転職した方がいいサイン10選を解説

転職した方がいい サイン

人間関係、給料、仕事内容いろいろあると思うけど転職した方がいいかな。

どういうきっかけで転職しているのかな。

と考えている人への記事です。

今の時代、転職は、年齢問わず増えてきています。

1つの会社で長く勤めることの方が珍しくなってきました。

今回、転職した方がいいサインについてお伝えしていきます。



転職した方がいいサイン10選

転職した方がいいサイン10選は、

  • 人間関係
  • 尊敬できる人がいない
  • 給料の不満
  • 仕事内容の不満
  • 勤務時間の不満
  • 心身共に疲れている
  • 休日の不満
  • 将来性の問題
  • 社内環境が悪い
  • やりたいことがある

です。

順番に説明していきます。

人間関係

転職を考えるきっかけとして多く挙げられるのは人間関係です。

仕事をしている以上人間関係を上手くしていかなければ仕事のパフォーマンスが上がりません。

同僚が嫌がらせをしてくる、上司と関係が上手くいかない、パワハラやセクハラがある、無理やり飲み会に参加させられるなど会社の人間関係が悪いと自分が思っている仕事ぶりを発揮することができません。

仕事に集中ができず、継続していくことが苦痛になってきます。

やるべきことに集中して仕事をしているのに、人間関係に悩んで、気持ちが沈んでしまうのか悲しくなってきたりします。

部署の人間関係であれば、会社に相談して部署異動ができるか交渉してみる、相談により今の部署で解決できるのであれば、話し合って良い人間関係にする。

それでも難しい場合は、転職を検討した方が良いかもしれません。

尊敬できる人がいない

人間関係に似ていますが、尊敬できる人がいないのは仕事に対しての熱意が下がっていきます。

有名投資家のウォーレンバフェットさんが「尊敬できる人のもとで働きなさい」と学生に対してメッセージを送っていました。

会社選びで最も重視すべきポイントは尊敬できる人がいるかどうかです。

なぜ尊敬できる人と仕事した方がいいのかは、良い仕事をマネできるからです。

そして仕事が楽しくなります。

良い見本を見ることでスキルを大きくアップさせることができます。

尊敬できる人と仕事をすると仕事に対しての熱意、仕事パフォーマンスに対しての刺激を受けることができます。

仕事することがワクワクしてきます。

もし尊敬できる人がいないということならばスキルの伸びが小さくなっているかもしれません。

仕事がマンネリ化して楽しくなくなってしまいます。

その場合、転職をして会社環境を変えて尊敬できる人と仕事をしていきましょう。

給料の不満

仕事する上で大切なのは、給料です。

給料は、仕事の頑張った分の対価として受け取っているのでモチベーションにつながります。

しかし、給料が少ないとやる気が低下してしまいます。

今の給料が安い、昇給が思ったより少ない、会社の業績に対して賞与が少ない、働いている分の給料に合わない、残業しているのに残業代がつかないなど転職したいと考えてしまいます。

給料は、自分で決めることができず、会社の給与システムによって決められているので、頑張って結果出してもこれぐらいしか払うことができませんということが現実です。

給料に不満があったら、成果に合った会社・職種に転職、給与ベースが高い会社に転職することをオススメします。

仕事内容の不満

仕事内容の不満は、人間関係や給料の不満と同じぐらい転職した方がいいサインになります。

仕事の成果を感じられない、能力以上の仕事を求められて疲れた、今している仕事が合わない、仕事が暇で困る、仕事が忙しくて頭が回らない、仕事が単調でつまらないなど不満が溜まると仕事のやりがいを感じることができず、何のために仕事をしているのか、仕事する意味あるのだろうかと疑問に思って、今後の人生に不安を感じてしまいます。

会社に相談して部署異動ができるか交渉してみる、部署異動が難しい場合は、転職を検討しましょう。

勤務時間の不満

仕事の時間は1日を多く占めるので勤務時間によってストレスがかかってしまい、体に大きく影響してしまいます。

毎日終電の時間まで働いている、シフト勤務で朝型・夜型に合わせないといけなくて厳しい、残業が多くて仕事が終わって帰宅して寝るだけ。

これらは体力的な問題があって、プライベートの時間が無く、息抜きが全くできず、ストレスになって心まで疲弊してしまいます。

仕事だけが人生ではありません。

自分自身が人生豊かに過ごしていきたいという思いであれば転職を検討した方がいいかもしれません。

心身共に疲れている

頑張りすぎて、不眠症になったり、うつ状態になり気分が落ち込んだりして心身共に疲れているときは、

心のSOSサインです。

心のSOSサインになった場合は、仕事を休むことです。

転職しようとしてもエネルギーが無いのでしっかり休んで心身共に回復してから今後のことを考えて、どのようなキャリアにしていきたいか検討していきましょう。

心身共に疲れているということは今の会社が合っていないかもしれません。

今の会社を続けてもまた再発する可能性が高いので休職または有休を使って療養して自分に合っている会社・職種に転職した方がいいでしょう。

休日の不満

休ませてもらえないのは、仕事とのバランスを考えると大きな問題になります。

強制的に休日出勤させられる、休みなのに急に呼び出される、休みが少ない、早退できない、有給休暇が取れない、休日なのに連絡来るかもしれないから携帯持っていないといけないなど

休日は、人それぞれ何かしら作業、タスクをこなしています。

買い物、育児、家事、勉強、習い事、病院など予定が入っている中、携帯で電話が必要、メールチェックしなければならない状況では、負担が大きく、今後も継続することを考えると転職した方がいいのではないかと思います。

一般的には、休日は、緊急事態以外は呼び出されることはありません。

メール、電話応対することもありません。

将来性の問題

最近の会社は、ライフサイクルが激しくなってきています。

業績がいつ下がるか、黒字でも早期退職募集が行われたりしてずっと同じ会社で居続けることができるか分かりません。

いくらスキルが高くても業績が下がってしまい倒産・人を減らさないとなった場合に、選ばれてしまうこともあります。

その対策として、いつでも転職できるようにスキルを身につけたり、他のスキルを身につけたりしてリスク分散させることが大切です。

社内環境が悪い

会社に始業時間より1時間早く来て仕事を始めるのが当たり前。

上司が変えるまでは帰ってはいけないという状況。

有給を取ってはいけない。

これらを守らないと人事評価が下がる。

社長が会社のお金で贅沢のために家や車、高級品を購入して従業員に全く還元しない。

社長が自分さえ良ければいいという考え方です。

こういった社内環境が悪い場合、会社の人に伝えても解決できません。

すぐに今の会社から離れてください。

会社のルールで決めている以上自分の力で大きく変えることはできません。

嫌な予感がした時点で転職活動することをオススメします。

やりたいことがある

今している仕事に人間関係・給料・休日に不満が無くても、前からやりたかったこと、今後していきたかったことをしていきたいとなった時に、今の会社では実現できないから転職を考えようということです。

人生一度きりなので他人が人生どうのこうの言うことはできません。

自分の人生を変えるのは自分でしかありません。

自分はこうしていきたいんだと強い意志があるなら前向きにやりたかったことができる会社に転職していきましょう。

転職しないことのリスクがある

転職した方がいいサインは、いろいろなきっかけ、理由、考え方があります。

転職活動する時は、転職エージェントに相談してみましょう。

オススメ転職エージェントは、

です。

相談して、転職市場がどうなのか、応募できる求人はあるのか、他の会社はどんな感じなのか、自分の希望できる条件はどのぐらいあるのか、市場価値どれぐらいなのかなど教えてくれます。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

転職エージェントに相談した後に、自分はどうしていくのか考えて行きましょう。

少なくても転職活動をしないのはリスクがあります。

今のまま現状維持では変わることはありません。

自分から変えて行かなければ何も変わりません。

最初の一歩を踏み出すことが人生を豊かにするきっかけになるかもしれません。

後悔のない人生を送れるように応援しています。

サラリーマン 現状維持
転職 辛い 辞めたい
とりあえず転職したい