在職中のまま転職活動する理由とスケジュールを紹介

在職中 転職活動 理由 スケジュール

「現在のお仕事を続けながら、次のキャリアの一歩を踏み出したい。でも、どうすればいいの?」

在職中に転職活動を始めるのは一つの賢明な選択。

しかし、それには理由があり、また注意すべきポイントもあります。

今回は、なぜ在職中に転職活動をするのが良いのかの理由と、その際のスマートなスケジュールを具体的に紹介します。

転職を考えているあなた必見!次のキャリアへの道をスムーズに進むためのヒントを、今すぐチェックしてみてください!

※マイナビのプロモーションを含みます。

在職中のまま転職活動した方が良い理由

在職中のまま転職活動した方が良い理由は、

  • 安定した収入
  • 強い交渉力
  • キャリアの途切れを防ぐ
  • スキルと経験の維持に繋がる
  • 自信の維持

の5つです。

詳しく説明していきます。

安定した収入

安定した収入は、個人や家庭の経済的安定を保つ基盤となります。

転職活動においても、安定した収入は重要な要素であり、以下の点でその重要性と影響を明らかにします。

  1. 生計の維持
    安定した収入は、日々の生活費や家計を支える基盤となります。
    食料、住居、医療費、交通費など、基本的な生活費を賄うためには一定の収入が必要です。
  2. 財政の安定
    安定した収入があることで、個人や家庭は財政を計画し、管理することができます。
    これにより、未来の財政的目標を設定し、達成することが可能となります。
  3. 転職活動の資金供給
    転職活動はコストがかかることがあり、例えば履歴書のプロフェッショナルな作成や交通費、面接の準備に関連する費用などが含まれます。
    安定した収入があることで、これらの費用を賄うことができ、転職活動を支えることができます。
  4. ストレスの軽減
    経済的な不安はストレスの大きな原因となります。
    安定した収入があることで、このようなストレスを軽減し、より集中して転職活動に取り組むことができます。
  5. 交渉力の強化
    新しい職を探す際に、既に安定した収入を持っていることは、雇用条件の交渉において有利に働きます。
    求職者は経済的なプレッシャーを感じにくく、より良い条件を求めることができます。
  6. 信用スコアの保護
    安定した収入は、信用スコアを保護し、将来の貸付や購入において有利な条件を得ることにつながります。
  7. 将来の投資や節約
    安定した収入は、将来の投資や節約のための資金を確保することを可能にします。
    これは、長期的な財務計画において重要であり、個人や家庭の経済的な安定と成長に寄与します。

在職中に転職活動を行うことで、求職者はこれらの利点を享受し、安定した収入を保ちながら、新しい職の機会を探求することができます。これは転職活動の質を向上させ、求職者にとってより良い結果をもたらす可能性があります。

強い交渉力

転職活動における強い交渉力は、求職者が新しい雇用条件を良くするために非常に重要です。

在職中のまま転職活動を行うことによって、求職者は通常、より強い交渉力を持つことができます。

以下に、強い交渉力がどのように求職者に利益をもたらし、在職中に転職活動を行うことが交渉力を強化する理由について詳しく説明します。

  1. 安定した収入の保持
    既に安定した収入を持っている求職者は、新しい仕事の探し方に対してより多くの選択肢と柔軟性を持ちます。
    これにより、求職者は新しい雇用者との交渉において、より良い条件を求める立場に立つことができます。
  2. 心理的な利点
    無職ではなく、現在の職を保持していることで、求職者は交渉において心理的な優位に立つことができます。
    求職者は自信を持って交渉を行い、自分の価値を強く主張することができます。
  3. 選択肢の保持
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は切迫感を感じにくくなり、自分にとって最も適した職を慎重に選ぶことができます。
    これは、求職者が自分の条件に応じて選択肢を検討し、交渉する能力を向上させます。
  4. 市場価値の認識
    現職での経験と実績は、求職者が自身の市場価値を理解し、この価値に基づいて交渉する助けとなります。
  5. 有利な条件の交渉
    強い交渉力は求職者が給与、勤務時間、休暇、その他の雇用条件についてより有利な条件を交渉することを可能にします。
    これは、求職者が自分のキャリアと生活のバランスを向上させる助けとなります。
  6. 尊重と評価の感じ
    良い条件を交渉する能力は、求職者が新しい職場で尊重と評価を感じる助けとなります。
    これは、求職者の満足度と職場での成功に寄与します。
  7. 長期的なキャリアの成功
    初めから良好な交渉力を持つことは、求職者の長期的なキャリアの成功と満足に寄与します。
    良い条件を交渉することで、求職者は職場での成果と成長を実現する機会を得ることができます。

在職中に転職活動を行うことは、求職者が強い交渉力を持ち、自分の利益とキャリアの目標を守る助けとなります。

これは、転職活動全体の成功と求職者の長期的なキャリアの満足に寄与する重要な要素です。

キャリアの途切れを防ぐ

キャリアの途切れ、特に雇用のギャップは、転職活動において潜在的な課題となり得ます。

在職中に転職活動を行うことは、このようなギャップを防ぐ助けとなり、以下の点で求職者に利益をもたらします。

  1. 履歴書の連続性
    履歴書には職歴の連続性が求められます。
    雇用のギャップは、雇用者にとって潜在的な赤信号となり、求職者の雇用適性に疑問を抱かせる可能性があります。
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は職歴の連続性を保ち、雇用者に良い印象を与えることができます。
  2. スキルの維持と向上
    雇用のギャップがあると、求職者のスキルや知識が時代遅れになる可能性があります。
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は業界の変化に対応し、スキルを維持および向上させることができます。
  3. プロフェッショナルネットワークの維持
    在職中に転職活動を行うことで、求職者はプロフェッショナルネットワークを維持し、業界内のコネクションを保つことができます。
    これは、新しい職を見つけるプロセスを支援します。
  4. 自信の保持
    雇用のギャップは、求職者の自信を低下させる可能性があります。
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は自信を保ち、転職プロセスに積極的に取り組むことができます。
  5. 市場価値の保持
    長期の雇用ギャップは求職者の市場価値を低下させる可能性があります。
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は市場での競争力を保ち、適切な雇用条件を交渉することができます。
  6. キャリアの進行
    在職中に転職活動を行うことで、求職者はキャリアの進行を続け、新しい職での成功に向けて良好な基盤を築くことができます。
  7. 雇用者に対する交渉力
    既に雇用されている状態で新しい職を探すことは、雇用者に対する交渉力を強化し、求職者がより良い雇用条件を交渉する可能性を高めます。

キャリアの途切れを防ぐことは、求職者が職務経歴をスムーズに進め、長期的なキャリアの成功に向けて良い印象を作る助けとなります。

在職中に転職活動を行うことは、これらの利点を享受し、求職者にとってより良い結果をもたらす可能性があります。

スキルと経験の維持に繋がる

スキルと経験の維持は、転職活動において非常に重要な要素です。

以下の点が、スキルと経験の維持がなぜ重要であるのかを説明しています。

  1. 競争力の保持
    現在の仕事でスキルを磨き続けることは、市場での競争力を保持する上で重要です。
    新しい職を探している間にも、現在の職場での経験は価値があり、求職者のアピールポイントとなり得ます。
  2. 技術の進歩に対応
    産業や技術は絶えず進化しており、在職中に転職活動を行うことで、最新の技術や業界の動向に対応する能力を保つことができます。
    これは、特にテクノロジー関連の職種で重要です。
  3. プロフェッショナルなネットワークの維持
    在職中は、業界の専門家や同僚との関係を維持し、プロフェッショナルなネットワークを拡大する機会が増えます。
    これは新しい機会を見つける上で有利であり、また、推薦状やリファレンスを提供してくれる可能性も高まります。
  4. 継続的な学習と成長
    在職中に転職活動を行うことで、現在の職場でのプロジェクトや任務を通じて、継続的に学び、成長することができます。
    これは、将来の雇用者に対して、自分が継続的に学び、適応し、成長する能力を持っていることを示す良い方法です。
  5. 実績の構築
    新しい職を探している間にも、現在の職場での成功体験や成果を積み重ねることができます。
    これは、履歴書やインタビューで強力な実績を示す助けとなり、新しい雇用者に良い印象を与えることができます。
  6. 自信の保持
    現在の仕事での成功は、求職者が自信を持って新しい機会を探求する助けとなります。
    自信は、面接時や新しい職場での初めての日に大きな違いを生む可能性があります。

スキルと経験の維持は、転職活動を成功させる上で基盤となる要素であり、これにより求職者は市場での価値を最大化し、新しい機会を効果的に探求することができます。

自信の維持

自信の維持は転職活動において重要な要素であり、特に在職中に新しい職を探す際には、自信が求職者の行動や判断に大きな影響を与える可能性があります。

以下に、自信の維持が転職活動においてなぜ重要であり、在職中にどのように自信を保つことができるのかについて詳しく説明します。

  1. 面接の成功
    面接は自信を持って行うことが重要です。
    自信を持っている求職者は、ポジティブで能力を適切に伝えることができ、雇用者に良い印象を与える可能性が高まります。
  2. 良い第一印象
    自信は良い第一印象を与える助けとなります。
    求職者が自信を持っていると、雇用者は求職者が仕事に対しても自信を持って取り組むことができると感じる可能性があります。
  3. モチベーションの維持
    自信を持っていると、求職活動に対するモチベーションも高まります。
    自信は求職者が継続的に努力を続け、目標を追求する勇気を与えます。
  4. 精神的な健康
    自信の喪失は、ストレスや不安を引き起こす可能性があります。
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は現在の職を通じて自信を保ち、精神的な健康を維持することができます。
  5. 能力の実証
    現職での成功や達成は、求職者に自分の能力を再確認させ、自信を与えます。
    これは新しい職を探求する際に、求職者が自分の価値を理解し、適切に伝える助けとなります。
  6. プロフェッショナルなアイデンティティの維持
    在職中に転職活動を行うことで、求職者は自分のプロフェッショナルなアイデンティティを保持し、業界内での地位や関係を維持することができます。
    これは、求職者が新しい機会を探求する際に自信を持つ助けとなります。

自信は、求職者が転職活動を効果的に進め、新しい職を探すプロセスを前向きに捉えるために不可欠です。

在職中に転職活動を行うことで、求職者は自信を保ち、転職活動を成功に導く可能性を高めることができます。

以上が在職中のまま転職活動した方が良い理由5つです。

次に在職中のまま転職活動するスケジュールを紹介します。

在職中のまま転職活動するスケジュール

在職中のまま転職活動するスケジュールは、

  1. スケジュールを立てる
  2. 求人に応募すること
  3. 面接日程調整
  4. 退職の時期
  5. 入社の時期

の5つです。

詳しく説明していきます。

スケジュールを立てる

転職活動にかける期間は、3ヶ月から半年ぐらいが平均といわれています。

最初に何をしたいのか、職種経験者としてよりスキルアップをしていきたいのか、職種未経験だけどチャレンジしていきたいのか、この業界を知りたくて入社したいと考えているのか、自分の中で目指すことを考えていきます。

その後に、業界や仕事・企業に関して情報を集めていき、気になる求人を見つけたら、履歴書・職務経歴書の作成をしていきます。

気になる求人を見つけたら、求人に応募して面接、内定決まったら退職交渉して引継ぎを行い退職して新しい会社に入社する流れになります。

平均的な転職活動スケジュールは

  • 業界・職種選びをして履歴書・職務経歴書の作成 2週間
  • 求人応募・面接をする 2カ月
  • 内定が決まり、退職する 1カ月~3カ月

となります。

求人に応募すること

求人に応募することで悩むことは、1社ずつ応募するか複数社同時に応募するか迷ったりすることがあります。

人それぞれのやり方はあると思いますが、複数同時に受けた方が良いです。

なぜかといいますと、1社ずつ応募して不採用になったら新たに1社応募という流れは、結果待ちだけで長くなってしまい、転職活動期間が長くなってしまうのと自分に合う企業を受けるのが限られてしまうからです。

複数にすることで、1社ずつと比べると転職活動期間が短縮できるのと求人掲載期間が短く、気になっている求人にも応募できる可能性があり、自分に合う企業を受けることができて納得のできる就職活動ができます。

注意点としては、複数社受けるのはとてもいいのですが、あまりに多く受けすぎて、面接になった場合、スケジュールを調整することがとても難しくなったり、それぞれ面接を受ける会社の志望動機などがごちゃまぜになって思うようにならなかったり、面接対策、逆質問に時間を取ることができなかったりして、転職活動が上手くいかなくなることがあります。

複数同時の時、このぐらいの数まで同時応募しても大丈夫という許容範囲を把握して転職活動を進めていきましょう。

面接日程調整

在職中のまま転職活動する時に悩むことは、面接日程を調整することです。

転職活動の面接は、基本的に平日での営業時間以内に行われています。

在職中の場合、平日勤務していて、営業時間内で応募先の面接を受けることはほとんど難しいです。

多くはないですが、営業職の場合はスーツで会社に出社していることが多いのと外出したりする場面が多いため、効率良く仕事のスケジュールの合間に面接を受けていることがあったりするようです。

他には、平日休みの会社であること、シフト勤務で日・週・月によって勤務時間が異なる会社で働いている場合、平日休みの日、シフト勤務の時間外に合わせてに面接を受けることができます。

多くの会社は、平日勤務で土日祝休みが多いので、面接のスケジュールで苦戦することが多いと予想されます。

どうすればいいかといいますと、有休を取ることが大切です。

有休は、必ずこの日に休暇を取ることができなかったりします。

時季変更権によって別の日にされてしまうことがあったりするので、できるだけ前もって有休を取ることが面接をスケジュールを取るコツです。

1日有休が難しい場合は、午前または午後からの有休を利用するのもありです。

前から有休申請しても受け入れてもらえず、午前または午後からの有休を取ることも難しい場合は、応募先に平日の勤務外に面接時間をお願いするまたは土日に面接をお願いする連絡を入れることです。

応募先の会社によっては、対応してもらえることがあったりします。

全ての会社が対応している訳ではありませんのでご注意ください。

退職の時期

次の会社から内定をいただいた後に行わなければならないのが、今の会社を退職することです。

退職願の提出期限は、退職日の2週間~1か月前の提出といわれていますが、会社によって退職日が変わり退職予定より遅くなることがあります。

転職先の入社日に合わせて、退職日を入社日前にするため早めに退職の交渉をしていきましょう。

目安として1カ月~2カ月になります。

退職届を提出して1カ月~2カ月ぐらいは、業務引継ぎを行い、円満に退職する流れになります。

入社の時期

転職先の会社にいつ入社するのか転職先の会社から面接で聞かれること、または、内定後に入社日を聞かれることの2パターンあります。

面接で入社時期に関して聞かれた場合は、退職届、業務の引継ぎ、場合によっては引っ越しがありますので、余裕を持って引っ越し無しの場合は、1カ月~2カ月、引っ越しが必要な場合は、2カ月~3カ月がいいです。

内定後に入社日を聞かれた場合も、面接で入社時期に関して聞かれた場合と同じように余裕を持って引っ越し無しの場合は、1カ月~2カ月、引っ越しが必要な場合は、2カ月~3カ月にします。

基本的に転職者が入社時期を選ぶことができるので転職先の会社からダメと言われることはありません。

いつ入社するのかに質問に対して、わかりません、その時に考えますとあいまいな回答をすると入社する気が無い人と判断される場合がありますので、ある程度の期間を伝えることが大切です。

上司から退職を引き止められて時間がかかってしまい思ったように退職が遅くなりそうである、引っ越し先の契約が入社日に間に合わず、入社時期を変更したい場合は、必ず転職先に連絡入れて入社日を変更するようにしましょう。

内定から承諾するまでの期間がありますので何も連絡しないと入社意思が無いと判断されて内定取り消しになってしまうことがあります。

せっかく内定もらったのにもったいないことですので、必ず転職先に連絡入れて入社日を変更するようにしましょう。

転職エージェントと相談してみるのもあり

転職する時は、転職エージェントの利用をしてみるのも良いです。

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで希望している求人を紹介してくれます。

他には、応募書類の添削や面接のスケジュールの調整を行っています。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

相談だけでも問題はありません。

登録、相談にお金は発生しません。

安心してご利用できます。

オススメ転職エージェントは、以下の通りです。

※マイナビのプロモーションを含みます。

注意点

注意点として転職を目的にすると危険です。

転職が流行している昨今、私も転職しようと勢いだけでしてしまうことも少なくありません。

転職することが目標になってしまい、転職後の目的まで考えていなくてやっぱり違ったとミスマッチが起きやすくなってしまいます。

必ず、

  • 転職することでどういう仕事をしたいか
  • どうなりたいか
  • どんなところに行きたいのか
  • 条件は何なのか

をしっかり考えて臨むことをオススメします。

最後に

在職中のまま転職活動する理由とスケジュールを紹介しました。

在職中のまま転職活動した方が良い理由は、

  • 安定した収入
  • 強い交渉力
  • キャリアの途切れを防ぐ
  • スキルと経験の維持に繋がる
  • 自信の維持

の5つです。

在職中のまま転職活動するスケジュールは、

  1. スケジュールを立てる
  2. 求人に応募すること
  3. 面接日程調整
  4. 退職の時期
  5. 入社の時期

の5つです。

在職中に転職活動を行うことは、安定した収入を保ちながら自分にとって最適な新しい機会を見つける有益な方法です。

このプロセスは、自信を保ち、キャリアの途切れを防ぎ、さらには交渉力を強化することで、あなたのキャリアの展望を向上させます。

今回ご紹介した様々な理由とスケジュールを目安として、あなたの転職活動を効果的かつスムーズに進め、望むキャリアの道を築いてください。

そして、新しい職場での成功と満足を追求する旅において、こちらの記事がお役に立てれば幸いです。

オススメ転職エージェント

数多くある転職エージェントの中で、満足度が高いと言われている
転職エージェントを紹介します。

就職カレッジ

親切・丁寧なサポートで就職支援実績30,000名超えています。

フリーター・未経験・既卒・大学中退から正社員に就職ができる可能性があり、
経歴に合わせた求人を紹介してもらうことが可能です。

高い内定率(81.1%以上)、入社後定着率92.2%

第二新卒向けとなります。

マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます。

非公開・独占の優良求人が多いです。

首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強みです。

各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザー

応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

リクルートエージェント

非公開求人が多いです。

20代~50代までと幅広い年代に対応し、女性向け・エンジニア向け・第二新卒・ハイクラス求人も充実しています。

転職支援実績No.1の充実したサービスを提供しています。

JACリクルートメント

30代~50代がメイン。

20代でも可能です。

ただし、第二新卒での相談は難しいです。

管理職クラス、外資系企業、海外進出企業などハイクラスの転職支援に強みを持っています。

年収600万円~のハイクラス案件が多く、独占求人が多いです。

スキルを身につけてさらに年収を上げていきたい人にオススメです。

仕事 劣等感 辞めたい
転職 罪悪感
転職できない 無能