在職中のまま転職活動した方が良い理由

在職中 転職活動

転職を考えている人で在職中のまま転職活動するのか、退職後に転職活動するのか迷うことがあります。

結論としては、在職中のまま転職活動するのが良いと思います。

その理由についてお伝えしていきます。



在職中のまま転職活動した方が良い理由

在職中のまま転職活動した方が良い理由は、

  • 職歴ブランクが無い
  • 貯金減少のリスクが少ない
  • 自分が満足できる会社に転職ができる

です。

細かい理由を深く掘り下げていきます。

職歴ブランクが無い

在職中のまま転職活動すると、在職中であるので、転職活動中も在職期間が続いています。

一方、退職後に転職活動すると、退職最終日までが職歴になるので、退職最終日の次の日からは、空白の期間になってしまいます。

転職活動をして、短い期間で次の会社に転職ができれば問題ありませんが、なかなか上手くいかず、次の会社に転職ができず、長期間空白開いてしまうリスクが生じてしまいます。

長期間空白になると面接を受ける時に、空白期間は何をしていましたかと聞かれることがあったりします。

空白期間の理由が、明確しないと次の会社に転職することは難しくなり、さらに空白期間が伸びてしまう負のスパイラルになってしまう可能性が出てきます。

そういった理由で、在職中に転職活動することで、もし、次の会社が決まらなかったとしても、在職しているので、そのまま続けていくこともできる、次の会社に向けての方向性を考えることができる、在職期間を延ばしていくことができます。

貯金減少のリスクが少ない

在職中と退職後の転職活動の大きな違いともいえる、金銭面です。

転職活動は、面接のために会社を訪問する際の交通費、私服の会社に在職していた人であれば、必要に応じて、スーツ、靴などの費用がかかります。

退職後は、失業保険を受けることになりますが、退職は、自己都合なのか、会社都合かによって異なってきますが、自己都合で会社を辞めた場合、給付制限が2カ月間かかりますので、その間は、無収入となり、貯金が減少してしまいます。

※給付制限2カ月間は、5年間に2回までです。

他にも、生活費、住民税、健康保険が貯金からお支払いすることになるので、さらに貯金が減ってしまいます。

失業保険は、ずっと貰うことができず、期間が決まっていますので、その間に次の会社が決まらなければ、無収入になってしまいます。

退職後に次の会社に内定が決まるまで長ければ長いほど貯金の減少リスクが高まるということです。

在職中であれば、毎月給料が振り込まれるので、次の会社が決まらなかったとしても、貯金が減少するリスクはありません。

金銭面の不安を抱えることなく転職活動に取り組めることが大きなメリットです。

自分が満足できる会社に転職ができる

金銭面の延長になりますが、貯金が少ない状況で自己都合で退職をして、その後に転職活動している場合、失業保険を受け取るまでに時間がかかりますのでその期間で貯金が減少してしまいます。

さらに失業保険を受け取っても期間が決まっているので、失業保険を受け取る期間が終わっても次の会社が決まらなかった場合は、貯金を切り崩して活動を行うことになるので、気持ちが焦ってしまいます。

貯金が少なくなると、選択肢が狭くなってしまい、次の会社選ぶのも妥協して選んでしまいます。

貯金が無いからどこでもいいからお金のために次の会社に入ろうという考え方になってしまうイメージです。

結果として、入社できたとしても、納得のいく転職活動ができず、すぐ辞めてしまうというケースが多く存在しています。

在職中に転職活動をすると、貯金減少のリスクが少ないという話をお伝えしたとおり、会社から給料がもらえるので、貯金の減少することはありませんので、金銭面では焦らず、気になっている会社を慎重に選び、納得できる会社を選びやすくなります。

転職というのは、人生において大きな決断となるので、自分がチャレンジしてみたいこと、給与が今の会社より高い会社に入社したいと満足できる転職活動をしていきたいと考えている人は、在職中に転職活動をした方がいいということです。

在職中のまま転職活動するのは大変

在職中のまま転職活動した方が良いのですが、在職中のまま転職活動することは、楽ではありません。

在職中に次の会社を探すことになるので、退職後の転職活動に比べると時間が少なくなり、やる範囲が限られてきますので、効率良く会社選びをしなければなりません。

次の会社を探して応募して、書類選考で落とされた場合は、次の会社を探していこうでいいのですが、面接まで進むことになり、日程調整に苦労してしまうことがあります。

また、面接が複数回行われることが多いので、日程調整する時のメールのやりとりも上手に行っていかなければなりません。

会社によっては、勤務時間外、土日に面接対応してもらえる場合がありますが、あまり多くないのが実情です。

面接日時が平日の勤務時間内になっている時は、有休を使って対応していきましょう。

他を挙げると、次の会社が内定をもらい、入社日に関しても、在職中の引継ぎ作業が必要なので、次の会社に入社するまで1~2カ月ぐらいはかかると考えた方がいいです。

このようなことを考えて、余裕を持ったスケジュールで転職活動に取り組んでいきましょう。

転職エージェント活用すると良い

転職エージェントは非公開求人が多く、転職サイトの求人に掲載されていない求人を応募することができるので、会社選びの範囲を広げることができます。

求人情報はもちろん、転職エージェント担当者に相談することで条件に合った求人を紹介してくれることがあるので、効率良く探すことができます。

転職エージェント担当者が応募先企業との間に入り、煩雑な面接時間の調整もしてくれます。

多忙な在職中の転職希望者には心強い味方となります。

転職エージェント担当者から求人紹介されたけど応募考えていない場合は、応募しなくても問題はありません。

応募するかしないかは自分の意思決定によるものだからです。

転職エージェントの登録、相談は無料なので、活用して損することは無いと思います。
オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

まとめ

在職中のまま転職活動した方が良い理由をお伝えしました。

在職中のまま転職活動した方が良い理由は、

  • 職歴ブランクが無い
  • 貯金減少のリスクが少ない
  • 自分が満足できる会社に転職ができる

です。

在職中のまま転職活動した方は簡単ではないですが、工夫次第で在職中のまま転職活動ができます。

転職エージェントを活用することで、自分に合った求人を紹介してもらえるので効率良く情報収集ができるのと担当者が応募先企業との間に入り、煩雑な面接時間の調整もしてくれますので、多忙な在職中の転職希望者には心強い味方となります。

オススメ転職エージェントは、

がオススメです。

気になっている会社を受けてみたいな、年収上げたいからここの会社受けてみたいな、もっとやりがいのある会社に受けてみようかなと思っている人は、立ち止まらず、転職活動してみてください。

行動しなければ、何も変わりません。

思い切った一歩を踏み出して納得のできる転職活動を行い、自分に合った会社に転職しましょう。

次の会社に転職に成功できることを応援しています。

関連記事

パワハラによって退職しても転職は成功できます!

スキル無し資格無しでも転職できるの?

長時間労働がつらいと思ったら転職を検討しよう

在職中のまま転職活動する方法