転職面接で希望年収どう伝えたらいい?

転職 無職期間

転職面接で希望年収を聞かれた時に、低い年収を伝えた方がいいのか、高い年収を伝えた方がいいのか悩むことがあります。

今回、転職面接で希望年収どう伝えたらいいのかお伝えしていきます。

転職面接で希望年収聞かれる

転職面接で、希望年収聞かれるのはよくあります。

面接で聞かれるということは、どう伝えるかで企業側とマッチングするか変わってきます。

伝え方によって企業側が求めている金額と異なる場合は、選考結果が良くないことになってしまいます。

企業側の考えとして求職者に対してこのぐらいの金額までしか用意できないから求職者が求めている金額の範囲内で採用できるのか重要になってきます。

転職面接で希望年収どう伝える?

本題に入ります。

伝え方によって企業側が求めている金額と異なる場合は、選考結果が良くないことが分かりました。

では、転職面接で希望年収どう伝えたらいいのかといいますと、在職中であれば、今働いている会社の年収と同じ、または、少し高めを希望します。

離職中の場合は、前職の年収と同じ、または、少し高めを希望します。

在職中の場合は、「今現在の年収400万円でしたので年収400万円と同等かそれ以上希望していますが、御社の規定に従います」など伝えます。

離職中の場合は、「前職の年収400万円でしたので年収400万円と同等かそれ以上希望していますが、御社の規定に従います」など伝えます。

年収をもっと上げたい場合は、「○○の資格を取得したので、前職よりもアップした420万円以上希望しています」と伝えると良いです。

間違えても、「高ければ嬉しいです」、「頑張りますので年収500万希望しています」という回答にしないようにしましょう。

転職面接で希望年収は、数字だけ伝えても、企業側からなぜこの数字なのかと必ず聞かれるので具体例を挙げて答えると納得できる回答になります。

前職で年収を上げるために

転職で年収上げるためには、前職の年収、現職の年収を上げていくことが大切です。

例えば、事務職からエンジニアに部署異動して転職をする、総務職から経理職に部署異動して転職する、今の部署で資格を取るなどです。

他の部署に異動してスキルを磨いて年収を上げて転職すると、前職の年収と同じ、または、少し高めを希望することになるので、何もしないより年収を上げることに成功する確率が上がります。

今の部署で資格取得に関しては、企業によっては、資格手当というのがあります。

資格の内容に応じて手当として一月数千円から数万円もらうことができます。

転職先に必要な資格を取って「○○の資格を取得したので、前職よりもアップした〇〇〇万円以上希望しています」と伝えて転職に成功すると、何もしないより年収を上げることに成功する確率が上がります。

転職エージェントの利用がオススメ

年収の相場、自分の市場価値がどれぐらいか詳しく知りたい場合は、転職エージェントの利用をオススメします。

自分で会社・年収相場・職種・職場環境など調べるのに限界があります。

相談して、転職市場がどうなのか、応募できる求人はあるのか、他の会社はどんな感じなのか、自分の希望できる条件はどのぐらいあるのか、市場価値どれぐらいなのかなど教えてくれます。

入社日・面接日などの日程を企業との交渉は担当者の方が代行してくれます。

転職エージェントの登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

まとめ

転職面接で希望年収どう伝えたらいいのかお伝えしていきました。

回答として在職中であれば、今働いている会社の年収と同じ、または、少し高めを希望します。

在職中の場合は、「今現在の年収400万円でしたので年収400万円と同等かそれ以上希望していますが、御社の規定に従います」など伝えます。

離職中の場合は、「前職の年収400万円でしたので年収400万円と同等かそれ以上希望していますが、御社の規定に従います」など伝えます。

転職で年収上げるためには、前職の年収、現職の年収を上げていくことが大切です。

例えば、事務職からエンジニアに部署異動して転職をする、総務職から経理職に部署異動して転職する、今の部署で資格を取るなどです。

年収の相場、自分の市場価値がどれぐらいか詳しく知りたい場合は、転職エージェントの利用をオススメします。

オススメ転職エージェント
在職中 転職活動
在職中 転職活動 方法
転職 回数
スキル 資格 転職