週休3日制導入のメリット・デメリット

週休3日制 デメリット

「働き方改革」により様々な働き方が見直しになり
職場環境が変わってきています。その一つとして週休3日制導入です。

今まで週休3日制はなかったので導入している企業が出てきて
話題となっています。

今回は、週休3日制によるメリット・デメリットを紹介していきます。

週休3日制が注目されている理由

週休3日制が注目されている理由は、時代の流れがあります。

昔は、休みよりお金を重視している人が多い印象を受けますが、
今は、昔と比べてお金より休みがほしいという人が多くなってきている
印象で、価値観が変わってきているからです。

休みが十分に取れる企業は仕事とプライベートのバランスが取りやすいと
認識され魅力的に映ります。

週休3日制を導入した企業は、国内になりますとヤフー・ユニクロ・佐川急便・ファーストリテイリング・マイクロソフト(期間限定)です。

週休3日制導入のメリット

実際に、週休3日制導入することでどのようなメリットになるでしょうか。

プライベートが充実する

休日に旅行に行く、家族との時間を過ごすなどプライベートでやりたい事は
沢山あるかと思います。

プライベート充実したい人にとって休日が1日増えることは大きなメリットになります。

土日休みだけでは時間が足りず1日休みが多かったら旅行行けたのに、家族とお出かけできたのにという人は多いのではないでしょうか。

1日休みが増えると疲労・ストレスが軽減され、モチベーションが上がり、仕事に力が入ることができます。

副業に力を入れることができる

昨年から終身雇用にすることは難しいとニュースで話題になったり、年金2000万円問題がニュースに取り上げられたり状況が変化してきました。

2017年に政府は副業することを解禁しました。

副業を行うことで副業収入により手取り額を増やせる可能性が高まります。

副業を行うとなりますと、ある程度時間が必要になってきます。

週休2日制でも時間を有効にしていければ成果は出てきますが、
取り組む時間が多いほど副業収入を増やせる可能性は高まります。

週休3日制にすることで時間のリソースをより確保することができて
副業に時間投資ができるのではないかと思います。

通勤のストレス軽減

通勤は電車通勤する場合は、出社時間が同じぐらいなので満員電車に乗ることは
絶対です。

満員電車は人混みで身動きが取れないのでストレスと疲労が出てきます。

週1日休日が増えることで満員電車の乗る回数が減ります。

月に換算すると4回満員電車の乗る回数が減ります。

週休2日制と比べると通勤の負担が減り、疲労・ストレスを減らすことができます。

生産性の向上

あるデータによります週休3日制導入したら生産性が40%増加したという結果になったそうです。

オンライン会議・会議時間の短縮・会議参加者の厳選・ペーパーレスなど改革を行ったそうです。

時間が限られているのでその中でどこを削減すれば効率を上げていけるのか
考えていくようになり、業務改善に繋がり、生産性の向上しているそうです。

主に頭を使って仕事を行う知的労働に効果的だと考えられます。

週休3日制導入のデメリット

反対に、週休3日制導入することでどのようなデメリットになるでしょうか。

生産性が下がる場合もある

週休3日制導入のメリットで生産性の向上すると挙げているのにデメリットもあるのとなりますが、生産性の向上は主に頭を使って仕事を行う知的労働の場合です。

体を使って仕事が行われている肉体労働の場合は、1日減ってしまうと
1日の生産数が下がってしまうので、生産性が下がる可能性が出てきます。

最新の機械を導入して生産性を上げていくなど工夫は必要になってきます。

1日の労働時間が長くなる

週5日働くのが、週4日になるので仕事が多くなると週5日の時より1日の労働時間が長くなる可能性が出てきます。

時間が限られているのでその中でどこを削減すれば効率を上げていけるのか
考えていき、業務改善していき、生産性の向上していく工夫が必要になります。

給与が減ることがある

週休2日制より週休3日制の方が労働時間が短くなるので、
労働時間に応じた金額で給与お支払いされている会社がほとんどなので、
週休2日制より給与が減る可能性が高くなります。

週休3日制導入までは時間がかかりそう

週休3日制は日本ではまだ馴染みがありませんが、海外では週休3日制で
働いている国があるそうです。

データでは生産性は落ちず維持していくことが可能であることが
証明されています。

週休3日制になると仕事とプライベートのバランスが取れて充実した生活が
送ることができるでしょう。

早めに週休3日制を導入されることを今後期待しています。

関連記事

新しい働き方2年働いて1年休むサイクル