とりあえず転職したいのはアリ?

とりあえず転職したい

仕事嫌だからとりあえず転職しようかな。

とりあえず転職したいけど甘えだと思われるかも。

とりあえず転職するのは周りから嫌がれるんだよな。

と考えている人に向けてとりあえず転職したいのはアリなのかお伝えします。

とりあえず転職したいのはアリ?

結論からいいますと、とりあえず転職したいのはアリです。

とりあえず転職したいとなると反対の人が出てきます。

反対意見には、転職はあいまいだと失敗する、長く続けるべきがいいよ、転職癖でダメになるという意見です。

今の仕事に対して、合っていないなと思う違和感、心身ともに疲れている状況、納得いかない仕事の流れ、将来性を考えて続けるのが難しいかもを感じているなら、転職を検討しても良い理由になると思います。

次に挑戦したいことへのポジティブな気持ちがあった方が、今の会社のネガティブ感情になるより人生良くなるかもしれません。

現状維持は危険

会社を続けるのが良いことだと思っている人も少なくありません。

環境、仕事内容、人間関係、働き方に満足しているのなら問題ありません。

しかし、今の仕事に対して、合っていないなと思う違和感、心身ともに疲れている状況、納得いかない仕事の流れ、将来性を考えて続けるのが難しいかもを感じているなら転職を検討した方がいいでしょう。

このまま会社を続けるのも選択肢の一つです。

人間は今のままが落ち着くという気持ちがどうしても出てきます。

環境を変えることは怖いと思うことが人間の本能です。

一歩前に踏み出し、行動から始めることで、こういう仕事がしたい、今の仕事の嫌なところが見えたり、今の仕事の方がいいかもという考えを持つことができます。

何もしなければ比較できないので今の会社がいいのか悪いのか分からないという状態になります。

現状維持のリスクとして、何も考えず、何のスキルを身につけず、何の実績を積まず、上司の悪いところばかり見ている、何かしら仕事の不満をずっと言っているなどあまり良い日常を送れていない状況だということが分かります。

会社もいつどうなるか分かりません。

人生過ごしている間に、氷河期、リーマンショック、東北大震災、コロナショックの不況により解雇になることもあります。

その時は、必ず転職をしなければなりません。

とりあえず転職したいと思う理由

とりあえず転職したいと思っているのは何かしら理由があります。

これから当てはまるものがあれば転職したいと思うのではないでしょうか。

会社が嫌

転職したい理由としてよく挙げられる理由です。

会社が嫌、仕事が嫌い、同僚・上司との関係が悪いといったことでストレスになり転職を考えているケースです。

会社で過ごす時間は、1日の1/3、通勤時間も含めると1/2になることもあります。

1日の割合を考えると仕事の時間は多く取られます。

時間という考えで、どこの会社で過ごす、何の仕事して過ごす、どういう人間関係として過ごすという点で人生大きく変わってきます。

働かなければならない

よくある話で、お金がなければ生活できないので、貯金があれば心に余裕があるので色んな選択肢が存在しますが、貯金が無ければ、会社を続けなければなりません。

ただ、今の場所で働き続けるのは、このままの人生でいいのか、この仕事でいいのだろうかと疑問に思っていることもあります。

仕事している間に考えられているということは、現実をしっかり見ているということです。

自分の置かれている環境について向き合っているのでとても良いことです。

心身ともに疲れている

長時間労働が続いている、パワハラがひどい、セクハラがひどい、休日出勤が続いているなど長期に渡って続けていると知らないうちに体に影響が出てきて、メンタル疾患になってしまったり、何もかもが疲れてしまったり、生きていることに疑問に思ったりしてしまいます。

この状態は、とても危険です。

自分の心身が疲れていて高ストレス状態が続いてしまい限界が来ているということなので休職、有休、転職するといった選択を取った方がいいです。

とりあえず転職したいと気持ちで失敗しないために

とりあえず転職したいという考えを持っていれば行動に移して問題ないのか。

転職という選択はアリです。

ただ、とりあえず転職で必ず良くなるわけではありません。

とりあえず転職したいと気持ちで失敗しないために必要なことをお伝えします。

突発な退職をしない

とりあえず転職したいと思ったらすぐ行動と思って退職するケースはおすすめできません。

とりあえず転職したいという気持ちは問題ありませんが、転職先候補あるか、転職条件の雇用、自分は転職して良いのかと考える必要があります。

今辞めるべきかどうか見極めることです。

突発な退職をすると、自分の選択肢をせばめてしまうリスクがあります。

転職できなかった場合のブランク、貯金の減少などのリスクが生じるからです。

自分の不利な選択をする必要はありません。

心身の限界、メンタル疾患になっていることを除くと、退職することは、しっかり考えて選択するのが良いでしょう。

転職活動をする

転職活動をしなければ何も起きません。

何も変わらない現状維持バイアスになってしまいます。

転職活動は、転職するというイメージを持たれていますが、転職するだけではなく、自分の市場価値・経験・スキルや気になる会社の情報を収集して、今の会社と比較してどうすればいいのか考える時間にもなります。

気になる会社の情報を収集して面接してみて、意外と今の会社続けた方がいいかもと気付くこともあります。

大事なのは、とりあえず転職したいと思ったら転職活動をしてみることをオススメします。

実際に転職するかしないかは自分の考え次第ですが、就職活動を経験して気づきを知ることができます。

転職活動考えている場合は、転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメ転職エージェントは、

です。

相談して、転職市場がどうなのか、応募できる求人はあるのか、他の会社はどんな感じなのか、自分の希望できる条件はどのぐらいあるのか、市場価値どれぐらいなのかなど教えてくれます。

転職エージェントに登録は簡単にできます。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

登録・相談にお金が発生せず無料です。

とりあえずは自分だけにとどめる

とりあえず転職したいという考えは、人によっては不快と思う人もいらっしゃいます。

転職エージェント、他の人にとりあえずという気持ちを隠しておきましょう。

自分にとってしたいこと、したくないことを書き出して自分の仕事の価値観を整理しましょう。

アピール方法を考える

転職先を見つけて内定貰うには面接突破しなければなりません。

面接する上で必要なことは、アピールするところです。

相手先企業の面接官を納得しなければ面接突破することができません。

自分の資格や経験、思い、性格などを含めてじっくり練り上げて、アピールしていきましょう。

納得できる判断

転職活動をすると、どんな会社に転職、仕事内容、年収、キャリアステップといった様々な情報を収集するので、どんな仕事が好きなのか、今の会社嫌なところはどこか、転職したい度合がどれぐらいなのかということが分かってきます。

情報を集めた上で、転職するかどうか行動を選択してみるのも良いです。

そのまま転職するのも良し、タイミング的にまだ良い求人が無いから今の会社を続けようという選択も良しです。

転職活動することに意味があります。

ただし、自分の心身状態が良くない、メンタル疾患になっている状態では転職活動することはおすすめできないのでゆっくり休んで治してから取り組んでいきましょう。

最後に

とりあえず転職したいと思ったらまず転職活動してみましょう。

とりあえず転職したいで失敗するケースも少なくありません。

失敗しないために気をつけないといけないことは、

  • 突発な退職をしない
  • 転職活動をする
  • とりあえずは自分だけにとどめる
  • アピール方法を考える
  • 納得できる判断

です。

情報収集をしっかり取り組んで、転職するかどうか、慎重に見極めていきましょう。

転職活動考えている場合は、転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメ転職エージェントは、

です。

転職エージェントと合わせて転職サイトも並行して良い情報収集、自分に合った求人を見つけることができるか、合った求人にチャンスを活かせるかが大切です。

とりあえず転職したいと感じた自分の気持ちを素直に受け止めて、良い転職先を見つけるまたは良い人生の選択するために転職活動をして納得できる選択を見つけてください。

在職中 転職活動
サラリーマン 現状維持
転職できないのは無能
キャリアプラン わからない