転職によっての悩みについて

転職 悩み

転職しようかしないか悩みすぎて、何もかも分からなくなってきたという経験はありませんか。

サラリーマンとして働いていると、「転職」という言葉が頭に浮かぶことは誰にでも起こりうることです。

転職は、様々な面で生活環境を変える大きな決断となります。

転職気になっているけど、大変そう、怖い、面倒くさい、自信がないなどなかなか転職に一歩踏み出せないことがあるのではないでしょうか。

今回、転職によっての悩みについてお伝えしていきます。



悩み➀上司とうまくいかない

サラリーマンをすると必ず上司と一緒に仕事をすることが多くなります。

1日の大半を仕事の時間になるので上司との相性が大切になってきます。

上司との相性が合うかどうかは、転職活動では分かりません。

実際に入社して上司とコミュニケーションを取ってみなければ分かりません。

会社員が退職理由で人間関係を理由に退職したという人が多いです。

人間関係がスムーズにいかないと職場生活が大変になり苦しくなる、生産性が上がらないので転職する理由に十分です。

上司のパワハラ、セクハラ、ぎくしゃくした同僚との関係は、転職することで解決できます。

しかし、一人で仕事をしていきたい、合わない上司と絶対に仕事したくないとなると、サラリーマンは基本人間関係構築が必要になるので、転職しても解決できません。

優良な転職エージェントを使えば、未来の上司との面談のチャンスを、複数回設けてもらうことも可能です。

異動、転勤のある会社であれば、自分・上司が異動、転勤になる可能性があるので、解決できる場合があります。

一人で仕事をしていきたい場合は、サラリーマンではなく独立することで自分のペースで好きな人と仕事ができます。

独立は、収入が不安定というデメリットがあります。

そこを考慮して検討してみてください。

悩み②給料が安い

働くうえで、重要なのは、お給料の金額です。

働いているわりに給料が安い、ボーナスカットで給料が安い、年収アップしていきたいなど転職することはとても多いです。

給料に関しては、基本的に転職で解決できます。

給与交渉も可能ですし、見合った給料でなければ「転職しない」という選択ができます。

在職中の転職活動は、「イヤなら断れる」という点がかなり有利です。

オススメ転職エージェントは、

です。

こういうエージェントに登録しておけば、年収アップの案件を色々と紹介してもらえます。

給料の良い・悪いと、仕事のきつい・ラクも無関係です。

給料に納得がいかない人は、転職することが解決できます。

しかし、希望する年収の求人選考に受からない、絶対額ではなく、相対的な比較が気になる場合は、転職しても解決できない可能性があります。

希望する年収の求人選考に受からないは、そもそも「現在の給料が、市場価値と釣り合っている」パターンです。

この場合、年収を上げるには、人財価値を上げていき、転職市場で評価されるように能力を身に着けていくしかありません。

現在のスキルで応募可能な求人の年収レベル、年収を上げるために、必要なスキル・資格・経験などを転職エージェントとの面談でヒアリングしてみて下さい。

年収アップ方法を知らないまま不満を抱えて歳を重ねるのは、かなりリスクがあります。

手遅れになる前に真実と向き合う方が得策です。

などで話を聞いてみてください。

絶対額ではなく、相対的な比較が気になる場合は、周りと比べて年収が低い、高いの方が気になるという話です。

  • 【転職前】自分:年収400万円、同僚:年収300万円
  • 【転職後】自分:年収500万円、同僚:年収600万円

という場合、満足度が上がらないケースが出てきます。

この場合、転職だけではなく、出世することで周りと比べて収入が高くなる可能性が上がります。



悩み③ブラック企業

長時間労働、残業が多い、サービス残業、休日出勤があることで転職を検討している人が多いです。

長時間労働、残業が多い、サービス残業、休日出勤があるなどのブラック労働は、心と体が不調を起こし、長期的に考えると働けなくなるリスクが上がってしまいます。

疲労が溜まっているが休める気配がない、疲労が溜まっていて休んでも休まらない、頭が回らない、今後も長時間労働は避けられないなどは注意です。

この時点で、心と体に異変が起きていると考えてください。

今後も長時間労働は避けられないなどは転職した方が良いでしょう。

現在は、働き方改革に積極的に取り組んでいる会社が沢山あります。

最低でも、サービス残業などの法令違反がおこらないよう、コンプライアンスを整備している会社は珍しくありません。

パワハラ、セクハラ、職場いじめなども同じです。

転職エージェントを使う・ネットの口コミをチェックするといった工夫をして、今よりも良い職場を見つけていきましょう。

会社に入社すると必ず不満が出てきます。

わかることは、不満ゼロの会社はほとんど存在しないということがわかります。

自分の思い通りに仕事していきたいと考えている場合は、転職より独立・起業して自分のビジネスを作るしかありません、

独立・起業した場合でさえ、取引先との関係・収入の不安定さなど、様々な不満・不安は出てくることと思われるので、会社に所属する、独立・起業をすることは、どちらを選ぶにしても、難しいところは存在します。

悩み④会社の将来が不安

業績が悪化している、リストラのうわさがある、ボーナスがカットされた、人が辞めていくなど、このまま会社が倒産しないか、生き残ることができるのか、会社の将来に不安を抱き、転職を検討する人もいます。

特に、最近はコロナウイルス感染拡大の影響を受け、倒産の危機にあったり、抜本的なコスト削減を迫られたりしている会社が増えてきています。

将来が明るい会社を見極めて転職できれば、もちろん「会社の将来への不安」は解決します。

最後まで忠誠をつくしたところで、解決できません。

倒産・リストラ後の転職選考では、「先見性がないんだね」なんて思われてしまうこともあるそうです。

コロナの影響もあって、今、会社が大変な状況になっていることも少なくありません。

「今、業績に問題が無い企業」に転職することは可能です。

しかし、会社の将来への不安から逃れることが難しいです。

今所属している会社がずっと安泰でいられるかというと分かりません。

会社の寿命は、年々短くなっていると言われています。

変化が激しい時代になってきています。

大企業でも、リストラ、コスト削減を行っていることが少なくないので生き残り続けることは難しくなっています。

解決策としては、収入の軸を複数に作ることです。

例を挙げると、

  • 給与
  • 副業
  • 利息・配当
  • 不動産

です。

複数の収入にすることで、ひとつがダメになったとしても、他の収入でカバーすることができます。

また、本当の意味での安定・安心につながります。



悩み⑤仕事内容に不満がある

仕事をしていると退屈、成長を感じない、好きになれない、どうしても嫌い、ワクワクしない、マンネリ化しているなど仕事の内容と相性の問題から今より適性のある仕事をしたいと求めて転職する人もいます。

どんな人にも、どんな仕事にも、向き・不向きがあります。

向いている仕事は、楽で、楽しくて、成果が上がりやすいです。

向いていない仕事は、大変で、つまらなくて、成果が上がりにくいです。

自分で、向いていない仕事が何か分析をして向いていない仕事を捨てること、向いている仕事を選ぶことがとても重要です。

自己分析をした上で転職することで、仕事内容への不満が解決できるのではないでしょうか。

転職の求人は、仕事内容が明確になっています。

向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事を選ぶことができます。

日本の新卒採用の多くは、総合職です。

研修をして、研修が終わったら、それぞれの配属先で働くという流れになります。

あなたは○○部ですと言われ、与えられた仕事からスタートするしかないので不利になります。

転職の場合、○○部と記載されているので、向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事を選ぶことができます。

ただし、会社によっては、異動があることがあります。

その場合、数年に一度、他の部署に異動して与えられた仕事をこなしていくことになります。

転職後に向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事に所属できたけど、異動の時期が来たら、他の部署に行くことになってしまったというケースが少なくありません。

そうなった場合、向いている仕事、チャレンジしてみたい仕事に転職できるようにスキルを磨くことと合ったタイミングで取り組んでいきましょう。

悩み⑥転職できるのか不安

転職に興味はあるけど、転職できないかも、転職エージェントから冷たくされるかも、転職が怖いなど悩んでいる人もいます。

悩んでいるより転職活動をしてみることが大切です。

どんな求人があるかは、タイミングによっても変わりますし、スキル・年齢・経験によって合った求人が変わってきます。

一度転職エージェントに相談してみてください。

どんな条件でなら転職できるのか、教えてもらうことができます。

上記の転職エージェントを選ぶと相談料金無料、時間もあまりかからない、リスクなしなのでオススメです。

実際に就職活動をしてみて、難しいとなった場合、へこんでしまう、落ち込むことがあるかもしれません。

そういう時は、「今は希望の転職ができない時期なんだ」と言い聞かせて、転職エージェントに資格を取る、経験をする、スキルを磨くなど何をすれば市場価値が上がるのか、聞いてみて下さい。



悩み⑦転職が失敗しそうで怖い

転職できたとしても転職先でうまくできるのか不安だなと思うことがあったりします。

転職先の企業文化になじめるか、人間関係を上手く築けるか、違う環境でも結果を出すことができるかなどの不安から転職が怖いと思っている人も少なくありません。

転職に成功するか、失敗するかは、転職してみなければ分かりません。

自分の行動次第で変わってきます。

転職すると転職すればよかったの後悔は回避することができます。

転職が正解かどうか分からなくても転職することで行動することに成功できていますので、解決できています。

よくあることで、転職して働いてみて、前の会社が良かったなと思う可能性もあります、

2014年にリクルートワークス研究所が行ったワーキングパーソン調査によると、転職の満足度は、

  • 転職してよかった:56.7%
  • どちらともいえない:31.5%
  • 転職してよかったとは思えない:11.8%

という結果になりました。

転職した人の約9割は、後悔までしていないという結果です。

転職してよかったとは思えない場合は、もう一度転職してみるという選択肢があります。

考えすぎず、悩みすぎず、色々な可能性があるので、まず情報収集に力を入れることで行動することができるのでオススメです。

まとめ

転職によっての悩みについてお伝えしていきました。

  • 悩み①上司とうまくいかない
  • 悩み②給料が安い
  • 悩み③ブラック企業
  • 悩み④会社の将来が不安
  • 悩み⑤仕事内容に不満がある
  • 悩み⑥転職できるのか不安
  • 悩み⑦転職が失敗しそうで怖い

上記が転職によっての悩みです。

転職によって、解決できる場合と解決できない場合があります。

行動しなれば今の状況と変わらないので悩みの解決ができません。

とりあえず、就職活動をしてみて自分の市場価値がどうなのか、上手くいかなければ、合うタイミングまで待つのと、スキルを磨く、経験をしていくなど行うなどの行動が必要になります。

就職活動する前に、

に相談して良い転職先に就職できるようにサポートしてくれます。

転職は、人生において大きな決断、行動になってきます。

正解かどうかは行動しなければ何も生まれません。

転職を視野に入れていると考えて仕事をすると選択肢がもてるようになるので、ここの職場しかないという限定的な状況と比べて、ストレスが軽減されるのではないでしょうか。

転職で悩んでいる人の参考になる所があれば幸いです。

在職中 転職活動 方法
スキル 資格 転職