在職中のまま転職活動する方法

在職中 転職活動 方法

在職中に転職活動することは、決して簡単なことではありません。

上手く時間を活用したり、コツをつかむことで、在職中でもスムーズに行うことができる可能性が上がります。

今回は、在職中のまま転職活動する方法を紹介していきます。



在職中のまま転職活動する方法

在職中のまま転職活動する方法は、

  • スケジュールを立てる
  • 求人に応募すること
  • 面接日程調整
  • 退職の時期
  • 入社の時期

の5つです。

詳しく説明していきます。

スケジュールを立てる

転職活動にかける期間は、3ヶ月から半年ぐらいが平均といわれています。

最初に何をしたいのか、職種経験者としてよりスキルアップをしていきたいのか、職種未経験だけどチャレンジしていきたいのか、この業界を知りたくて入社したいと考えているのか、自分の中で目指すことを考えていきます。

その後に、業界や仕事・企業に関して情報を集めていき、気になる求人を見つけたら、履歴書・職務経歴書の作成をしていきます。

気になる求人を見つけたら、求人に応募して面接、内定決まったら退職交渉して引継ぎを行い退職して新しい会社に入社する流れになります。

平均的な転職活動スケジュールは

  • 業界・職種選びをして履歴書・職務経歴書の作成 2週間
  • 求人応募・面接をする 2カ月
  • 内定が決まり、退職する 1カ月~3カ月

となります。

求人に応募すること

求人に応募することで悩むことは、1社ずつ応募するか複数社同時に応募するか迷ったりすることがあります。

人それぞれのやり方はあると思いますが、複数同時に受けた方が良いです。

なぜかといいますと、1社ずつ応募して不採用になったら新たに1社応募という流れは、結果待ちだけで長くなってしまい、
転職活動期間が長くなってしまうのと自分に合う企業を受けるのが限られてしまうからです。

複数にすることで、1社ずつと比べると転職活動期間が短縮できるのと求人掲載期間が短く、気になっている求人にも応募できる可能性があり、自分に合う企業を受けることができて納得のできる就職活動ができます。

注意点としては、複数社受けるのはとてもいいのですが、あまりに多く受けすぎて、面接になった場合、スケジュールを調整することがとても難しくなったり、それぞれ面接を受ける会社の志望動機などがごちゃまぜになって思うようにならなかったり、面接対策、逆質問に時間を取ることができなかったりして、転職活動が上手くいかなくなることがあります。

複数同時の時、このぐらいの数まで同時応募しても大丈夫という許容範囲を把握して転職活動を進めていきましょう。

面接日程調整

在職中のまま転職活動する時に悩むことは、面接日程を調整することです。

転職活動の面接は、基本的に平日での営業時間以内に行われています。

在職中の場合、平日勤務していて、営業時間内で応募先の面接を受けることはほとんど難しいです。

多くはないですが、営業職の場合はスーツで会社に出社していることが多いのと外出したりする場面が多いため、効率良く仕事のスケジュールの合間に面接を受けていることがあったりするようです。

他には、平日休みの会社であること、シフト勤務で日・週・月によって勤務時間が異なる会社で働いている場合、平日休みの日、シフト勤務の時間外に合わせてに面接を受けることができます。

多くの会社は、平日勤務で土日祝休みが多いので、面接のスケジュールで苦戦することが多いと予想されます。

どうすればいいかといいますと、有休を取ることが大切です。

有休は、必ずこの日に休暇を取ることができなかったりします。

時季変更権によって別の日にされてしまうことがあったりするので、できるだけ前もって有休を取ることが面接をスケジュールを取るコツです。

1日有休が難しい場合は、午前または午後からの有休を利用するのもありです。

前から有休申請しても受け入れてもらえず、午前または午後からの有休を取ることも難しい場合は、応募先に平日の勤務外に面接時間をお願いするまたは土日に面接をお願いする連絡を入れることです。

応募先の会社によっては、対応してもらえることがあったりします。

全ての会社が対応している訳ではありませんのでご注意ください。

退職の時期

次の会社から内定をいただいた後に行わなければならないのが、今の会社を退職することです。

退職願の提出期限は、退職日の2週間~1か月前の提出といわれていますが、会社によって退職日が変わり退職予定より遅くなることがあることがあります。

転職先の入社日に合わせて、退職日を入社日前にするため早めに退職の交渉をしていきましょう。

目安として1カ月~2カ月になります。

退職届を提出して1カ月~2カ月ぐらいは、業務引継ぎを行い、円満に退職する流れになります。

入社の時期

転職先の会社にいつ入社するのか転職先の会社から面接で聞かれること、または、内定後に入社日を聞かれることの2パターンあります。

面接で入社時期に関して聞かれた場合は、退職届、業務の引継ぎ、場合によっては引っ越しがありますので、余裕を持って引っ越し無しの場合は、1カ月~2カ月、引っ越しが必要な場合は、2カ月~3カ月がいいです。

内定後に入社日を聞かれた場合も、面接で入社時期に関して聞かれた場合と同じように余裕を持って引っ越し無しの場合は、1カ月~2カ月、引っ越しが必要な場合は、2カ月~3カ月にします。

基本的に転職者が入社時期を選ぶことができるので転職先の会社からダメと言われることはありません。

いつ入社するのかに質問に対して、わかりません、その時に考えますとあいまいな回答をすると入社する気が無い人と判断される場合がありますので、ある程度の期間を伝えることが大切です。

上司から退職を引き止められて時間がかかってしまい思ったように退職が遅くなりそうである、引っ越し先の契約が入社日に間に合わず、入社時期を変更したい場合は、必ず転職先に連絡入れて入社日を変更するようにしましょう。

内定から承諾するまでの期間がありますので何も連絡しないと入社意思が無いと判断されて内定取り消しになってしまうことがあります。

せっかく内定もらったのにもったいないことですので、必ず転職先に連絡入れて入社日を変更するようにしましょう。

転職エージェントと相談してみるのもあり

転職する時は、転職エージェントの利用をしてみるのも良いです。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで希望している求人を紹介してくれることがあります。

他には、面接のスケジュールの調整をしていただいたりすることがあります。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

相談だけでも問題はありません。

登録、相談にお金は発生しません。

安心してご利用できます。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

最後に

在職中のまま転職活動する方法を紹介していきました。

在職中のまま転職活動する方法は、

  • スケジュールを立てる
  • 求人に応募すること
  • 面接日程調整
  • 退職の時期
  • 入社の時期

の5つです。

ポイントをおさえて、計画的に活動していくと納得できる在職中に転職活動ができるのではないかと思います。

良い転職活動できることを応援しています。

関連記事

出世したくない若者が増えている!リスク有

在職中のまま転職活動した方が良い理由

転職したくない人と考えている人へ