転職したくない人と考えている人へ

転職したくない人

会社に勤めていると給料、人間関係、仕事内容、働き方など不満が出てくることがあったりします。

不満があったら、転職すればよいのではと周りから言われても、転職したくないなと思っている人がいらっしゃいます。

今回、転職したくない人と考えている人へお伝えします。



転職は当たり前の時代

昔は、転職はとても珍しいとなっていますが、今は、転職は当たり前になってきています。

厚生労働省のデータによりますと、35歳~44歳の転職者数は、2000年67万人、2016年106万人と転職している人が増加しています。

最近では、コロナ禍によって、働き方改革でリモートワークによる在宅勤務として働きたい人が増加して転職活動している人が増えてきています。

転職したくない人の理由

転職したくない人の理由は、

  • 会社が好き
  • 転職の失敗を恐れている
  • 周りの人が反対してくる
  • 転職活動に不安
  • 転職によって全てが解決できない

です。

会社が好き

会社の事業が好き、製品が好き、上司の恩があるなど会社による依存により、不満があったとしても、転職できないと考えている人は多いです。

転職の失敗を恐れている

転職活動を行い、ご縁があって、転職先に採用されて、働き始めると、思い描いたキャリア、仕事内容、上司など、ギャップが生じてしまうのではないかと不安が強くなってしまい転職による失敗をしたくないと考えている人が多いです。

周りの人が反対してくる

こちらのケースもとても多く、妻、夫、彼氏、彼女、両親、友人、知人などから転職を反対されて転職する気力を失ってしまい、転職活動をしないということがあったりします。

転職活動に不安

転職先に就職する以前に転職先に内定を貰う転職活動に不安になっているケースがあります。

学生の時、以前転職活動した時に、書類を記入したり、面接を受けたり、不採用通知が沢山届いたり、モチベーションが低下して、今後もしたくないということで、転職活動をしないと考えている人が多いのではないでしょうか。

転職によって全てが解決できない

転職したからといって、給料、人間関係、上司全てが満足できる訳ないでしょうと考えて、転職活動をしたくないと考えている人がいらっしゃいます。

今後、キャリア形成したとしても、給料、労働時間、仕事内容など何かしら犠牲にしてやらなければならないので今と一緒ではないかと思っている人もいらっしゃいます。

転職したくない人に対してお伝えしたいこと

転職したくない人に対してお伝えしたいことがあります。

それは、転職しなくてもリスクがあるということです。

転職したくない人の理由の会社が好きに対しては、会社の事業が好き、製品が好き、上司の恩があることはとても良いことで、好きなことができているので素晴らしいと思います。

一方で、給料、労働時間が満足できなくて、転職活動しないのはもったいない気がします。

きちんと正当な評価で働きぶりに合った給料にしない会社では長続きすることが難しい、お世話になった上司が転職または引退したら続けることができるのか、自分自身が変化を恐れているのか考えていく必要があります。

転職したくない人の理由の転職の失敗を恐れているに対しては、変化が怖いのはとても共感できます。

しかし、何もしなければリスクが全くないかというとそういうことにはなりません。

終身雇用制度崩壊、年功序列崩壊、同一労働同一運賃、個人事業主化などずっと同じ会社で安心という時代は終わってきています。

このままとどまっていたとしても、必ず年金もらえるまで安心して同じ会社に働ける保障が全くないということを考えていきましょう。

転職したくない人の理由の転職の周りの人が反対してくるに対しては、話合うことは大切だと思いますが、実際に働くのは誰ですかと考えてみると自分自身になるので、人生は1度、この時間も1度しかありません。

人生、時間は取り戻すことは絶対にないので、そのことを頭に入れて、自分はどうしていくべきか納得できる人生を見つけていきましょう。

納得できる人生を送るためには、自分の中で転職をするかどうか考えていきましょう。

転職したくない人の理由の転職活動に不安に対しては、学生の時は、社会人経験が無いので、会社のこととか分からず、何が適しているのか分からなかったり、分からないことが沢山あって、就職することがとても難しいです。

転職に関しては、以前やったことがあったとしても、何かしらの働いた経験がある、実績がありそれがアピールポイントがあることと応募することは、今までしたことがない職種にチャレンジする人もいますが、今まで経験してきた職種に転職する人もいて経験者優遇している会社にとって求められていることが多くあります。

不採用になったとしても、たまたまご縁がなかったと思って割り切って行うと気持ちが少し和らぎます。

転職したくない人の理由の転職によって全てが解決できないに対しては、確かに転職したから、何も不満なく、一生安泰で暮らせるようになって、全て解決ということにはならないのは事実です。

しかし、このまま現状維持しても、何も解決をしないことも事実です。

会社以外に個人事業主、起業、資産運用をするなどありますが、実現するまでとても難しいです。

個人事業主、起業は、実力・努力・運・時代の流れによって収益が上下して稼ぎ続けるのは、楽ではありません。

資産運用も、最近FIREという生活を目指している人が増加していますが、資産が多く必要なので、そこまで到達する時間が必要になっていきます。

今後考えておくべきこと

転職したくない人の理由に対しての答えをお伝えしたのと、今後考えておくべきことをお伝えします。

繰り返しになりますが、転職しないことは、転職するのと同じリスクがあることを考えていきましょう。

自分の市場価値を知ることがとても大切です。

自分の適性年収を知っている人は少数です。

転職エージェントに登録して相談すると、自分の市場価値、年収、職種の転職限界年齢、今の景気どうなのか相談することができます。

今の自分の状況を把握して、これからどうするべきか行動していきましょう。

力不足である場合は、他社でも通用できるように、会社の中でできることを行いスキルアップしていきましょう。

いつでも他の会社に転職できるように、転職エージェントに相談して自分の市場価値を確認していきましょう。

相談料金は無料なので、安心してご活用できますので、気になりましたら、一度相談してみてください。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

今すぐ転職しなくても、相談だけでも可能です。

相談してみて、転職するかしないか検討してみてもいいのではないかと思います。

今後の人生を応援しています。

関連記事

パワハラによって退職しても転職は成功できます!

早く年収を上げる5つの方法

長時間労働がつらいと思ったら転職を検討しよう

手取り年収は年々減っている

在職中のまま転職活動する方法