転職を失敗する人の特徴は何か?

転職 失敗する人 特徴

キャリアアップのために転職を考える人は多いです。転職するからには成功したいものですが、転職に成功する人と失敗する人が存在します。

その違いは何でしょうか。

この記事では、転職に失敗する人の特徴は何か、転職に失敗しないためにはどうすればよいか解説していきます。



転職を失敗する人の特徴

転職を失敗する人の特徴は、

  • スキル不足
  • ネガティブな転職理由
  • 他責思考であること
  • ビジョンを持っていない
  • 現実逃避している
  • 過大評価している
  • 今までのキャリアが通用しない
  • ネガティブな転職理由
  • 憧れで転職する
  • 転職したら全て解決できる

です。

スキル不足

新しく勤めようと思った業界や会社で、通用するほどキャリアや技術持っていないとエントリー、書類選考、面接などで落とされてしまう可能性があります。

会社側は、ある程度ここまでのスキルはクリアしないと面接に進めない、2次面接に進めないケースがあったりします。

転職の場合、新卒の時の就職活動と同じく、他の転職希望者と比較をして選考に進める進めないと判断しているので、他の転職希望者を超えるようにスキルを磨いていかなければなりません。

自分の能力を客観的に把握して、どのスキルを伸ばしていくか、少しでも転職に有利にしていくようにキャリアを積み上げていくことが大切です。

転職エージェントに相談して企業が求められていること、資格、最近の求人状況、業界で需要の多いスキルなどを知ることで、今後どのようにスキルを磨いていけばよいか、明確になります。

オススメ転職エージェントは、

です。

ネガティブな転職理由

転職理由があいまいで、長時間残業が多くて、うつ病のため、パワハラを受けた、仕事が合わなかったとネガティブな理由で転職理由で転職活動するとあまり良い転職ができません。

面接の時に、転職理由を聞かれて、ネガティブな理由で答えると評価点が下がる可能性があります。

転職理由は、キャリアステップのため、今の会社より大きな裁量で仕事をしていきたい、御社の○○にチャレンジしていきたいなどポジティブにすることが大切です。

他責思考であること

今の仕事が上手くいかないのは、上司、同期、後輩、会社、仕事内容、待遇が悪いなど他責にしてしまうことです。

自分のせいでこうならない、自分は悪くないと他責ばかりでいると、他の会社に転職したとしても、同じように、上司、同期、後輩、会社、仕事内容、待遇が悪いなど他責にしてしまい同じ繰り返しになってしまいます。

何かを決断する時は、自分の責任だと自覚して、他責思考を辞める気持ちが大切になります。

ビジョンを持っていない

キャリアプランは長期的な視野を持つことが大切になります。

面接でもし入社した場合、今後、どういうキャリアビジョンを考えていますかという質問に、将来のビジョンを考えていなかったとなると転職が上手くいかない可能性があります。

キャリアビジョンとして、3年から5年の短期的なビジョン、10年以上の長期的なビジョンの目標を設定し、それを達成するためにどんな目標を実現していくのか、どのような転職を行うべきかなどの志望動機を考えていきましょう。

現実逃避している

今の仕事がつまらないから職種を変えたり、日本が嫌になり海外に行きたいと漠然と海外の転職先を探したり、転職理由として採用される可能性が低いので注意しましょう。

現実逃避で職場が嫌で逃げだして転職しますというのは、採用されません。

自分のキャリアプランでどういう点が嫌なのか、転職することによってどのように修正して上手くキャリアを積み上げていけるのか、前向きな気持ちな考えを整理することが大切になります。

過大評価している

大手企業で役職をついていれば、星の数ほど転職に問題無いという考えです。

現在の会社で大手企業に勤めて、役職あったとしても、転職先でも同じように自分のスキルが通用するとは限りません。

給料面も自分のスキルに対して上手くいくかどうかも分かりません。

このパターンの場合、自己評価と他己評価が異なっている可能性があるので、現在の会社名や役職名を取り払ったとき、どれくらい求められているのか冷静に判断して自己分析をするようにしましょう。

転職エージェントに相談して自分の市場価値を知ることもありです。

オススメ転職エージェントは、

です。

今までのキャリアが通用しない

今までのキャリアと違う業種への転職はリスクがあります。

転職活動する場合、求人応募が経験者募集に応募ができないので未経験募集のみの応募になります。

経験者と比べると応募できる数が減ります。

給料面でも、今までと違う業種にチャレンジすることになるので、新人と同じ給料になってしまったり、今までの給料より減額になる可能性があります。

様々な理由で今までと違う業種へチャレンジすると思いますが、転職を上手くいくためには、人脈を広げる、資格取得、前職で得たスキルを活かせるなど転職活動する時に失敗しないための対策が必要です。

憧れで転職する

TVドラマ、漫画でこの業界やってみたいと憧れをを持ち転職しようと考えているパターンです。

例えば、銀行、アパレル、料理人、出版業界、警察などです。

ドラマのイメージと華やかさへの憧れで入社したとしても実際とギャップが生じ、上手くいかず転職失敗してしまいます。

どの仕事するにしても最初は下積みや雑用からのスタートで、地道にキャリアを積み上げていかなければなりません。

どの仕事でも転職したとしても理想と現実が異なることは多くあります。

仕事する時に良かったところ、大変なところ、最初はどういうことをするのか、見えないところを知ることが大切になります。

転職したら全て解決できる

転職したら、幸せになれる、給料が大幅に増える、人間関係良くなる、役職がつくなど、何でも良くなるという考え方です。

転職したとしても、良いところ、悪いところがあります。

給料、待遇は、良くなる、悪くなるところがあります。

職場の人間関係も転職して、良くなるかどうかは、日々の積み重ねで築いていく必要があります。

転職したら何でも上手くいくとは限りません。

転職というのは何かしらのリスクがあるということを認識していきましょう。

実際に入社してみないと分からないところが沢山あります。

最終的には自分と会社との相性になります。

自分にとって合う仕事なのか、自分に合わない仕事なのか考えていくようになります。

自分に合った環境、新しい環境を探していくことは、転職するのにとても前向きで良い取り組みです。

転職するかしないかは自分次第となります。

まとめ

転職に失敗する人の特徴は何か、転職に失敗しないためにはどうすればよいか解説していきました。

転職を失敗する人の特徴は、

  • スキル不足
  • ネガティブな転職理由
  • 他責思考であること
  • ビジョンを持っていない
  • 現実逃避している
  • 過大評価している
  • 今までのキャリアが通用しない
  • ネガティブな転職理由
  • 憧れで転職する
  • 転職したら全て解決できる

です。

転職活動は、人生において大きな変化となります。

転職すると考えていることはチャレンジしようと強い意志を持っているのではないでしょうか。

転職したいと考えている時に、転職エージェントに相談する、利用してみることも一つの選択肢です。

オススメ転職エージェントは、

です。

転職が失敗することは何でだろうとしっかり考えていくと成功への道が切り開けるのではないでしょうか。

転職 成功する人 特徴