転職は裏切りという人が思う理由とその対策

転職 裏切り

仕事していると転職しようかなと思って、退職しようと上司、管理職以上の人に伝えると「今まで教えてきたのは何だ」「転職するなんて裏切り行為だ」と言われることも。

確かに新人から育てていただいたのは間違いありません。

全員が、「転職は裏切り」と言う訳ではありませんが、一定数「転職は裏切り」と思う人がいらっしゃいます。

今回の記事では、転職は裏切りという人が思う理由とその対策についてお伝えします。



転職は裏切りという人が思う理由

転職は裏切りという人が少なくありません。

なぜ転職は裏切りという人が思うのかお伝えします。

転職しないことが正しいと思っている

「転職は裏切り」「退職する人は裏切り者」ということも少なくありません。

理由として、転職しないことが正しいと思っているからです。

転職に対して、勇気が出ない、行動力が無い、自信が無い、市場価値が無い、周りから反対されている、このままとどまった方が正しいと強く思っていると転職しないことが正しいと思ってしまうということです。

ここの会社に一生懸命上司に教えてもらったのだから長く勤めなければならない、全力で貢献しなければならないと思ったりします。

転職する人に対して周りに恩を感じていない、すぐに辞めるのは絶対によくないと自分が正しいと思って自己正当化するのです。

転職に否定的な人は、転職することに応援することはありません。

もし転職に成功したら、自分の立場として、勇気が出ない、行動力が無い、自信が無い、市場価値が無い、周りから反対されている、このままとどまった方が正しいということが無くなってしまい、他の人は転職できるのになぜだと悔しい思いになってしまうからです。

自分の利益や身分を守りたいから

今の仕事量で人がいなかったら自分が大変になる、人が減ると仕事が増える、辞める人が出てくると自分の評価が下がると自分の利益や身分を守りたいから
です。

そのため、退職して転職するのは裏切り者だよと保身のために言っていることがあります。

遠回しに言うと、自分が大事、あなたのことなんて何とも思っていないということです。

転職は裏切りと言いたい人は、会社のことを考えるべきと言ってくることもありますが、自分の利益や身分を守りたいから会社のことはあまり考えていないことが多いです。

会社のことを大切にしているなら、転職しようとなった原因について考えると思います。

改善策を考えて、会社の環境を良くして、離職率を減らす、利益を最大化することが良い会社です。

引き留められる

転職すると多く悩まされるのが退職の意思を伝えた時に引き留められるケースです。

引き留められる内容が、「転職は裏切り」「退職する人は裏切り者」「他の会社では上手くいかない」「上司に恩返しできていない」「辞めるのが甘え」など脅し文句、社員のことをあまりよく思っていない場合は、相手にせずそのまま転職しましょう。

引き留められる中には、やってみたかった別の部署のオファー、給与による条件提示など自分にとって良い条件だと思ったら立ち止まって考えて決断してみるのも良いです。

引き留められる内容によって、転職するしないを検討していきましょう。

転職は裏切り言われた場合の対策

自分のことしか考えていないから、他の人が転職すると、転職するのが間違いと思いたい気持ちまたは自分の利益のための保身によって転職するのは裏切り者だと言ってきます。

そんな転職するのは裏切りと言ってくることに対してどう対処していけばいいのかお伝えします。

転職は裏切りではないということを認識する

会社と従業員の関係は、根本的には単に「雇用契約を交わした」というだけのドライな関係です。

従業員は、会社でちゃんと働きます。

会社は、働く従業員に対して給料を支払います。

という契約書と金銭で繋がっているだけです。

退職・転職について裏切りという考え方は間違っています。

「職業選択の自由」というのがありますので、全従業員共通してできることです。

契約の見直しはいつでも自由です。

そういう認識を持つことで「転職は裏切り」といってくる上司を相手にする必要が無いということが分かります。

相手によって、他の会社に行っても通用しない、仕事するの大変なの当たり前我慢して成長する、楽しい仕事あるわけがないと厳しい言葉をかけられたとしても自分の都合なので無視してください。

自分の考えが全て正しいと思っているからです。

民法第627条・労働基準法第39条などで、

退職は、従業員側が一方的に意思表示すればOK

退職に、会社側の承認は不要

有給は、退職時でも規定通り消化できる

と決められているので労働者に対してしっかり守られています。

転職活動をする

転職は裏切りではないということを認識して、転職活動をしていきましょう。

「転職は裏切り」と言う人と仕事を続けるのはとても大変です。

選択肢は一つだけにせず、複数持つことでメンタル的に楽になります。

一つになるとここに留まらなければならないと精神的につらくなります。

ただ、

この会社お世話になったからな、同僚から嫌な顔されたらどうしよう、不満はないからなと思うことがあったりします。

でも考えても無駄です。

なぜなら、人は他人を変えることはできません。

自分は考え方次第で人生大きく変わっていきます。

もし、職場に残ってしまった場合、あなたはどちらにいくのでしょうか。

会社の言われるがまま都合良く使われてボロボロになる

あなた自身が「転職は裏切り者だと」言うようになる

この2つの未来を考えるとこのまま職場に残るのは嫌になってきます。

転職活動といっても久しぶりだから何をすればいいのか分からないどうすればいい。

という問いに対して、おすすめのやり方は、転職エージェントを利用する方法です。

まずは自分の経歴だとどんな選択肢があるか、自分の市場価値などを把握することが大切です。

今すぐ転職しなければいけないわけではありませんから、ゆっくり自分の進む方向を探せば良いのです。

情報収集をしつつ、転職するタイミングを考えて行きましょう。

オススメ転職エージェントは、

です。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

合わせて、転職サイトも求人が豊富なのでオススメです。

相談するのはノーリスクです。

ぜひ聞いてみて下さい。

他人を変えることができないことを知る

退職者は裏切り者と言っていたけど、会社ではお世話になっていたから応援しているのではと思ってしまいます。

このまま辞めるのも考えてしまうこともあったりします。

今までお世話になっているのに転職は裏切り者と言ってきたから態度を悪くしたり、今までしていただいたことを忘れたり、相手を見下したりするのは、会社員の立場としてよくありません。

1つ言えることは、そういうことを言ってくる人は、あなたのことは、何も思っていないということです。

どこかで「自分のことを思ってくれてる」と思うかもしれません。

しかし、人は他人を変えることはできません。

大事なのは、自分がどうしていきたいかです。

前に進みたいと考えているのなら自分で一歩踏み出して今の環境から抜け出していきましょう。

自分のことは自分で守るしかありません。

人は他人を変えられないということもあり、自分のことは自分で守って、進む道を歩いていきましょう。

まとめ

「転職・退職は裏切り行為だ」と言ってくる人を相手するのをやめましょう。

理由として、転職しないことが正しいと思っている、自分の利益や身分を守りたいからと自分のことしか考えていません。

自分ができることは、転職・退職は裏切り行為だ」という人がいる職場は早めに抜け出すことです。

あなたが裏切り扱いされた場合、

転職は裏切りではないということを認識する

転職活動をする

他人を変えることができないことを知る

を行っていきましょう。

転職活動は転職エージェントがおすすめです。

オススメ転職エージェントは、

です。

自分の人生を変えるのは自分でしかありません。

他の人を変えることができないので、自分がどうしていきたいかを選択していきましょう。

選択していき、自分を軸にして生き方を考えて行きましょう。

応援しています。

転職できないのは無能
転職活動がしんどい
転職 辛い 辞めたい