の多い理由がネガティブな内容にしないようにしましょう。

転職回数に限らず、ネガティブな理由の転職は、面接であまり良く思われないことが多いからです。

転職先の企業で転職できたとしてもまたネガティブなことで転職するのではないかと面接官が不安になってしまいます。

印象が良い伝え方としてポジティブな転職理由にした方が良いです。

例えば、4回転職した人で転職アピールする場合、4回転職したおかげで、このような経験、実績、スキルを身に付けることができましたと伝えると企業側の印象が良いです。

面接の場合は、ポジティブな転職理由で伝えることが大切ですが、書類選考に関しては、企業側にどう受け取るかによります。

面接までいくには、書類選考を突破しなければなりません。

転職回数が多いことが批判な企業のケースでは、選考に進めることが難しくなってしまいます。

ですが、転職した理由が、ポジティブな理由、今までの経験、実績、スキル、自己PRなどでアピールできたら、企業側も将来、会社に貢献してくれるだろうと思ってもらうことができれば、面接に呼ばれる可能性が高まります。

外資系企業に転職

日本企業は、転職回数が多いと入社してもすぐ辞められるのではないかと不安になり不採用になってしまうことがあります。

一方、外資系企業は、日本企業と比べると転職回数の影響が少ないです。

しかし、外資系企業だから転職多ければいいのかというとそうではありません。

もちろん日本企業と同じ、転職回数が少ない方が有利なのは事実です。

転職回数より大事なのは、前述で伝えたとおり、ポジティブな転職理由であることです。

アピールする時に、何社も働いてきて、このような経験、実績、スキルを身に付けることができましたと伝えると企業側の印象が良いです。

職種の一貫性があること

40歳で10回転職に成功した事例でいうと、新卒からずっと経理部として活躍してきたということです。

同じ職種として会社を10回変えています。

最初は、日本企業でその後は外資系企業に転職してキャリアを積んでいます。

転職している人は、性格に問題あるのではないかという意見もありますが、取材を受けている情報では、人格に優れ、人あたりが柔らかく温厚な性格であり、仕事の面でプロ意識も高いとのことです。

理想の上司といってもいい人物でもあり、実際同僚との関係は常に良好だったということです。

経理業務にキャリアを積み上げてきているので即戦力として採用されています。

キャリアとして一貫性がある人は、一貫性があって、専門性が高く、プロフェッショナルとして採用することもあります。

反対に、全く違う業種・職種に転職する場合は、職種の一貫性と比べると転職できる難易度が上がるので、自分で経験してきたキャリアを活かせるところをアピールしていくことが大切です。

軸をずらして転職している

軸をずらして転職しているというのはどういうことかといいますと、年収高い業界や職種にずらして転職していく方法です。

例えば、小売業界の営業から仕入先の商社やメーカーの営業に転職する。

メーカーの営業からマーケティングに部署異動してソフトウェアのマーケティングに転職する。

ソフトウェアのマーケティングから企画へ部署異動することです。

業界・職種によって年収が異なってきます。

年収が高い業界・職種に転職することで年収アップできます。

軸をずらして転職していることも今までの経験を活かし、入社後なりたい自分の目標を伝えることで、前向きで働くことに意欲がある人だと評価されます。

人材不足の業界を選んでいる

帝国データバンクが2022年1月18日から31日にかけて全国24,072社を対象に行なった「人手不足に対する企業の動向調査(2022年1月)」によると、正社員が不足している企業は47.8%で、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年2月と同水準にまで上昇。

業種別では「情報サービス」が65.7%でもっとも不足しています。

他にも「建設」「メンテナンス・警備・検査」「教育サービス」などの業種が60%台と、いずれも深刻な人材不足となっています。

人手不足のため、未経験であったとしても狙い目の転職先となります。

特に研修制度に力を入れていたりする企業を中心に探していき、転職先の候補にすると良いです。

転職エージェントの利用がオススメ

転職回数多いけど転職できるのかどうか気になる人は、転職エージェントの利用をオススメしています。

相談して、転職市場がどうなのか、応募できる求人はあるのか、他の会社はどんな感じなのか、自分の希望できる条件はどのぐらいあるのか、市場価値どれぐらいなのかなど教えてくれます。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

まとめ

転職回数は何回で厳しいのか、転職回数が多い人でも成功できる方法を紹介しました。

転職回数は何回で厳しいのかという疑問に対しての答えは、年齢によって異なります。

  • 20代3回以上
  • 30代4回以上
  • 40代・50代5~6回以上

上記を基準に転職回数が多いと一般的に厳しいです。

しかし、転職回数が多くても今までの経験、スキル、行動力、自己PRなど求職者の魅力を企業側に伝わることができれば内定を勝ち取ることができます。

転職回数が多い人でも成功できる方法は、

  • 退職理由・転職の目的を明確にする
  • 外資系企業に転職
  • 職種の一貫性があること
  • 軸をずらして転職している
  • 人材不足の業界を選んでいる

の5つです。

全てではなくどれか当てはまるものがあれば成功できる可能性が上がります。

転職回数が多かったり、応募先の企業からどう見られるか不安だという人は、転職エージェントに相談してみましょう。

良い転職先が見つかりますよう応援しています。

オススメ転職エージェント
在職中 転職活動
在職中 転職活動 方法
転職 応募数
スキル 資格 転職