転職を成功する人の特徴は何か?

転職 成功する人 特徴

キャリアアップのために転職を考える人は多いです。転職するからには成功したいものですが、転職に成功する人と失敗する人が存在します。

その違いは何でしょうか。

この記事では、転職に成功する人の特徴は何か解説していきます。



転職を成功する人の特徴

転職を成功する人の特徴は、

  • 自分をよく理解している
  • 人の意見を受け入れられる
  • 短所を理解して面接で自己アピールできる
  • 一つの企業にこだわっていない
  • 年収や待遇にこだわっていない
  • 転職理由が明確である
  • 企業求人のニーズ・特徴を理解していること
  • 在職中に転職活動をする
  • 十分な面接対策をしている

です。

自分をよく理解している

転職は、自分の積み重ねてきたキャリアを商品として売り込むため、自己分析が重要です。

今までのキャリアで、人より優れている点や得意な業務・スキルを、経験から洗い出しをしましょう。

長所だけでなく欠点、弱点も自己分析して、どのように克服していくか、または、長所につなげられるかが大切です。

他人の意見を受け入れられる

自分の長所や短所を自己分析するうえで、上司や同僚、家族、友達、転職エージェントなど第三者からの意見を受け入れる姿勢が大事です。

自分が思っている長所や短所、他人から思っている長所や短所が異なっていることが多くあるので、他人の意見を受け入れて自分の特徴、キャリアを客観的に考察していきましょう。

転職エージェントは、

です。

短所を理解して面接で自己アピールできる

面接で長所、自己PRをよく聞かれるので対策しやすいですが、短所聞かれた場合、答えることができても、短所からどういうふうにカバーしていくのか、改善していくのか答える必要があるので難易度が高いです。

例えば、心配しがちという欠点は、物事に対して慎重なため、大事な仕事に臨むときは常に確認しながら進めていると言い換えが可能です。

このように、視点を変えれば長所につながる欠点を選んで、その改善法を述べるのがポイントです。

一つの企業にこだわっていない

中途採用は新卒採用と比べると採用人数が少ないです。

応募数が多いと書類選考、数回の面接、場合によっては適性検査や筆記試験など採用されるまでの道のりが長いです。

期間として早い場合2週間、遅い場合1~2カ月です。

その間に気になる企業があったら応募するした方がいいです。

一つの企業にこだわっていると、不採用になった場合、ショックのダメージが大きくしばらく立ち直れなくてしまう可能性があります。

転職は、実力だけでなく、運、会社との相性、時代の流れに左右されるところがあるので、不採用になっても、他の企業の面接頑張ろうと前向きに取り組んでいきましょう。

年収や待遇にこだわっていない

やりたいと思っている仕事は何か、年収は何百万以上、待遇、通勤時間など、すべて満たすことができる企業に転職することはとても難しいです。

そのため、仕事にこだわる、年収にこだわる、待遇にこだわる、通勤時間にこだわるなど希望する条件に優先順位をつけて、これは譲ることはできないのをある程度絞って、その他の条件は、面接で交渉するなど柔軟に対応していくと、転職先の選択肢が広がり成功に近づけることができます。

転職エージェントに相談して、条件に合う求人を紹介してもらい応募してみるのも良いです。

転職エージェントは、

です。

転職理由が明確である

転職したい理由があいまいで何となく転職したいと思っただけでは採用されることはありません。

ワークライフバランスを大事にしたいから転職する、転勤が多かったから一つの地域で仕事をしたいから転職する、自分らしさが発揮できる職場で働きたいと思ったから転職する、キャリアアップのために転職する、業界・職種に興味がありチャレンジしていきたいと考えて転職するなど転職理由が明確であることが大切です。

不満だけの転職理由では、新しい会社に転職したとしても同じ問題になってしまうことがあるので転職に成功できない可能性が上がってしまいます。

企業求人のニーズ・特徴を理解していること

会社の求人に求められている人は、会社によって異なります。

女性活躍中の求人は、女性の方が欲しいということなので、男性が採用される可能性はほぼないです。

この職種は、こういう人を求めています、このスキルが必要と求人を出しているので、会社の特徴、採用ニーズを調べることが大切です。

IRなどの財務情報を調べ、企業や業界の業績が伸びているかどうか、今後どうなっていくだろうなどを判断し、将来の昇給や昇格の見通しを立てて考えていきます。

可能であれば、他にも従業員に直接会ったりSNSでコンタクトを取ったりして、「職場の雰囲気はどうか」「管理職のポストは埋まっていないか」などをリサーチし、転職後のミスマッチを防いだりする人もいらっしゃいます。

一番分かりやすいのは「転職会議」「Open Work」などの企業クチコミサイトを確認するのがおすすめです。

実際働いている人、働いていた人のリアルな状況を発信されているので参考にして転職活動の際には活用して取り組んでみてください。

在職中に転職活動をする

退職してから転職活動をする、在職中に転職活動するのと2択に分かれますが、在職中に転職活動している方が、納得できる転職活動をすることができます。

条件が良くて気になる会社を応募してもし不採用になり、その後も思うようにいかず、内定するまで時間がかかってしまったら、貯金を切り崩して生活をしていくので、内定してもらわないとと思い気持ちが焦ってしまい、条件を多く妥協して自分が思っていた条件の合う転職活動ができません。

条件を多く妥協して決めた会社で働いたとしても冷静に転職先を選びたかったなと後悔することもあります。

面接のときに給料のこと、待遇のことを聞かれる場合もあります、自分に合った給料と待遇を伝えて、理想に近づけるように後悔しない転職活動していくことが大切です。

面接で聞かれなかった場合、給与・待遇等の交渉をしたい場合は、内定後がベストです。

内定が出た直後であれば企業と求職者は対等の立場になり、給料・待遇・条件についての交渉もスムーズに進めらます。

十分な面接対策をしている

転職活動は、必ず面接があります。

面接対策を怠ると、転職が成功する確率は下がります。

ここで十分に面接対策をしている人は、転職に成功します。

自己分析から企業のビジネスモデルや仕事内容の理解、企業ごとの重視ポイントが異なっていることがありますので、傾向と対策を十分に行いましょう。

よく聞かれる質問、逆質問なども忘れずにしっかり準備をしていきましょう。

様々な業界・職種に対する知識と面接のコツを良く知っている転職エージェントを利用して、模擬面接を行う、面接に関して相談することで選考通過する確率を上げることができます。

転職エージェントは、

です。

まとめ

転職に成功する人の特徴は何か解説していきました。

転職を成功する人の特徴は、

  • 自分をよく理解している
  • 人の意見を受け入れられる
  • 短所を理解して面接で自己アピールできる
  • 一つの企業にこだわっていない
  • 年収や待遇にこだわっていない
  • 転職理由が明確である
  • 企業求人のニーズ・特徴を理解していること
  • 在職中に転職活動をする
  • 十分な面接対策をしている

です。

転職活動は、人生において大きな変化となります。

転職すると考えていることはチャレンジしようと強い意志を持っているのではないでしょうか。

転職したいと考えている時に、転職エージェントに相談する、利用してみることも一つの選択肢です。

オススメ転職エージェントは、

です。

転職が成功する特徴を知ることで成功への道が切り開けるのではないでしょうか。

転職 失敗する人 特徴