転職無職期間いつまで大丈夫?

転職 無職期間

転職活動してる時に気になる疑問として、無職期間っていつまで大丈夫なのかなと思うことがあったりします。

無職の期間が長いと転職活動に不利になるのではないかと不安になってしまいます。

不安が積み重なって転職活動することもできなくなったら意味ありません。

今回、無職期間っていつまで大丈夫なのか、無職期間が厳しい場合、どうすればいいのかお伝えしていきます。

転職無職期間いつまでなら大丈夫なのか

転職無職期間いつまでなら大丈夫なのかに対しての答えは人によります。

数字を挙げるとしたら平均して3ヶ月から半年以上空くと厳しくなってしまいます。

3ヶ月から半年以上無職期間になると転職活動の面接で「この期間の間何されていましたか?」「なぜここまで期間が空いているのですか?」と面接官に聞かれる可能性が高いです。

その時に、きちんと答えられることができれば問題ありませんが、無い場合は、転職活動で不利に動いてしまう可能性があります。

なぜ転職無職期間が長くなると厳しくなるの?

転職無職期間いつまでなら大丈夫なのかに対して、3ヶ月から半年以上無職期間になると厳しくなるよとお伝えしました。

では、なぜ転職無職期間が長くなると厳しくなるのかお伝えしていきます。

働くことでの適応力・スキルが低下してる可能性があるから

無職になるということは、仕事から離れてしまっているので、決まった時間に出社してある程度決まった時間に退社する習慣がなくなるということです。

自分で自由に時間を決めることができます。

何も行動しないでだらだらしてるとあっという間に1カ月、2カ月、3ヶ月と時間が過ぎてしまいます。

何もしないままでいると思考停止してしまい、空白期間の理由も答えられなくなってしまい、転職活動に成功することが難しくなってしまいます。

仮に運がよく転職先が決まったとしてもだらだらした体から決まった時間にいかなければならない、やらなければならないことに適応できず、すぐ辞めてしまったり、ストレス負担が大きくなったりと転職活動が上手くいかなくなる可能性が高くなります。

そういう行動を知っている採用担当者に当たった場合、空白だけですぐ辞めてしまうだろうとレッテルを貼ってしまい、書類で落とす可能性が高いです。

他には、今まで培ってきたスキルがブランクがあると自分が思った以上に働いていた時と比べると落ちています。

ブランクを気にする採用担当者に当たると即戦力が欲しいからブランクある人より今もスキルを活かした仕事してる人に採用したいなと考え、不採用にしてしまうこともあります。

これだけ聞くと、無職期間が長いと何もできないし、転職できないのではと思ってしまいがちです。

実際、無職期間が短ければ有利ですが、無職期間が長くても理由があれば問題ありません。

無職期間が長くても理由によっては採用する企業様は沢山あります。

面接は人と人の相性なのでどういう基準で採用してるかによっても変わるのであまり深く考えず面接までいった場合は、何かしら自分に興味があって面接に進んだのだから自信を持って想いをぶつけていきましょう。

無職期間の理由が不利にならないこと

無職期間が長くなってしまったら、後悔しても仕方が無いので前に進んでいきましょう。

ネガティブになる必要がありません。

やむを得ない理由で退職することもあります。

転職活動先の企業様の採用担当者に納得できるように理由を伝えて転職に成功していきましょう。

資格取得のための勉強をしていた

この方法は一番有効です。

特に今までと異なる仕事に就く場合に、資格が必要になることがあります。

そこで、資格取得の勉強をして資格を取る、職業訓練校に行って資格を取ることは、スキルアップにつながるので転職活動で伝えることでマイナス評価にならず、プラスになる可能性が高いです。

家族の介護をしていた

突然家族の体調、状況が変わってしまい、介護しなければならなくてやむを得ず退職するケースが少なくありません。

介護は、短期間で終わる話ではなく、長い期間かかってしまうこともあります。

注意点として面接で介護による退職をした場合、今後の家族の介護は大丈夫なのかという質問があるかもしれません。

その時は、「家族の介護は解決し、現在は問題ありません」とハッキリ伝えるようにしましょう。

介護でまた辞められるのではないかと採用担当者が心配するのでハッキリ伝えて安心させることが大切です。

語学留学していた

無職になった機会に語学留学をして新しいことをしていくことで、行動力も上がり、語学力が上がり、TOEICのスコアが上がったり、様々な経験を積むことができたり転職活動に活かしやすいです。

特に語学を使う企業様に転職する時は、語学留学したことを伝えると良い方向に行く可能性があります。

どうしてもやりたい仕事があった

どうしてもやりたい仕事があって退職することもあります。

世の中には様々な職種・業種がありますが、自分はこの職種・業種があると決めて絞って転職活動をしているけど、なかなか決まらなくて長引いてしまっているケースです。

自分の志望している職種・業種以外を応募していないから空白期間が長くなってしまっていると面接官にハッキリ伝えることです。

採用担当者によりますが、職種・業種をやりたいという熱い思いで志望したんだねと共感してくれることもあったりします。

その場合は、無職期間が長くても大丈夫になることがあります。

どうしてもやりたい仕事があっての無職期間は、資格取得・介護・語学留学と比べると不利になりやすいので、採用担当者の捉え方によります。

体調不良により退職して療養していた

体調不良によって休職期間が間に合わず退職しなければいけなくなったケースです。

すぐに治る病気ならすぐに転職活動ができますが、うつ病などの長期戦になるものは、休職満了して退職したとしてもその後もしばらく療養することは少なくありません。

病気になっている場合は、転職活動より先に時間をかけて治していくことが大切です。

体調が良くならないと転職活動が上手くいきません。

中途半端なまま転職活動しても顔の表情に表れていることもあり、採用担当者も不安に感じてしまい見送られることも少なくありません。

しっかり休んで、治していき、良好な状態で面接に取り組んでいきましょう。

無職期間どうされていましたかという質問に対しては、体調がすぐれていなくしばらく休んで最近体調が良くなり就職活動しているところです。で問題無いと思います。

体調は大丈夫ですかの質問に対しては、今現在良好です。とハッキリ伝えましょう。

体調不良による無職期間は資格取得・介護・語学留学と比べると不利になりやすいので、採用担当者の捉え方によります。

まとめ

無職期間っていつまで大丈夫なのか、無職期間が厳しい場合、どうすればいいのかお伝えしていきました。

転職無職期間いつまでなら大丈夫なのかに対しての答えは人によります。

数字を挙げるとしたら平均して3ヶ月から半年以上空くと厳しくなってしまいます。

無職期間が厳しい場合、どうすればいいのかに対しての答えは、面接の時に、なぜ無職期間になったのかと聞かれたら

  • 資格取得のための勉強をしていた
  • 家族の介護をしていた
  • 語学留学していた
  • どうしてもやりたい仕事があった
  • 体調不良により退職して療養していた

のどれか答えるようにしましょう。

どうしてもやりたい仕事があった、体調不良により退職して療養していたは、採用担当者によって不利になることもあったりするので相手の捉え方次第です。

それでも転職活動に対して不安、自分だけでやっていくのが大変、何をすればいいのか分からないという人は、転職エージェントに相談してみてください。

分からなかったこと、疑問に感じていることが解決できる可能性が高くなります。

オススメ転職エージェント
転職 いつから働けますか
転職 応募数
転職 回数